学則を知らないと損をする。入学した瞬間に知るべき慶應通信のシステムとは。

卒業できるレポートのノウハウをすべて無料メルマガにて授けます

問題Aの特徴

慶應通信の入試には、3種類の作文問題があります。これらの問題は番号通りに進めていくのではなく、簡単な問題から難しい問題の順に取りかかることで、効率的に進めることができます。

 

このページでは、3番目に取りかかる問題について、勉強の進め方を説明していきます。

 

問題内容は下記となります。

 

A自分の学びたい学問領域に関わる書物を一冊選び、概要を簡単にまとめた上で、あなた自信の視点から詳しく論評しなさい。

 

この問題の趣旨は、入学時点の論述能力です。小論文の知識だけでなく、要約や考察といったレポートスキルも見られています。

 

文字数制限も720文字とある程度多いため、きちんと構成を考えたうえで、作成していく必要があります。

文章作成のアウトライン

この問題ではアカデミックな論述が求められており、単なる作文ではクリアできません。この場合、小論文形式を意識することで、効率的に進めることができます。

 

通常の小論文は「序論、本論、結論」という流れで作成しますが、今回の問題の場合、「テキスト批評」という方法が最適なので、そちらを紹介します。

 

テキスト批評は以下の流れで行います。

 

要約

 

問題提起

 

議論

 

まず初めに、文献内容を要約します。これは、どういう文献であるかを読み手に示すことが目的なので、主観は交えずに、事実のみを記載します。

 

次に、要約した内容の中から、関心のあるテーマについて明記します。テーマが漠然としていては良い論述はできないので、この段階でなるべく明確にしておきます。

 

最後に、そのテーマについて議論を交わします。

 

「議論を交わす」とは、「なぜ筆者はこのように述べたのか」、「このように考えることはできないだろうか」などと、筆者と「私」の間で、認識の相違を埋めていく作業になります。

 

このように対話を意識することで、問題文にある「自らの視点」を明確化でき、内容が深まりますので、試してみてください。

文章作成上の注意点

それでは、文章作成上の注意点について説明していきます。

 

まずは、文献選択です。

 

この問題では、「学びたい学問領域に関わる書物」を選択する必要があります。

 

この時、注意点があります。

 

自己啓発本やビジネス書の類は、主観的で精神論的な要素が強く、それゆえ科学的根拠に欠けています。一見、アカデミックな要素を含んでいるように見えても、基本的に筆者が「そう感じたこと」にすぎないので、学問的な要素は皆無なのです。

 

そこで、どのような文献を選べばよいかと言うと、自らのテーマの調査結果をまとめた文献だと言えます。

 

具体的な数字が載っていて、年代ごと、国ごとの実情がまとめられていれば、それは信頼性に足る事実なので、議論する価値が生まれます。

 

文献が決定した後は、要約と議論を行います。

 

要約に関しては、まず何について書かれた本かを述べ、章ごとのタイトルを列挙しながら大意のみまとめてください。

 

その中から、関心あるテーマを1つだけ決めます。その内容を明記し、筆者の考えを分析しながら自らの考えを述べていけば、少なくとも入試の合格水準を満たす論評が完成します。

関連ページ

慶應通信の入試の提出物
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
入試提出物の進め方
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
合格できる志望理由書の書き方PART1
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
合格できる志望理由書の書き方PART2
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録