サスペンスドラマ

慶應通信のレポートは何よりも書き方が大切。進め方から仕上げ方までの情報を完全網羅!

慶應通信で最初に取りかかるべきレポートは決まっていて、「説明型レポート」と呼ばれます。説明型レポートは他のレポートと比べてとても書きやすいため、このページを読んだ後、真っ先に履修するとよいでしょう。

 

まずは「説明型レポートとは何か」から説明していきます。

考察が必要ないレポート

本来レポートというものは、テーマや問いを設定し、それについて論じる過程で、「考察を加える」というステップが必要になります。

 

説明型レポートは、このうち考察が必要ありません。自分なりに分析する必要がないので、テキストの内容を自分の言葉で説明するだけのレポートということになります。

テキストを自分の言葉に直す

多くの人は、「自分の言葉で書く」というと、テキストの内容だけ自分の言葉に直そうとします。ただ実際には、レポート構成も含めて、自分で考えていかなければいけません。

 

レポート課題の形に沿うように情報を取捨選択し、それらを適切に並べ替えてレポート上に表現します。

 

ここまでやらなければ、説明型レポートは、単なるテキストの劣化版コピーになってしまいます。それではレポートではないため、これらをきちんと区別してください。

説明とは何か

説明型レポートの肝は、その名の通り、テキスト内容の説明です。その際に最も重要なことは、説明項目のピックアップです。

 

この様に言うと、多くの人はテキストの内容をすべて網羅しようとします。

 

ただ、テキストという膨大な内容をたった4000字のなかに詰め込むことはできません。そのため、予め取り上げる項目を選んでおき、それだけを述べるようにします。

 

そこで重要になるのは、テーマ設定です。最初にテーマを狭く限定しておけば、レポート内で述べるべき項目は、自然と決まってくるからです。

テーマは課題に書いてある

説明型レポートのレポート課題には次のような特徴があります。

 

「性感染症について説明しなさい。」

 

このように課題の中にレポート内のテーマが明確にされています。ただ、このテーマを言葉通り受け取ってはいけません。

 

実際に、性感染症についてすべてを論じようとすると、確実に字数が収まらなくなります。なんとかして分量を減らさなければいけないので、テーマを限定する必要があります。

 

つまり、最初に性感染症をきちんと定義しておき、そのうえで自分は「A、B、C、D」について説明すると断っておくのです。その際、「自分はなぜそれらを扱うか」についての明確な理由まで述べれば、テーマ設定は問題なく通ります。

 

多くの人は、課題に慎重になりすぎます。そのため、テーマを絞るという考えはなく、むしろすべての情報を詰め込もうと努めます。

 

ただレポート課題は、字面通り受け取ってはいけません。

 

上記の課題にしても、本当に性感染症を網羅したら、百科事典のようなレポートを書かなければなりません。当然そんなレポートは求められておらず、何のために字数制限があるかを考えた方が良いです。

 

レポートで失敗する人の共通点は、レポート課題に翻弄される事です。ただ実際には、あなたが課題を設定して良いのです。

 

そういった意味で、課題に慎重になることと、課題に忠実に書くのでは、意味がまったく違うという事を理解して下さい。

説明型レポートの構成

説明型レポートは説明することが要件なので、その過程で自ら考察を加える必要はありません。そこでポイントとなることは、良い参考文献を見つけて、知識を正しくアウトプットすることの一点です。

 

このとき、決して「参考文献をまとめるだけのレポート」になってはいけません。最後に、このことについて解説します。

 

説明型レポートの構成は、レポート課題から読み取れる場合があります。例えば、「性感染症について、原因、症状、治療法について説明しなさい」とある場合、1節で原因、2節で症状、3節で治療法と節立てします。

 

このように説明すべき項目を3〜5つに絞り、その中で、文献を自分の言葉でまとめます。こうした説明項目まで書かれている課題は、総合教育科目に多く存在します。

 

説明型レポートはレポートスキルを高めるのに最適なので、まずは説明型レポートから勉強を始めてください。勉強の時期が早ければ早いほど、多くを学べるチャンスが増えるので、様々な場面で得をします。

関連ページ

説明型レポートの発見
慶應通信のレポートには比較的簡単に書ける説明型レポートがあります。それらは総合教育科目に多く属しています。
説明型レポートの要件
比較的易しいレポートの書き方です。
説明型レポートのアウトラインの作り方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
説明型レポートでは問いを立てる必要がない
慶應通信の説明型レポートを書く上で欠かせない、テーマ、問いの考え方について説明します。
説明型レポートの形式
比較的易しいレポートの書き方です。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録