サスペンスドラマ

慶應通信には受かりやすいレポートがあります。それが説明型レポート。説明型レポートとは・・・。

説明型レポートは、テキスト内容を自分の言葉に直すだけのレポートです。そのため、独自の問題設定をする必要はありません。問いがないという事は当然答えもなく、すなわち考察がありません。このように説明型レポートは、超簡易版レポートなのです。

 

そのためかレポートの形式や原則まで無視して文章を作る人がいます。しかし、それでは受かりません。問いが要らない点などを除けば、説明型レポートは論述と同じです。

 

説明型レポートは、公共性や客観性を持った文章でないといけませんし、序論・本論・結論には決まった役割があります。それを理解したうえで、テキスト内容を自分の言葉で説明すれば、必ず受かるということです。

 

説明型レポートと言えども、学術論文には変わりありません。そ不特定多数の人に向けた公共性のある文章と見なされます。そこで重要なことは、分かりやすく論理的な文章を書くと事です。難しい用語を多用したり、論理が分断された結果、「なんでそんなことが言えるの?」と読み手に思わせるような文章ではいけません。

 

また説明型レポートは、読み手を説得させる客観性のある文章と見なされます。そのため、信頼するに足る根拠を載せるなどして、事実と意見を分けて述べなければいけません。参考文献を引用するのはこのような理由があります。
参考文献についてはこちらをご覧ください。

 

また説明型レポートには決まった形式があります。それは「序論・本論・結論」です。序論ではテーマを掲げ、本論ではテーマについて説明し、結論では要約をします。

 

その際気を付けることは、序論と結論を本論から区別することです。

 

基本的に説明型レポートのテーマは、課題に明記されています。しかしそれだからと言って、序論で断りなく本論で説明を始めてはいけません。レポートは「根拠のある者通しの対話」なので、本論に先立って話題を述べなければ成り立たないからです。

 

レポート課題にテーマが明記されているかどうかにかかわらず、序論できちんと「〜について説明する」という形で述べておきましょう。

 

このような基本的なルールをきちんと意識することで、もともと書きやすい説明型レポートをより簡単にすることができ、また次のレポートに繋がる有意義な勉強をすることができます。

 

説明型レポートの書き方は無料メルマガ内だけの講義を行っています。こちらからレポートについて集中的に学んでください。卒業できるレポートのノウハウを手に入れる

 

説明型レポートの特別な情報がほしい方は、こちらのページをご覧ください。リンク先の【完全非公開の「メール講義】の一例をお見せします@」のページに、完全非公開情報を載せてあります。

関連ページ

説明型レポートの発見
慶應通信のレポートには比較的簡単に書ける説明型レポートがあります。それらは総合教育科目に多く属しています。
説明型レポートの要件
比較的易しいレポートの書き方です。
説明型レポートのアウトラインの作り方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
説明型レポートでは問いを立てる必要がない
慶應通信の説明型レポートを書く上で欠かせない、テーマ、問いの考え方について説明します。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録