サスペンスドラマ

慶應通信には受かりやすいレポートがあります。それが説明型レポート。説明型レポートとは・・・。

テーマが課題に書いてある

あるレポートが説明型レポートかどうかは、レポート課題を見れば一瞬で分かります。説明型レポートのレポート課題には、次のような特徴があります。

 

「性感染症について説明しなさい。」

 

このように、課題文の中に明確に説明すべきテーマが記載されているものが、説明型レポートになります。

 

ただ、説明型レポートと分かっても、レポート課題を言葉通りに受け取ってはいけません。

 

性感染症についてすべてを論じようとすると、膨大な字数になってしまうからです。せっかく書いた文章を大幅に消すことになるので、なるべくテーマを狭くしておく必要があります。

レポート課題を再定義し、テーマを設定する

そこで、レポート内で論じる性感染症をきちんと定義し、自分は「A、B、C、Dについて説明する」と明記しておきます。

 

これをテーマ設定と言います。このとき、「なぜそれらを扱うか」についての明確な理由まで述べておけば、テーマ設定は問題なく通ります。

 

多くの人は、レポート課題に忠実です。そのため、テーマを絞るという考えはなく、すべての情報を詰め込もうとします。

 

ただ、実際には真逆です。レポート課題は字面通り受け取ってはならず、メジャーなものや本質的なものだけを記述していれば受かります。

 

例えば、上記の課題において、性感染症を網羅しようとしたら、百科事典のようなレポートを書かなければなりません。当然そんなレポートは求められておらず、何のために字数制限があるかを考えた方が良いです。

 

レポートで失敗する人は、レポート課題に翻弄されます。ただ実際には、あなたがレポート課題を再定義し、最終的なテーマを設定するのです。

 

そういった意味で、レポート課題を網羅することと、本当に聞かれていることを理解することを理解することは、意味がまったく違うという事を理解して下さい。

課題からレポートの構成まで読み取るテクニック

説明型レポートは説明することが要件なので、自ら考察を加える必要はありません。そのため、分かりやすい参考文献を見つけて、知識を正しくアウトプットすることがポイントです。

 

このとき、決して「参考文献をまとめるだけのレポート」になってはいけません。テキストや文献をまとめるだけなら誰でもできるので、どのようなレポート構成にするかが重要になります。

 

最後に、このことについて解説します。

 

説明型レポートの構成は、レポート課題から読み取ることができます。例えば、「性感染症について、原因、症状、治療法について説明しなさい」とある場合、1節で原因、2節で症状、3節で治療法と節立てします。

 

このように説明すべき項目を3〜5つに絞り、その中で、文献を自分の言葉でまとめます。

 

こういった説明型レポートは、総合教育科目に多く存在します。

 

そのため、あなたはまず、説明型レポートから勉強を始めてください。勉強の時期が早ければ早いほど、多くを学べるチャンスが増えるので、様々な面で得をします。

関連ページ

説明型レポートの発見
慶應通信のレポートには比較的簡単に書ける説明型レポートがあります。それらは総合教育科目に多く属しています。
説明型レポートから始める理由
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
説明型レポートの要件
比較的易しいレポートの書き方です。
説明型レポートのアウトラインの作り方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
説明型レポートの必須要素
慶應通信の説明型レポートを書く上で欠かせない、テーマ、問いの考え方について説明します。
説明型レポートと他のレポートの違い
比較的易しいレポートの書き方です。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録