サスペンスドラマ

慶應通信のレポートは何よりも書き方が大切。進め方から仕上げ方までの情報を完全網羅!

文章は大きく分けて、物語文と説明文があって、これらは読み方(注目する場所)が違います。

 

物語文の代表は、小説です。登場人物の心情を予想する必要があるので、「いい人になって読みなさい」というのがアドバイスになります。それに対して、説明文の答えはすべて本文中にあります。

 

内容と論理構造をきちんと理解し、そのうえで答えを探す事だけ考えます。学術本はこの説明文になるので、内容理解が重要であることが分かります。

 

そこで私は、個別指導生に対して、「一緒に読む」という原始的な方法によって慶應通信で生き抜く読解力を鍛えています。

 

慶應通信の読解には、いくつかポイントがあります。

 

例えば、用語の整理です。

 

テキストではよく意味不明の用語が登場します。そのときは同じ意味で使われている用語を探し、前後の文章をよく読んで用語の概念を推測します。

 

このように不明な用語に対して仮説を立てて、読み進めることで、最終的に全体の論理が理解できるようになります。

 

だから、早く読もうなんて言うのはもってのほかです。

 

読解に多大な時間を使うことは、レポート上達の基本中の基本であり、必要だと感じれば1頁に1時間留まることはザラにあります。結局のところ、読解力とは読み方の問題であって、才能や能力の問題ではありません。

 

古代中国の言葉で「読書100遍 義自ずから見る」がありますが、どんなに内容が難しくても繰り返し読むという事をすれば、その意味は必ず分かります。そのため、文献の内容が分からないというのは、ただ読みが足りないというだけのことです。

 

よくあるのは、内容が頭に入ってこないという相談ですが、話を聞いてみると数回しか読んでいないということがほとんどです。まずは何度も読んでください、すべてはそれからです。

 

その上で、読み方のコツを利用してください。

 

それは仮説を立て、用語を整理することです。

 

用語を整理したうえで再読すれば、一回目と二回目で感じ方が同じはずはありません。さらに十回読めば、大方理解できます。

 

卒業した私でさえ、何度も読み直し真意を理解しようと努める必要があるのですから、これから学ぶ人は「何度も読む」ことをめんどくさがってはいけません。

 

読解力の向上に近道はありません。今の自分の読解レベルより上の文章を何度も読むなかで養われます。

関連ページ

読解力の重要性
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポート課題を正しく理解する方法
慶應通信のレポートを作る上で、役立つ知識を紹介します。
参考文献についての考え方
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
良い参考文献を選ぶ方法
レポートの参考文献の選び方、使い方について説明します。
課題からテーマを決める
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録