慶應通信の入試で合否を分かつポイントを中心に、合格するための勉強法をまとめました

卒業できるレポートのノウハウをすべて無料メルマガにて授けます

学士課程は認定単位がもらえる

これから入学する人にとって、学部選択と同じくらい重要な選択肢に、「課程」があります。

 

慶應通信には、普通課程・特別課程・学士課程があり、入学前に選択する必要があります。それぞれ出願資格があり、おおまかなイメージとしては、高卒以上が普通課程、専門学校や短期大学卒業以上が特別課程、大学卒業以上が学士課程の出願資格となります。

 

特別課程や学士課程で入学すると、入学時に認定単位をもらえる他、卒業必要年数も4年未満に設定されるなど、様々な優遇を受けることができます。特に、学士課程では総合教育科目48単位のうち40単位の認定が受けられるので、ほぼ専門科目だけに専念できます。

 

このように、学士課程は普通課程と比べて、圧倒的に有利な卒業条件が整っています。

 

ただ、慶應通信のシステムから考えると、必ずしも学士課程が良いとは言えません。実際に学士課程で入学した人は、入学後必ずと言っていいほど苦労しています。

 

理由は簡単です。

 

入学後すぐに、難しい専門教育科目に取り組まなければならないからです。

 

普通課程であれば、総合教育科目にじっくり取り組んでから専門科目に移行します。「英語」や「保健衛生」など、レポートの知識が必要ない科目から始め、「哲学」や「経済学」といった3分野科目を通じて力をつけていきます。

 

これにより、専門科目移行後の難しい課題にも対応することができます。

 

ただ、学士課程にはこの経験がありません。レポート経験が0のまま、高度な論述が求められるので、かなり戸惑ってしまうのです。

入学直後の負担も考慮する

このように学士課程は、入学直後に大きな負荷がかかります。これがどれだけ辛いことか、具体例を挙げて説明していきます。

 

例えば、文学部に学士入学した人が、文学部専門科目「科学哲学」のレポートを書こうとしたとします。このとき、次の壁が立ちはだかります。

 

レポート課題が理解できない

 

テキストの内容が理解できない

 

レポートの書き方が分からない

 

レポートを書くには、レポート課題の理解、テキスト内容の理解・レポートの書き方の理解の3つが必要です。このうちどれか1つが抜け落ちていると、書きあげることはできても、合格することはできません。

 

学士課程の場合、手がかりすらない状態で、この壁に立ち向かうことになります。何から学んだら良いかさっぱり分からないので、時間だけが過ぎていきます。

 

ただ、同じ「科学哲学」に取り組む場合でも、普通課程であればこの壁はグッと下がります。総合教育科目を学ぶ過程で、「慶應通信ではどういうレポートが求められていて、そのためにどのようにしたらよいか」を理解しているからです。

 

学士課程の場合は、このような依るべきものがないので、そもそも何が問題かにすら気付きません。

 

このように、学士課程には逆に厳しい一面があります。当たり前ですが、卒業できなければいくら認定単位をもらっても意味がありません。

 

学士入学を検討する人は、このような内情をきちんと理解した上で入学してもらえたらと思います。

関連ページ

慶應通信の入試の提出物
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
入試提出物の進め方
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
合格できる志望理由書の書き方PART1
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
合格できる志望理由書の書き方PART2
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
合格できる志望理由書の書き方PART3
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
正しい学部選択の鉄則
慶應通信の入試で合否を分かつポイントを中心に、合格するための勉強法について説明したページです。
正しい学部選択を妨害する勝手なイメージ
慶應通信の入試で合否を分かつポイントを中心に、合格するための勉強法について説明したページです。
慶應通信で一番卒業しやすい学部とは
慶應通信の入試で合否を分かつポイントを中心に、合格するための勉強法について説明したページです。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録