サスペンスドラマ

慶應通信のレポートは何よりも書き方が大切。進め方から仕上げ方までの情報を完全網羅!

文章というものは、「物語文」と「説明文」に大別できます。これらは読み方(注目する場所)が違います。

 

物語文の代表は、小説です。小説では登場人物の心情を予想する必要があるので、「いい人になって読みなさい」というのがアドバイスになります。

 

それに対して、説明文の答えはすべて本文中にあります。したがって内容と論理構造をきちんと理解し、そのうえで答えを探す事だけ考えます。

 

このうち、学術本は説明文に該当するので、内容理解が重要であることが分かります。そこで私は、個別指導生に対して、「一緒に読む」という原始的な方法によって、慶應通信で生き抜く読解力を鍛えています。

 

慶應通信の読解には、いくつかポイントがあります。

 

ますは、用語の整理です。テキストではよく意味不明の用語が登場しますが、その際別のページから同じ意味で使われている用語を探し、前後の文章をよく読み、用語の概念を推測します。

 

このように不明な用語に対して仮説を立て読み進めることで、最終的に全体の論理が理解できるようになります。そのため、「早く読もう」という気持ちなどは論外です。

 

読解に最も多くの労力を使うことはレポート上達の基本中の基本なので、必要であれば1ページに1時間留まることはザラにあります。それだけ考えれば、ほとんどのことは理解できるからです。

 

結局のところ、読解力とはこういった読み方の問題であって、才能や能力の問題ではありません。古代中国の言葉に「読書100遍 義自ずから見る」というものがありますが、どんなに内容が難しくても繰り返し読めば、必ず真意を理解できます。

 

このようなわけで、文献の内容が分からないというのは、非常にシンプルな理由で、ただ読みが足りないというだけのことなのです。

 

実際にこのような人から話を聞くと、1回しか読んでいないということがほとんどです。それでは分かるものも分からないので、まずは何度も読んでください。すべてはそれからです。

 

このようなマインドセットを理解してもらった上で、読み方のコツを教えます。

 

それは仮説を立て、用語を整理することです。用語を整理したうえで再読すれば、初見とは理解のレベルがまったく変わります。そこからさらに10回読めば、大方理解できます。

 

実際のところ、卒業した私でさえ何度も読まなければ、テキスト内容は理解できません、そのため、これから学ぶ人は「何度も読む」ことをめんどくさがってはいけないのです。

 

慶應通信の読解には、速読などの近道は使えません。そんなものを習得するのに時間を使うくらいなら、目の前の文献を一回でも多く読んでください。

関連ページ

テキスト理解がレポートに及ぼす影響力
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポート課題を正しく理解する方法
慶應通信のレポートを作る上で、役立つ知識を紹介します。
参考文献の条件
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
テキスト履修要綱の指定参考文献
レポートの参考文献の選び方、使い方について説明します。
課題からテーマ設定する方法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
意味不明な参考文献にあたったときの対処法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
文字数を増やす方法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録