サスペンスドラマ

誰も教えてくれないレポート作りのノウハウを完全網羅

レポート課題を理解することは意外と難しい

多くの人は「レポート課題神話」というものを描いています。それは、レポート課題には必要なことが全部載っていて、字面通り受け取ればよいという思い込みです。

 

しかし実際には、具体的な指示など何も書いていません。レポート課題はかなり不完全な文だと認識するべきで、信頼するのではなく不完全性を補う読み方をしなければなりません。

 

しかしそうとは気づかず、「初見」で課題を正確に理解した気になってしまう人がいます。

 

断言しておきますが、レポート課題の真意は、初見の段階では何も分かりません。

 

課題を正しく認識できるのは、そのレポートを終えた時です。もっと言うと、それが受かったときです。

 

このように、フタを開けてみるまで課題の真意に気付けないのがレポートの特徴なのです。

論理学が難しい理由

それでは、初見の段階から、どのようにして課題の理解を深めていけば良いでしょうか。

 

課題の理解をしたいなら、課題から離れなければなりません。テキスト理解が前提で、その指示が出されているからです。

 

もし仮に知識0の人が課題を読んだら、あくまで日本語としての理解ですよね。しかしそこにある学術用語の意味次第で、課題の持つ意味は色々と変わってきます。

 

だから必ずテキストの内容と照らし合わせ、「テキストの内容から考えて、こういうことが聞かれているのだろう」と推測することが大切です。

 

この作業が抜け落ちると、課題の認識にズレが生じます。

 

特に何度も再提出になってしまう場合は、課題の認識がズレている可能性大です。

 

そういう人は、てっきり文章の方に問題があると思って必死に見直しますが、そこをちょっと修正しても落とされることは目に見えています。文章以前に課題の認識に問題があるわけですから。

 

そういう科目に「論理学」があります。

 

「真理関数理論における正しい推論について説明してください」

 

このような課題が出るのですが、少しこの科目の話をしたいと思います。

 

真理関数理論というものは、論理式が恒真(こうしん)になると正しい推論とみなされます。

 

この「恒真」から一歩踏み込ませることが課題の真意なのですが、多くの人はそれに気づきません。「恒真、恒真!」と浅い議論ばかりしています。

 

それはテキスト理解が足りない事が原因です。このようにテキストを本当に理解しないと、いつまでも必要な記述ができないのです。

 

それに対して、テキスト理解を進めていった人だけ、課題を次のように再定義できます。

 

「恒真となる論理式の構造を分析し、正しい推論となる場合の論理式の特徴を述べよ」

 

「正しい推論と恒真の関係」について述べるのではなく、「なぜ恒真になるか」こそ答えるべきことだと気付くのです。それに気付かない限り、永遠に受かりません。

 

このように課題の認識とテキスト理解は切り離して考えることはできません。課題の理解をどれだけ丁寧に行うかが勝負の分かれ目になのです。

 

レポート課題は往々にして、「不完全」です。重要なことは何も書かれていません。

 

しかし、それを補っていくのがレポートの勉強だという事を認識してください。そういう意味で、課題はレポートが受かったときに、初めて理解できたと言えるのです。

 

 

このほかにもレポートの実践的講義を行っております。卒業できるレポートのノウハウを手に入れる

 

関連ページ

読解力の重要性
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
参考文献についての考え方
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
良い参考文献を選ぶ方法
レポートの参考文献の選び方、使い方について説明します。
課題からテーマを決める
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録