学則を知らないと損をする。入学した瞬間に知るべき慶應通信のシステムとは。

卒業できるレポートのノウハウをすべて無料メルマガにて授けます

最初に完成させる問題とは

慶應通信に入学するには、「志望理由書」を提出する必要があります。志望理由書は大きく3種類に分かられます。

 

@志望した学部・類で何を学ぼうとしているのか、「過去の学習経験」、「将来の展望」のいずれにも触れながら、具体的に述べなさい。

 

A自分の学びたい学問領域に関わる書物を一冊選び、概要を簡単にまとめた上で、あなた自信の視点から詳しく論評しなさい。

 

Bなぜ慶應義塾大学の通信教育課程を選んだのかについて述べなさい。

 

これらの作文はある程度長い文章になるため、作文にあたり最低限の知識が必要になります。知識0からリサーチを始める場合、まず全体的な知識を得て、その後具体的な知識を要する問題へ移行するという手順を踏むことで、スムーズに進めることができます。

 

Bの問題は、慶應通信を選んだ最も基本的な理由を述べる内容であり、文字数も150文字と少ないため、比較的容易に完成させることができます。

 

そのため、まずB「なぜ慶應義塾大学の通信教育課程を選んだか」から始めると良いでしょう。

2段落構成で過不足なく解答する

Bの文字数制限は150文字なので、かなり簡潔にまとめる必要があります。

 

ただ、問いに対する十分な解答としなければならないので、2段落構成にして、漏れなく内容をまとめる必要があります。

 

「なぜ慶應義塾大学の通信教育課程を選んだのかについて述べなさい。」という問題は、「慶應義塾大学を選んだ理由」と「通信教育課程を選んだ理由」という2つの要素が求められています。

 

このうち片方でも抜け落ちていると、課題に十分答えたことになりません。段落分けさえすれば、たとえ150文字でも課題に答えることは可能なので、論理的な展開を心がけてください。

 

具体的な文章の書き方は、メルマガ内で説明しているので、こちらから無料登録してください。

「主観」はNG!

1段落目では、「なぜ慶應義塾大学を選んだか」について述べていきます。

 

他の大学もあるなか、私大最高峰「慶應義塾」を選択するには、様々な理由があるはずです。単純に「かっこいい!」という理由から、「これまでの学歴コンプレックスを払拭したい」というう人もいると思います。

 

ただ、これらはすべてNGです。

 

入試において、こういった主観には何の価値もなく、そのため解答と見做されません。入学後もレポートなどで苦労することが目に見えているため、容赦なく不合格とされてしまいます。

 

それでは何を書けば良いかと言うと、「慶應義塾の伝統」や「教育理念」と、それに対する自らの考えになります。

 

例えば、「実学の精神」を取り上げて、そのどこに感銘を受けたかを述べると良いでしょう。

 

2段落目では、「なぜ通信教育課程を選んだか」について述べます。通信教育課程には、通学課程にはない様々なメリットがあります。

 

それらが今度慶應通信で学んでいく上で、自分にとってどのように適しているかを考えます。この点を少しでも述べておくと、通信教育課程に対する本気度が伝わります。

 

特に慶應通信は、入学後も継続して学べるかどうかが肝心なので、将来の展望にまで触れられると良いでしょう。

関連ページ

慶應通信の入試の提出物
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
入試提出物の進め方
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
合格できる志望理由書の書き方PART2
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
合格できる志望理由書の書き方PART3
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録