慶應通信のレポートの書き方:慶應通信のレポートは2種類ある

卒業できるレポートのノウハウをすべて無料メルマガにて授けます

レポートには2種類ある

私は慶應通信で様々なレポートを書いているうちに、「レポートには2種類ある」ということに気付きました。

 

これらのレポートは、求められる要件や難易度が異なるので、両者の違いを理解することが重要です。

 

このページでは、2種類のレポートの存在について解説します。

 

例えば、次のようなレポート課題があるとします。

 

「経済政策の効果について説明してください。」

 

この課題では、経済政策の効果を説明することが求められています。

 

自分なりの視点から考察を加える必要はなく、テキスト内容を正しく記述することが要件となります。

 

それでは、次のレポート課題はどうでしょうか。

 

「19世紀フランス文学の作家について文献を読み、自由に論じなさい。」

 

こちらの課題では、文学作品の内容を説明することは求められていません。

 

自分なりの視点から考察を加え、何かしらの結論を導くことが要件となります。

 

このように、慶應通信には、まったく要件が異なる2種類のレポートが混在しています。

レポートの見極め方

このようにレポートは、テキスト内容を説明するレポートと、テキスト内容に対して考察を加えるレポートに分けられます。

 

そこで、前者を「説明型レポート」、後者を「論述型レポート」と呼び、区別します。

 

両者の見極めは、レポート課題の末尾に着目します。

 

「説明しなさい」というレポート課題では、テキスト内容を自分の言葉に直して説明します。そのため、説明型レポートであることが分かります。

 

「考察を加えなさい」や「自由に論じなさい」というレポート課題では、テキスト内容から論点を定め、考察を加えます。そのため、論述型レポートであることが分かります。

 

説明型レポートはテキスト理解を示すことで合格でき、論述型レポートはテキスト内容に対して考察を加えることで合格できます。

 

説明型レポートの方が難易度が低いので、まずは説明型レポートで基礎を固め、その後論述型レポートに取り組んでください。

 

具体的な方法は、無料メルマガでも詳しく説明しています。
卒業できるレポートのノウハウを手に入れる

 

関連ページ

経験やテクニック不問のレポート:説明型レポートから学ぶべき理由
慶應通信で説明型レポートから学ぶべき理由を教えます。
自分の言葉でテキストを再構成する:説明型レポートの要件
慶應通信の説明型レポートの要件を教えます。
レポート課題から読み取るテクニック:説明型レポートのテーマと構成
慶應通信の説明型レポートのテーマと構成をレポート課題から読み取るテクニックを教えます。
レポートに必要な内容を整理する:説明型レポートのアウトライン
慶應通信の説明型レポートのアウトラインを教えます。
説明型レポートの必須要素:「テーマ」、「問い」についての考え方
慶應通信の説明型レポートの「テーマ」、「問い」についての考え方を教えます。
説明型レポートで忘れがちなポイント:文章の性質と基本的な形式
慶應通信の説明型レポートの文章と形式を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 無料メルマガ講義