慶應通信のレポートの書き方:説明型レポートの勉強の仕方

卒業できるレポートのノウハウをすべて無料メルマガにて授けます

失敗する人の共通点

説明型レポートには、効率的な作成方法が存在します。

 

このページでは、その方法について解説します。

 

失敗する人の共通点は、文献を読んだらすぐにレポートを書こうとすることです。

 

ただ、インプットした内容をどう活用するのか決めていないので、スムーズにアウトプットできません。その結果、多くの時間が無駄になります。

 

このように、インプットとアウトプットの間には壁が存在します。

 

その壁を取り払う過程が、アウトライン作成です。

 

アウトラインとは、レポートの構成と内容を決めるレポートの設計図です。

 

説明型レポートの場合、「テーマ」や「節立て」が定まれば、レポートの文章が次々に決まります。そのため、下書きの前に必ず行うようにしてください。

序論のアウトライン作成

まずは、序論のアウトライン作成について説明します。

 

文章には必ず題材があります。文章の大まかな内容を定義し、書き手と読み手の間でイメージを共有します。

 

また、述べる範囲を限定する必要もあります。あれもこれもと述べるうちにまとまりがなくなり、何が言いたいのか分からない文章になってしまうからです。

 

レポートでも同じです。

 

例えば、「江戸時代の農民について説明しなさい。」というレポート課題では、題材と範囲が明確ではありません。そのため、このままではレポートを書くことはできません。

 

ただ、江戸時代の農民の生活について述べることは可能です。衣食住という題材と範囲が決まるので、レポートを書くことができるようになります。

 

このようにレポートで扱う題材と範囲を定めるものが、テーマ設定です。

 

テーマによってレポートの内容は大きく変わるので、最初にきちんと決めておくことが大切です。

 

また、テーマは一から自分で考える必要はありません。テーマのヒントは、レポート課題にあるからです。

 

例えば、「真理関数理論と量化理論について真理表を用いて説明しなさい。」というレポート課題では、テーマは「真理関数理論と量化理論の違いについて」となります。

 

「代替財と補完財についてIS曲線やLM曲線を用いて説明しなさい。」というレポート課題では、テーマは「代替財と補完財の違いについて」となります

 

このようにレポート課題からテーマを定めたら、序論に明記しましょう。

本論のアウトライン作成

続いて、本論のアウトラインについて説明します。

 

本論ではテキストや文献内容について一通り説明します。どこで、何を、どのような方法で説明するかを明確にする必要があります。

 

まず、説明すべき項目をピックアップし、節立てします。

 

例えば、「真理関数理論と量化理論について図を用いて説明しなさい。」というレポート課題では、「真理表、正しい推論、記号化、恒真、論理式」という説明項目をピックアップします。

 

次に、これらを基礎から応用に並べ、「記号化→論理式→真理表→恒真→正しい推論」となれば、これらを節立てします。

 

このように述べるべき項目ごとに節を立て、3節から5節ほど用意してください。

 

続いて、説明方法についてレポート課題や『テキスト科目履修要綱』を確認します。

 

先ほどの課題では、「真理関数理論と量化理論について真理表を用いていて説明しなさい。」とあるので、「真理表を用いる」必要があることが分かります。

 

説明型レポートの要件は、テキストや文献内容を過不足なく説明することです。レポート作成上の留意点をきちんと確認し、本論のアウトラインを作成しましょう。

結論のアウトライン作成

説明型レポートの場合、結論ではテーマを再確認し、本論の要約を行います。新しい内容を述べる必要はなく、序論、本論の内容を簡単にまとめれば良いので、難しく考える必要はありません。

 

まずは、序論で設定したテーマを再度述べます。レポートの題材と範囲を明確にし、どのようなスタートを切ったかを振り返ります。

 

その後、本論の要約を行います。各節の内容を簡単に説明してください。要約の方法については、こちらのページをご覧ください。

 

以上、説明型レポートにおけるアウトライン作成の手順となります。

 

ここまで読めば、アウトライン作成により、スムーズにアウトプットできる理由を理解できると思います。

 

たったこれだけで大幅な時間短縮が可能になるので、下書き前に必ずアウトラインを作成するようにしてください。

 

無料メルマガ講義でも詳しく説明しています。
卒業できるレポートのノウハウを手に入れる

関連ページ

説明型レポートの発見:慶應通信のレポートは2種類ある
慶應通信の2種類のレポートの存在を教えます。
経験やテクニック不問のレポート:説明型レポートから学ぶべき理由
慶應通信で説明型レポートから学ぶべき理由を教えます。
自分の言葉でテキストを再構成する:説明型レポートの要件
慶應通信の説明型レポートの要件を教えます。
レポート課題から読み取るテクニック:説明型レポートのテーマと構成
慶應通信の説明型レポートのテーマと構成をレポート課題から読み取るテクニックを教えます。
説明型レポートの必須要素:「テーマ」、「問い」についての考え方
慶應通信の説明型レポートの「テーマ」、「問い」についての考え方を教えます。
説明型レポートで忘れがちなポイント:文章の性質と基本的な形式
慶應通信の説明型レポートの文章と形式を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 無料メルマガ講義