サスペンスドラマ

慶應通信のレポートは何よりも書き方が大切。進め方から仕上げ方までの情報を完全網羅!

慶應通信で最初に取りかかるべきレポートは決まっています。「説明型レポート」と呼ばれ、必ずこれから始めないといけません。

 

他のレポートと比べてとても書きやすいだけでなく、卒業所要単位を満たす上でも大きな役割を果たすので、真っ先に履修するとよいでしょう。

 

このページでは、説明型レポートから勉強を始める理由について、説明していきます。

説明型レポートが、初学者でも取っ掛かりやすい理由

本来、レポートは、テーマについて論じる過程で、「考察を加える」というステップが必要になります。その際、正確なテキスト理解と、オリジナルの問いを立てる必要があるため、初学者は難航を極めます。

 

ところが、説明型レポートでは、この考察が必要ありません。テキスト内容を自分の言葉で説明するだけのレポートなので、初学者にとって取っ掛かりやすいのです。

卒業所要単位上、真っ先に取りかかるべき

説明型レポートから取りかかる理由は他にもあります。

 

慶應通信では、総合教育科目から48単位、専門科目から68単位、卒論で8単位を取ると、卒業できます。

 

専門科目はテキスト内容、レポートの質ともに高いので、まずは総合教育科目で基礎を学ぶ必要があります。また、卒論指導登録の条件を満たすためには、総合教育科目を履修しなければなりません。

 

そのため、総合教育科目から履修するべきなのですが、この総合教育科目こそ、説明型レポートなのです。

関連ページ

説明型レポートの発見
慶應通信のレポートには比較的簡単に書ける説明型レポートがあります。それらは総合教育科目に多く属しています。
説明型レポートの要件
比較的易しいレポートの書き方です。
説明型レポートの見分け方
比較的易しいレポートの書き方です。
説明型レポートのアウトラインの作り方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
説明型レポートの必須要素
慶應通信の説明型レポートを書く上で欠かせない、テーマ、問いの考え方について説明します。
説明型レポートと他のレポートの違い
比較的易しいレポートの書き方です。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録