慶應通信のレポートの書き方:課題からテーマ設定する方法

卒業できるレポートのノウハウをすべて無料メルマガにて授けます

レポートには、書きやすいテーマと書きにくいテーマがある

どんな文章にも、「テーマ」というものがあります。テーマとは文章の題材であり、支離滅裂な内容になるのを防ぐ役割を持ちます。

 

このページでは、レポートのテーマについて説明します。

 

他の文章と同じように、レポートにも書きやすいテーマと書きにくいテーマがあります。この違いを把握することで、レポートの難易度を下げることができます。

 

この点について理解するために一度レポートから離れ、別の文章を扱いたいと思います。

 

それは、小学生の時に書いた「作文」です。遠足や運動会の度に書いた「作文」には、実はすべての文章の基礎が詰まっています。

 

以下のお題を見てください。

 

A:運動会について書きなさい。

 

B:運動会のリレーで学んだことを書きなさい。

 

これらのお題で作文を書く場合、どちらの方が書きやすいと思いますか。

 

作文を書く際、最初に考えることは「題材」です。要は「何を扱うか」です。

 

Aの「運動会について書きなさい」からは、それが読み取れません。ただ、お題にないからと言って出来事を時系列に並べるだけでは、どう考えてもマズいことが分かります。

 

この場合、自分で題材を決める必要があります。

 

「運動会」という漠然なイメージから、「具体的なイベント」に思いを巡らすことで、リレーで一等賞になったことや係活動などが思い浮かびます。

 

このようにして、「毎日リレーの練習をして一番になれたから、練習の大切さについて書こう!」というテーマを設定します。

指示が多いレポート課題の方が書きやすい

ここで注目すべき点は、「お題=テーマ」ではないということです。与えられたお題に対し、テーマはあくまで自分で決めたものだからです。

 

今回の場合、「運動会(お題)→リレー(お題を絞る)→練習の大切さ(テーマ)」という思考プロセスを経て、テーマを決めました。「運動会」という漠然とした題材から、「練習の大切さ」という具体的なテーマに向かっていることが分かります。

 

何が言いたいかと言うと、慶應通信ではこのプロセスが必須となるレポート課題ほど、難易度が高い科目と言えます。

 

つまり、先ほどの質問は、あなたがわざわざ難しいレポートから始めていないかを問うたものになります。

 

Aを選んだ人は、実際に作文を書くにあたり、上記の思考ステップが必須になります。そのため、自分でテーマを決めないといけません。

 

一方、Bの課題を選んだ人は、その必要がありません。「リレーで学んだことについて書きなさい」という指示は充分に具体的なので、既にテーマになっているからです。

 

このようなわけで、「指示が多い課題」は一見難しそうですが、実は丁寧で書きやすいという事実を認識してください。

レポート課題を再定義して、テーマを設定する

このようなわけで、レポートの難易度を下げるために、レポート課題から論じる範囲を絞ることは必須です。そのためには課題を再定義し、テーマを設定する必要があります。

 

この点こそ、慶應通信のレポートが難しく感じる理由の1つです。

 

本来であればテーマを設定しなければならないのに、皆この事実を知りません。そのため、自らレポートのハードルを上げているのです。

 

例えば、「江戸時代の農民について論じなさい。」というレポート課題があるとします。

 

とてもシンプルな課題ですが、文字通り受け止めたらいけません。江戸時代の農民すべてを論じることは、どう考えても不可能だからです。

 

当然そこまでは求められておらず、むしろ適切に論じる範囲を絞れるかが問われています。

 

そこで、レポート課題を再定義してテーマを設定します。

 

「江戸時代の農民の衣食住について」とテーマを絞ることで、レポート範囲を「衣食住」に限定できます。これについて論じれば、「江戸時代の農民について論じなさい。」という元々の課題にも答えたことになります。

 

このようにして、なるべく具体的なテーマを決め、そこに焦点を当てて考えることで、説明すべき項目も見えてきます。

 

テーマ設定は最初は勇気がいりますが、論述の世界ではごく普通のことなので、堂々と行ってください。

 

無料メルマガでもレポートの実践的講義を行っています。
卒業できるレポートのノウハウを手に入れる

関連ページ

どこまで掘り下げれば合格できる?:文献読解と文章作成の相互作用
慶應通信のレポートにおける文献読解と文章作成の相互作用を教えます。
テキストや文献が難しく感じる理由:テキスト理解のマインドセット
慶應通信のレポートにおけるテキスト理解のマインドセットを教えます。
レポート課題に対する思い違い:レポート課題を正しく理解する方法
慶應通信のレポート課題を正しく理解する方法を教えます。
参考文献が見つからない人へ:レポートに文献を活用するための考え方
慶應通信のレポートに文献を活用するための考え方を教えます。
真っ先に探すべき参考文献とは?:参考文献の探し方と選び方
慶應通信のレポートの参考文献の選び方、使い方について説明します。
他人の文章は分からない:意味不明な参考文献にあたったときの対処法
慶應通信で意味不明な参考文献にあたったときの対処法を教えます。
レポートの合否と文字数の関係:レポートの文字数に関する問題
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
「文献の探し方」を学ぶ:参考文献を探す2つのテクニック
慶應通信のレポートの参考文献を探す2つのテクニックを教えます。
ワンランク上のテーマ設定:「範囲」に対して「切り口」を決める
慶應通信のレポートのワンランク上のテーマ設定を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録