サスペンスドラマ

説明型レポートの勉強の仕方

いきなり下書きすると失敗する

説明型レポートには、効率的な勉強の仕方が存在します。このページでは、その方法について説明していきます。

 

失敗する人の共通点は、文献を読んだらすぐにレポートを書こうとすることです。これでは、書き始めると内容がまとまりません。その結果、もう一度テキストを読むところから始むことになります。

 

これは、文献内容を理解したつもりになっているからです。文献を読む作業をインプット、文章を書く作業をアウトプットといいますが、インプットとアウトプットの間には壁が存在します。

 

その壁を取り払う作業が、アウトライン作成です。これは、レポートの構成と内容を考え、「テーマ」と「節立て」を決める作業です。

 

アウトラインを作成することで、レポートの文章が次々と決まっていくので、下書きの前に必ず行うようにして下さい。

序論のアウトライン作成

どんな文章にも題材があります。レポートではこれをテーマと呼び、必ず序論に明記します。

 

説明型レポートでは、説明する領域を定める必要があります。それが決まっていないと、分量が膨大になってしまい、何が言いたいのか分からない文章になってしまうからです。

 

例えば、「江戸時代の農民について」と言われても、範囲が広すぎるので説明することはできません。ただ、江戸時代の農民のうち、衣食住について説明するのであれば可能です。

 

このようにレポート内で扱う領域を定めるものが、テーマ設定です。どのようなテーマにするかによって、レポートの内容は180度変わるので、最初の段階できちんと決めておくことが大切です。

 

ただ、これは、一から自分で考える必要はありません。テーマは、往々にして、課題に明記されているからです。

 

例えば、「真理関数理論と量化理論について説明しなさい」という課題では、テーマは「真理関数理論と量化理論について」となります。また、「代替財と補完財について説明しなさい」という課題では、「代替財と補完財について」となります。

 

このようにレポート課題からテーマを定め、レポートの領域を明確にするところから、アウトライン作成を始めます。

本論のアウトライン作成

説明型レポートの場合、テーマについて一通り説明することが要件なので、具体的な論点がありません。そのため、問いを立てる必要がありません。

 

ただ、説明の方法については明確にしておく必要はあります。これをアプローチと呼びます。

 

実際のところ、同一テーマに対する説明であっても、どのように説明するかは人によって様々です。「真理関数理論と量化理論について説明しなさい」という課題では、記号化の過程から丁寧に説明する人もいますし、いきなり論理式を説明するなどしていつの間にか記号化が行われている人もいます。

 

もちろん、前者の方が評価されますが、その中でも、きちんと具体例を示して解説している人と、そうでない人に分かれます。このように人によって説明項目は様々なのです。

 

是非とも覚えておいてほしいことは、説明型レポートの鉄則は、過不足なく説明することです。したがって、テキスト内容をきちんと理解し、述べるべき項目は、自分で判別できないといけません。

 

そのためのアプローチは、レポート課題に書かれています。「IS曲線やLM曲線を使って〜」や「真理表を書いて〜」が、これに当たります。

 

このように述べるべき項目をピックアップしたら、いよいよ節立てに入ります。基本的には述べるべき項目ごとに節を立て、3節から5節ほど用意して下さい。具体的な方法については、こちらのページに載せてあります。

結論のアウトライン作成

説明型レポートの場合、結論では「テーマの確認」と「要約」を行います。これらは、本論が完成していれば自ずと決まるので、特に難しく考える必要はありません。

 

テーマの確認については、再度、結論に明記します。そのため、正しいレポートは、序論と結論がきちんと対応していることになります。

 

その後、各節を簡単に説明します。要約の方法については、こちらのページをご覧ください。

 

以上が、アウトライン作成の手順となります。

 

下書きする前に、序論の「問い」と本論の「節立て」を決めることで、レポートの完成形をイメージすることができます。それによって、アウトプットを効率的に行うことができるので、アウトライン作成は必ず行うようにして下さい。

 

こういった実践的なノウハウは、メルマガ内でも詳しく説明しているので、こちらから学びを加速させてください。卒業できるレポートのノウハウを手に入れる

関連ページ

説明型レポートの発見
慶應通信のレポートには比較的簡単に書ける説明型レポートがあります。それらは総合教育科目に多く属しています。
説明型レポートから始める理由
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
説明型レポートの要件
比較的易しいレポートの書き方です。
説明型レポートの見分け方
比較的易しいレポートの書き方です。
説明型レポートの必須要素
慶應通信の説明型レポートを書く上で欠かせない、テーマ、問いの考え方について説明します。
説明型レポートと他のレポートの違い
比較的易しいレポートの書き方です。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録