慶應通信の入試で合否を分かつポイントを中心に、合格するための勉強法をまとめました

卒業できるレポートのノウハウをすべて無料メルマガにて授けます

学部選択に潜む罠

慶應通信には文学部、経済学部、法学部の3学部が設置されています。そのため、入学を決意した人が最初に悩むことは、「どの学部に入ろうか」という学部選択になります。どの学部に入るかによって、その後の慶通ライフが変わってくるので、これは当然の悩みだと言えます。

 

また、各学部の中にも細かい分類があります。文学部はさらに3つの類に分かれ、法学部は2つの類に分かれています。これは通学課程の学科に相当するため、専攻分野や卒論テーマの決定に関係してきます。

 

このようなわけで、学部選択の際は類まで考えて学部選択をしなければなりません。

 

ただ、このように重要な学部選択ですが、すべて入学前に行う必要があります。慶應通信のことを何も知らない状態で決めることになるので、多くの人は認識違いをしたまま学部選択をしています。

 

実際に、入学したばかりの人に「なぜその学部を選んだのですか」と聞いてみると、非常にあいまいな答えが返ってきます。

 

「仕事の関係上、経済に強くなりたいから経済学部を選びました」というものや、「生きていくうえで法律の知識が必要だから法学部にしました」といった答えです。

 

ただ、このように答える人は、そもそも知識と学問の区別がついていません。慶應通信で学べるのは実際の経済ではなく、学問としての経済です。法律の知識ではなく、学問としての「法学」なのです。

 

したがって、仮に経済学を卒業しても、世界の経済状況が分かるようになりませんし、法学部を卒業しても法律の知識が身につくわけではありません。

 

このように入学前の人は大きな勘違いをしています。入学後に転部はできますが、それでは大きな時間のロスとなるので、正しい情報をもとに最初にきちんと決めることが重要です。

学部選択の本質となる考え方

慶通生が持つ学部選択に対する考え方は、大きく次の2種類に分けられます。

 

「この学部に入って、専門的な知識を身に付けたい。だから、他の学部では無理です」

 

「慶應卒になれるなら、どの学部でもいい。だから、卒業しやすい学部を教えてください」

 

これらは非常に対照的な意見ですが、どちらが成功するかは決まっています。

 

後者です。

 

そこで、あなたには、学部選択における本質を教えます。

 

意外かもしれませんが、正しい学部選択は「学んだ知識を社会で活かそう」といった実利的な考えを捨てることから始まります。実利を求めるなら資格の専門学校に通うべきですし、そもそも卒業して「慶應卒」になれれば、その後の人生において利益しかありません。

 

学部選択の際に重視すべきことは、「社会に知識を還元しよう」といった心意気ではなく、「自分は果たしてこの学部で卒業できるのか」という現実的かつ消去法的な視点なのです。つまり、自らの適性と学部の難易度によって決めるべきなのです。

 

簡単に言えば、卒業しやすい学部と類を選べば良いのです。

 

それは学部ごとの卒業者数を見れば明らかです。直接相談して頂ければ、あなたに適切な学部を教えるので、下記のメルマガ登録フォームより登録を進めて下さい。

 

卒業できるレポートのノウハウを手に入れる

関連ページ

慶應通信の入試の提出物
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
入試提出物の進め方
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
合格できる志望理由書の書き方PART1
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
合格できる志望理由書の書き方PART2
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
合格できる志望理由書の書き方PART3
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録