サスペンスドラマ

良いレポートには良い参考文献が必須。参考文献の使い方とは。

レポートの勉強に使った本を参考文献といいます。

 

実際のところ、レポートの質は参考文献によって決まります。

 

私など、良い参考文献を見つけることができた時点で、「合格いただきました・・・。」と内心ほくそ笑んだものです。「文献を見つけられるかどうかが勝負」ということを把握し、良い文献選びをする方法を学んでください。

 

参考文献で重要なことは、「何を読むか」です。
文献はレポートの合否を左右するほど重要なため、「これだ!」と感じる文献に出会うまで徹底的に調査する必要があります。そのため、きちんとした選定基準を持つことが重要です。

 

テキストと指定文献から情報収集をする

 

指定文献とは、「テキスト履修要綱」に掲載されている科目ごとに指定された文献です。指定文献は、レポートを書く上で有用であると大学側が判断した、いわば「第二のテキスト」です。したがって、テキストと指定文献だけで、十分な情報収集ができる場合もあります。

 

しかし問題もあって、専門的すぎて理解できない文献である場合があります。そういった場合、自分の裁量で別の文献を探します。このとき一番重要な選定基準は、読みやすいかどうかです。

 

目次や索引から該当ページをパラパラとめくって、少し読んで判断します。これを繰り返し行い、2・3冊の参考文献を選択します。

 

その際の注意点として、学術本以外参考にしてはいけません。市立図書館でもキーワード検索すれば、何件かはヒットする場合がありますが、基本的に内容が薄く、レポートに活かすことができません。

 

参考文献とはその名の通り、レポートを書く上で、「参考」に値する文献のことを言うので、学術本しか置いていない大学図書館で探すことが、ベストと言えます。こうして参考にした文献は、レポートの最後に文献表を作り、掲載します。

 

科目によりますが、レポートの体裁的に3冊は書きたいところです。一部でも参考にしていれば記載することができるので、課題に関連する箇所を数冊からピックアップすることで、3冊以上を掲載することができます。

 

また、参考文献はほとんどの場合、自分で購入する必要はありません。図書館で閲覧するか、必要な箇所のコピーを取るのが一般的です。その場で理解できても、あとになって再確認したほうが良い場合があるので、レポート勉強にはコピーは必須だと覚えておいてください。

 

通信生は基本的に貸し出し不可ですが、三田メディアセンター設置のコピー機は使用できます。その際、忘れずに裏表紙もコピーしておくようにしてください。文献表を書く際、筆者や出版社などの情報が必要になるためです。

 

無料メルマガによる講義を行っていますので、こちらも利用して、レポートの書き方を学んでください。卒業できるレポートのノウハウを手に入れる

関連ページ

読解力の重要性
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポート課題を正しく理解する方法
慶應通信のレポートを作る上で、役立つ知識を紹介します。
参考文献についての考え方
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
課題からテーマを決める
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録