慶應通信のレポートの書き方:説明型レポートの要件

卒業できるレポートのノウハウをすべて無料メルマガにて授けます

テキスト内容を説明するレポート

レポートには求められる「要件」があります。

 

説明型レポートの要件は、説明です。その名の通り、テキスト内容を説明することです。

 

このページでは、説明型レポートの要件について解説します。

 

※論述型レポートの要件は、こちらのページで解説しています

 

さて、テキスト内容を説明すると言うと、多くの人はテキストをコピペしようとします。

 

ただ、テキスト内容を説明するには、表現方法や構成も含めて、自分自身で一から組み立てないといけません。

 

テキストの文章をそのまま抜き出すだけでは、レポート課題に沿う形とはならないからです。

 

そのため、テキストから情報を取捨選択し、それらを適切に並べ替えて、レポート上に表現する必要があります。

 

このように自分の言葉でテキストを再構成することで、説明型レポートの要件を満たすことができます。

「テキストを再構成する」という考え方

続いて、テキストを再構成する方法について説明します。

 

当たり前ですが、たった4000文字のレポートにテキスト内容をすべて詰め込むことはできません。そのため、述べる項目を選択し、分かりやすく説明することを心掛けます。

 

そこで、レポート課題からテーマを設定し、レポートの範囲を限定しましょう。

 

範囲を限定することで、説明項目も決まってくるからです。

 

説明型レポートの場合、テーマはレポート課題にあります。

 

「〜について説明しなさい。」という課題では、「〜について」がテーマになります。このテーマを細分化することで、説明項目が決まります。

 

あとは、それらを並べる順序を考え、テキスト通りの内容を説明すれば良いのです。

 

このように説明型レポートは、文章内容については一から考える必要はありません。

 

ただ、そこに至るまでの情報の取捨選択や再構成については、自分自身で判断し、自分の言葉で表現します。

 

この点をはき違えると、説明型レポートはテキストのコピペとなってしまうので、注意してください。

説明型レポートには「結論」はありません

最後に、説明型レポートの「結論」について説明します。

 

本来、レポートに結論は必須です。結論には本論の「答え」を明記し、レポート課題に対する解答を示します。

 

ただ、説明型レポートには、こうした答えは存在しません。

 

説明型レポートの要件とは、「テキスト内容を説明すること」なので、答えなど出ようがないからです。

 

実際に、「〜について説明しなさい。」というレポート課題には1つの解答は存在せず、あえて言うなら、説明内容すべてが解答となることが分かります。

 

そのため、説明型レポートでは、無理に答えを出す必要はありません。形式上の結論箇所では、本論の要約を行い、テキスト内容を振り返ってください。

 

このようにレポートの要件を理解することで、本質的にレポートを理解することができます。

関連ページ

説明型レポートの発見:慶應通信のレポートは2種類ある
慶應通信の2種類のレポートの存在を教えます。
経験やテクニック不問のレポート:説明型レポートから学ぶべき理由
慶應通信で説明型レポートから学ぶべき理由を教えます。
レポート課題から読み取るテクニック:説明型レポートのテーマと構成
慶應通信の説明型レポートのテーマと構成をレポート課題から読み取るテクニックを教えます。
レポートに必要な内容を整理する:説明型レポートのアウトライン
慶應通信の説明型レポートのアウトラインを教えます。
説明型レポートの必須要素:「テーマ」、「問い」についての考え方
慶應通信の説明型レポートの「テーマ」、「問い」についての考え方を教えます。
説明型レポートで忘れがちなポイント:文章の性質と基本的な形式
慶應通信の説明型レポートの文章と形式を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 無料メルマガ講義