サスペンスドラマ

慶應通信で合格するレポートはきちんと議論をしています。議論となるレポートの書き方とは。

レポートに議論を取り入れる

レポートを書く際に忘れてはいけない気持ちがあります。

 

その気持ちをもって書くと、少なくともそれらしいレポートが完成し、その後のスキルアップも容易になります。

 

サラーっと読んだだけでも、完全にアウトなレポートというものがあって、そういうレポートは漂う雰囲気からして違います。

 

悪い意味で目立ってしまうレポートの特徴を挙げると、

 

序論・本論・結論がなく、一本調子のレポート

 

テキストの劣化版コピーになってしまったレポート

 

議論する気のないレポート

 

などですね。

 

今回見てほしいことは、一番最後の「議論する気のないレポート」です。

 

レポートを書く際には、議論しようとする気持ちを忘れてはいけません。その気持ちさえあれば、一気に文章の雰囲気が変わりますし、正しいレポートの形式にもなります。

 

今回は、この議論という切り口で、受かるレポートの条件を解説していきます。

なぜ人は議論するか

まず議論について説明していきます。

 

議論がなぜ行われるかと言うと、それは何かしらの議題があるからですよね。なんの議題もないのに、議論を開催する人はいません。(笑)

 

さらに細かく言うと、議論に参加する人には、解決したい論点があるはずです。それにモヤモヤし、悩まされているからこそ、わざわざ議論を行ってまで解決しようとするわけです。

 

ここまでが、議論を行ういきさつになります。

 

 

ここまでの議論への理解だけでも、充分レポートに活かせます。

 

レポートにおいては、レポート課題が議題になります。これをレポートの「テーマ」と呼びます。

 

また、議論において解決したい論点ですが、ここがブレたら議論は終わります。

 

レポートにおいても、問いをうまく設定できれば、書くべきことは自然と見えてきます。どうやって問いを明確にするかと言うと、レポート課題を一言の疑問に直すことです。

 

そうすることで、レポートにおける問題意識を定めることができます。この疑問文は、レポートの「問い」と呼ばれるものです。

 

 

このように議論を引き合いに出すことで、レポートにはテーマと問いが必須であることを理解して頂けたと思います。

 

これらは自分の中で明確にすることはもちろん、読み手とも共有する必要があります。だから、レポートの中にそれらを明記しなければなりません。

 

どこに書くと一番良いかは、議論をイメージするだけで分かります。

 

どう考えても、最初ですよね。最初に知らせておかなければ、読み手になんの情報も与え、会議に出席させることになります。(笑)

 

このようなわけで、序論にはテーマと問いを明確してください。

 

序論には書き手と読み手の意志を確認し、議論の準備という超重要な役割があるのです。

議論の目的とレポートのゴール

それではいよいよ、実際の議論の方法に入ります。

 

議論は何より、論理的である必要があります。客観的な推論によって、全員の納得を目指します。

 

そのためには、反対意見に耳を傾けることも重要です。反対意見を説き伏せることで、議論がより深まるからです。

 

レポートを書く際も、こういった議論する気持ちを忘れてはいけません。その気持ちを持つだけで、展開に大きな変化が現れますよ。

 

どう変化するかと言うと、読み手に取って分かりやすく、説得力のある文章を書こうという気が起こります。根拠を述べるために引用を用いたり、議論を深める目的であえて反論を用意したりします。

 

次に、「節」の重要性が理解できます。節があれば、課題の要件を過不足なく説明できますし、多角的に論じることができます。

 

だから良い議論をしようと思ったら、節を作らずに一本調子で述べてしまおうなんて発想は、絶対にないわけです。

 

 

このような議論の結果として、「答え」を出さなければなりません。

 

国会でも会期中に結論がまとまらならなかったら、再度議会を開いて、とにかく答えを出しますよね。議論の究極的な目的が答えを出すことなのです。

 

レポートを作る際も、この考え方は全く同じです。

 

序論の問いに対して答えを出すところまでが一連の流れです。これを意識しないで作ったレポートは、「だから何?」という感想を持たれてお終いです。(笑)

 

だって、読み手は答えを知りたいわけです。答えへの筋道を長々と読んできたのに、最後が曖昧だったり、そもそも書かれていなかったりすると、読んでいる方は途方に暮れてしまいます。

 

このようなわけで、レポートでは答えを出すことが超重要です。その答えは結論に書きます。

 

レポートにおける結論の役割を取り違えていると、議論をしていることにはならないので、その時点ではじかれてしまいます。

関連ページ

レポートがレポートであるための最低条件
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録