学則を知らないと損をする。入学した瞬間に知るべき慶應通信のシステムとは。

卒業できるレポートのノウハウをすべて無料メルマガにて授けます

提出物は2月末で一通り完成させる

慶應通信の入試には、面接や学力検査といった試験会場へ出向く内容はなく、すべて提出物で決まります。提出物は毎年ほぼ同じ内容で、入学志望者は予め資料請求をして、期限までに提出する必要があります。

 

入学時期は4月と10月の年2回ありますが、ここでは4月入学を希望する場合について、提出物完成までの流れを説明していきます。

 

4月入学を希望する多くの人は、前年の11月頃から慶應通信を検討し始めます。ただ、この時期に具体的に何かができるわけではないので、資料請求をして、実際の問題を待ちます。

 

資料は1月中旬に郵送されます。志望理由書などの作文問題や、最終学歴の証明書など、準備に時間がかかるものもあります。

 

これらには受付期間があります。

 

4月入学の場合、2月上旬から3月上旬が受付期間となるので、資料が届き次第準備を始め、2月中に完成させられよう、スケジュールを立てて下さい。

志望理由書は、問題番号通りに進めてはいけない

数ある提出物の中でも直接的に合否を分かつものが、「志望理由書」です。

 

志望理由書は3種類あり、文字数や要求される知識は大きく異なります。そのため、「何をいつまでにやる」という順序と期限が重要になり、計画的に進めなければなりません。

 

志望理由書は、例年、下記のような内容となります。

 

@志望した学部・類で何を学ぼうとしているのか、「過去の学習経験」、「将来の展望」のいずれにも触れながら、具体的に述べなさい。(720文字)

 

A自分の学びたい学問領域に関わる書物を一冊選び、概要を簡単にまとめた上で、あなた自信の視点から詳しく論評しなさい。(720文字)

 

Bなぜ慶應義塾大学の通信教育課程を選んだのかについて述べなさい。(150文字)

 

作文に限らず、勉強の基本は、基礎から応用へ向けて取り組むことです。基礎的な知識で取り組める問題から始め、その後具体的知識を要する問題を、じっくり取り組みます。

 

これらの問題は難しい順に、「A→@→B」となります。したがって、「B→@→A」の順で取り組むことで、効率的に進めることができます。

完成までのスケジュール

最初に取り組む問題は、Bの「なぜ慶應義塾大学の通信教育課程を選んだのかについて述べなさい。」です。

 

この問題は特別な知識が必要なく、文字数も150文字と少ないので、3日程度で終わらせることができます。1月中に終わらせてしまうと、少し気が楽になるので良いでしょう。

 

次に取り組む問題は、@の「志望した学部・類で何を学ぼうとしているのか、「過去の学習経験」、「将来の展望」のいずれにも触れながら、具体的に述べなさい。」です。

 

この問題は、志望学部・類の専攻分野を理解した上で、自分の興味分野が、きちんとそこに属しているかを確認する必要があります。さらに、入学後具体的に学びたい内容を提示していくため、リサーチに時間がかかります。

 

完成までに1週間〜2週間かかるので、2月中旬までに終わらせておきます。

 

最後に取り組む問題は、Aの「自分の学びたい学問領域に関わる書物を一冊選び、概要を簡単にまとめた上で、あなた自信の視点から詳しく論評しなさい」です。

 

この問題は、文献選択や読解など多くの下準備が必要です。また、「要約」や「自らの視点を定める」といったレポートスキルも求められます。

 

全体を通して、単なる作文ではなく、小論文形式でまとめる必要があるので、多くの時間を使いたい問題と言えます。2週間〜3週間かけて、2月末までに完成できるようにしてください。

関連ページ

慶應通信の入試の提出物
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
合格できる志望理由書の書き方PART1
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
合格できる志望理由書の書き方PART2
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
合格できる志望理由書の書き方PART3
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録