サスペンスドラマ

長期の学習にはきちんとしたマインドセットが必要。レポート、科目試験に対する姿勢とは。

実際のところ、レポートは書き方さえ分かってしまえば、書きあげるのにさほど労力を必要としません。もしもたった1本のレポートで疲れてしまうのなら、それは取り組み方に問題があるのかもしれません。

 

実際に体力を消耗したレポート程、多くの場合不合格で返却されます。そのとき、その結果をどう受け止めるかが非常に重要で、あなたの真価が問われると考えてください。今回は、レポートの再提出に関するマインドセットを身につけてもらいたいと思います。

 

誰でも「絶対一発で受かりたい!!」と思って提出します。しかしなぜか、そう強く思って提出したときこそ、落とされてしまいます。?これは偶然ではなく、きちんとした理由があります。

 

結論から言ってしまうと、落ちるのは勉強量が足りないからです。そして「もうこのレポートに触れたくない」という気持ちは、十分に内容が理解できていない証拠なのです。良いレポートを書いているときは、自然に内容に興味がわくはずだからです。当然続きを勉強することにも楽しみを見出すことができます。

 

したがって、「もっと知りたい」「続きが気になる」と思うまで勉強しなければ、質的に不十分なのです。最悪なのは、大して勉強していないくせに、落ちたときに過剰に落ち込むことです。なかには1日中凹んでいるという人もいます。

 

しかし、落ちても追加金がとられるわけでも留年するわけでもありません。そういう意味で、本当はまったく痛くないのです。だから次落ちてしまったら、こう思うようにしましょう。

 

「もっと知れる!得した!」これは気休めでもなんでもありません。レポートを再提出となれば、その過程で忘れていた知識を取り戻すことができます。そして自分のレポートを客観的に評価することができます。そこでの学びが、今後の科目試験や他のレポートの勉強に必ず活きます。

 

実際に運よく受かったレポートなど、見返すことすらありませんよね。その分どこかで苦労するので、卒業という観点からすればその合格はあまり意味がないのです。

 

私の場合、「生物学」のレポートは4回目、「国語学各論」は3回目の提出でやっと合格しました。ホチキスが通らなくなるまで書き続けましたが、おかげで慶通全般を通して活かすことができる知識・考え方を得ました。

 

慶應通信を卒業する本質は、「受かる」ことではありません。受かり続けることが本質なのです。そのためのノウハウは早い段階で身に付けた方が良いに決まっています。

 

このように勉強の本質かをちゃんと捉えることで、余分な精神的負担を減らすことができます。

関連ページ

現代に残されたアメリカン・ドリーム
慶應義塾大学通信教育課程の卒業生が、自身のレポートを公開しながら、卒業するノウハウを全公開したポータルサイトです。レポートの書き方は全国共通なため、慶應通信だけでなく、すべての通信教育課程の方を卒業へと導きます。
慶應通信で失敗する人の思考
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
入学したばかりの人が陥る失敗
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
レポートの再提出がめんどくさいと思う人へ
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
授業は勉強ではない
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
良い仲間を作る意義
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
慶應通信としてのアイデンティティの保ち方
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
科目試験は毎回受けることが大切
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
知識ゼロから成功するためのたった1つの方法
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録