サスペンスドラマ

慶應通信には書きやすいレポートと書きにくいレポートがある。説明がメインになる説明型レポーとは。

慶應通信で様々なレポートを書いているうちに、レポートには2種類あるということに気付きました。その経緯はこちらのページをご覧ください。

 

完成までに時間のかからないレポートと時間のかかるレポートがあるのです。その違いを分析してみると、内容的に異なる2種類のレポートの特徴を発見しました。

 

考察が中心になるレポートと、説明が中心になるレポート

 

レポートには、考察が必須になるレポートとそうでないレポートがあります。前者を「論述型レポート」、後者を「説明型レポート」と呼びます。

 

論述型レポートは、自ら問題提起をして、それに対して解答を導き出す必要があります。一方説明型レポートは、テキストの内容をまとめることで、要件を満たします。両者の見極めは、レポート課題の末尾を読むことで簡単に可能です。

 

論述型レポートは「考察を加えなさい」、「自由に論じなさい」といった指示内容になっています。このような指示では、テキストの内容を説明するだけでは不十分であり、テキスト理解を示したうえで、自分なりの意見を述べることが求められます。

 

一方、説明型レポートは、「説明しなさい」という指示内容になります。このような指示では、テキストの内容を自分の言葉に直して記述すれば十分であって、そこから自分なりの視点をもって考察する必要はありません。

 

それでは次のレポート課題の下では、説明か論述か、どちらを行えばよいでしょうか。

 

経済政策の効果を説明して下さい。

 

この課題は、経済政策の効果を説明することが課題です。そのため、自分なりの発見(視点)は必要なく、テキストの内容を正しく記述することが求められています。このようなレポートが説明型レポートです。

 

もう1つ、次の課題を見てみましょう。

 

19世紀フランス文学の作家について文献を読み、自由に論じなさい。

 

この課題はテキスト内容(小説の内容)を説明するものではありません。小説の内容から自分でテーマを決めて、その後独自の設問をする必要があります。このようなレポートが論述型レポートです。

 

このように慶應通信には2種類のレポートが混在しています。概ね「説明型レポート=総合教育科目」、「論述型レポート=専門科目」と考えて差し支えありません。まずは説明型レポートで基礎を積み、その後論述型レポートに取り組んでください。

 

説明型レポートは少しコツを掴めばすぐに書けるようになります。その方法はメルマガ内で詳しく説明します。卒業できるレポートのノウハウを手に入れる

 

説明型レポートの特別な情報がほしい方は、こちらのページをご覧ください。リンク先の【完全非公開の「メール講義】の一例をお見せします@」のページに、完全非公開情報を載せてあります。

 

関連ページ

説明型レポートの要件
比較的易しいレポートの書き方です。
説明型レポートのアウトラインの作り方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
説明型レポートでは問いを立てる必要がない
慶應通信の説明型レポートを書く上で欠かせない、テーマ、問いの考え方について説明します。
説明型レポートの形式
比較的易しいレポートの書き方です。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録