サスペンスドラマ

説明型レポートでも形式を守る。レポート課題からテーマと問いを見つける方法とは。

説明に必要な要素とは

論文を書く際は、論述を意識しなければなりません。論じる領域を決めることはもちろん、具体的な論点が必要になります。

 

ただ、慶應通信のレポートは、必ずしも論述ではありません。課題によっては、説明に終始するものもあります。これを説明型レポートと呼びます。

 

説明とは、答えを出すことを目的とせず、事実を自分の言葉で述べた文章です。そのため説明型レポートは、あるテーマに対して一通り説明することが要件であり、そのうちのどこか1点に着目する必要はありません。あくまで満遍なく述べることが求められた文章だという事を理解してください。

 

「説明」という文章のこのような性質から、説明型レポートを書く際の必要な要素と不必要な要素が浮かび上がってきます。

 

説明に必要な要素は、何について説明するのかという題材です。また、どこからどこまで説明するのかという領域も必要です。これらをまとめてこなすものが、レポートの「テーマ」です。

 

このテーマは自分で考えるものではなく、基本的にレポート課題を見れば分かります。ただ、レポート課題があまりにも広範囲を扱うような場合は、自分なりに課題を再定義し、テーマを設定し直す必要があります。

 

例えば「江戸時代農民について述べなさい」というレポート課題を見ても、農民について何から何まで説明することはできません。そこで「江戸時代の農民の衣食住について」と課題を再定義することで、江戸時代の農民について述べることができます。

 

次に、説明に不必要なものを教えます。それは、論点です。先述の通り、説明にはどこか1点に着目する必要がありません。なぜなら解決すべき問題点がないからです。

 

問題解決の際のポイントである論点は、そもそも問題提起のない説明型レポートでは不要だという事です。

テーマと問いを区別する

説明型レポートにはテーマはありますが、問い(問題提起)はありません。これrテーマと問いをきちんと区別すれば、正しくレポートを書くことができます。

 

テーマとは説明の領域です。あくまで、「何について、どこからどこまで述べるか」という枠組みであり、問題提起とは違います。一方、問いは問題解決するための着眼点です。このように問いがあるから答えが出るのです。

 

これらの区別がきちんとできていないと、説明型レポートを書く事ができません。

 

例えば、「代替財と補完財について述べる」という文をテーマと捉えた場合、「代替財と補完財について一通り説明すればよい」となります。問いと捉えた場合、「代替財や補完財について述べた際、疑問に思ったことを解決しよう」となります。

 

このようにテーマと問いは全く違うものです。説明型レポートはテーマについての一通りの説明が要件なので、問いを立てて一極集中するのではなく、満遍なく説明するということを心がけてください。

 

説明型レポートの特別な情報がほしい方は、こちらのページをご覧ください。リンク先の【完全非公開の「メール講義】の一例をお見せします@」のページに、完全非公開情報を載せてあります。

関連ページ

説明型レポートの発見
慶應通信のレポートには比較的簡単に書ける説明型レポートがあります。それらは総合教育科目に多く属しています。
説明型レポートの要件
比較的易しいレポートの書き方です。
説明型レポートのアウトラインの作り方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
説明型レポートの形式
比較的易しいレポートの書き方です。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録