サスペンスドラマ

慶應通信のレポートは何よりも書き方が大切。進め方から仕上げ方までの情報を完全網羅!

レポートの勉強には、「読み書き」という2つの要素がありますが、このうち「書く」作業ばかりが注目されます。確かに「形式」や「考察」といったレポートの主要な要素は、すべて「書き」に関するものです。

 

ただ、印字された文章がすべてのレポートの世界において、実は読み、つまり「読解」の方が圧倒的に大切です。実際のところ、書きの占める重要性は多く見ても3割程度しかなく、レポートのクオリティというものは70%〜80%読解力によって決まります。

 

なぜ読解力がこれほどのウェイトを占めるかと言うと、レポートのベースには科目に関する知識がないといけないからです。そのため、テキスト理解なしには有用な文は1文も書けません。

レポート課題の理解

実際のところ、テキスト理解はレポートの勉強のなかでも、最も地味で時間がかかる作業です。ただ、ここをないがしろにしたらすべて終わります。

 

例えば、テキスト理解は「レポート課題の理解」とも密接に関係しています。テキストの内容を正確に理解できていなければ、「そのレポートでは何が問われているか」について理解できないからです。

 

この状態で何を書いても意味がないので、あなたはまず、テキストの読み込みを重視してください。

 

そのため、自分一人ではどうしても分からないなら、「たぶん」で理解し、一応の仮説を立ててください。たとえそれが間違っていても、ひとまずの理解を固めない限り、真の理解に近づく事すらできないからです。

 

こういった「分かるまで読み、分かってから書く」という小学生でも理解できる常識が欠けていたら、慶應通信のレポートなど一生受かりません。この事実を深い所で理解し、四の五の言わず、テキストをじっくりと読解するようにしてください。

あなたの文章は今まで読んできた文字で形成される

また読解力は、レポートの文章にも大きな影響を及ぼします。

 

読解と作文は表裏一体の関係にあります。読解力の高い人は文章構成も優れていて、文章が優れている人は恵まれた文献に囲まれた人です。

 

また、そもそも文章というものは、その人が今まで読んできた様々な文章をベースとしています。そのため上手な文章を読んでいると、やがてそれが自分の文章のベースになります。

 

最初は表面上の伝染であり、語尾や接続詞の使い方など単語レベルの影響に過ぎませんが、次第に文体や文章構成といった深いところで似てきます。

 

そのため文章がうまくなりたいなら、論理的な文章を読んで、それを自分に憑依させるのが一番の方法なのです。

 

このようなわけで、レポートを書く者は、普段から使う言葉や読むものにまで気を付けることが大切です。あなたが言葉を決めているのと同時に、発した言葉はあなたの思考に影響を及ぼすからです。

関連ページ

テキスト理解のマインドセット
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポート課題を正しく理解する方法
慶應通信のレポートを作る上で、役立つ知識を紹介します。
参考文献の条件
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
テキスト履修要綱の指定参考文献
レポートの参考文献の選び方、使い方について説明します。
課題からテーマ設定する方法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
意味不明な参考文献にあたったときの対処法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
文字数を増やす方法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録