学則を知らないと損をする。入学した瞬間に知るべき慶應通信のシステムとは。

卒業できるレポートのノウハウをすべて無料メルマガにて授けます

問題@の特徴

慶應通信の入試には、3種類の作文問題があります。これらの問題は番号通りに進めていくのではなく、簡単な問題から難しい問題の順に取りかかることで、効率良く進めることができます。

 

このページでは、3番目に取りかかる問題について、勉強の進め方を説明していきます。

 

問題内容は下記となります。

 

@志望した学部・類で何を学ぼうとしているのか、「過去の学習経験」、「将来の展望」のいずれにも触れながら、具体的に述べなさい。

 

この問題の趣旨は、入学後の勉強内容を具体的にイメージすることです。「過去の学習経験や将来の展望について触れながら…」とあるように、文章作成上の条件が多いのも特徴です。

 

文字数制限も720文字とある程度多いので、きちんと構成を考えたうえで、作成していく必要があります。

文章作成のアウトライン

文章構成は3段落構成で、下記の流れで作成します。

 

志望学部、類の宣言

 

上記内容を学びたいと思ったきっかけ

 

学んだ内容をどう社会生活へ還元するか

 

まず初めに、「私は、慶應義塾大学〇〇学部を志望します。」と志望学部を明記します。志望学部に類がある場合は、忘れずに類まで書いてください。

 

次に所属学部、類で学ぶことができる学問領域について説明します。文学部であれば、「哲学を中心に人間の意識や行動について研究することができる」という理解を示し、「社会学」や「心理学」など実在する科目名まで挙げられると良いでしょう。

 

最後に、現時点で専攻したいと考えている内容について述べます。専攻分野は他の問題でも参照するため、この時点で具体的に決めておきましょう。

文章作成上の注意点

それでは、文章作成上の注意点について説明していきます。

 

注意すべき点としては、「志望学部と専攻分野の一致」と「過去の学習経験」になります。

 

志望学部や類は、「入学後に学びたい内容」によって変わります。その内容が所属類の領域と乖離している場合は、リサーチ不足と判断されてしまいます。

 

例えば、「人間関係について学びたい」という場合は、文学部第1類を志望します。ただここで、文学を主とする第3類を選択したら、入学後の勉強についてイメージすることができません。

 

確かに、文学作品の中で人間関係を考察することはありますが、それならば「作中人物の心理描写の方法について広く研究したい」というように、書き方を変える必要があります。

 

このように専攻分野に関する記述は、抽象度が高いほど、所属科目が不明瞭になります。こういった事態を防ぐためにも、なるべく具体的に述べておく必要があるのです。

 

次に、過去の学習経験についてです。

 

問題にあるように、この作文では「なぜその分野に関心を抱いたか」について述べる必要があります。

 

ただ、なかには「過去の学習経験」以外のことを述べてしまう人がいます。

 

代表的なものは、「仕事」や「プライベート」です。

 

普段の生活の中で人間関係に関心を抱くことは往々にしてありますが、今回の作文ではあくまで過去の学習経験に基づいていなければなりません。

 

したがって、「高校で倫理学を学んだ際に関心を持ち、独学で哲学に触れてより探求したいと思うようになった」などと述べる必要があります。

 

このように、わずか1・2行の問題文であっても、「問題に対して正確に答える」というのは、なかなか奥が深いものです。入学後はこういった点によりシビアになっていくので、この機会にきちんと意識すると良いでしょう。

関連ページ

慶應通信の入試の提出物
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
入試提出物の進め方
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
合格できる志望理由書の書き方PART1
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
合格できる志望理由書の書き方PART3
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録