サスペンスドラマ

慶應通信のレポートは何よりも書き方が大切。進め方から仕上げ方までの情報を完全網羅!

慶應通信を攻略するには、特別なノウハウが必要です。

 

ただ、中学受験のように特殊な解法が必要なわけではありません。また、大学受験のように厳しい競争に勝つ必要もありません。

 

慶應通信を卒業するには、あなたが今までに行ってきたごく普通の勉強を応用させるだけで十分です。今回はいくつかの重要なことに焦点を当て、勉強のポイントについて解説していきます。

テキスト理解

勉強を始めたばかりの人が陥りがちな失敗例として、テキストや参考文献の読み方が間違っていることが挙げられます。

 

実際に慶應通信の文献はかなり難しいので、初学者はなかなか理解ができません。しかし問題の本質はそこではなく、むしろ読み方にあります。

 

レポート初学者ほど文献内容を文章全体として理解しようとします。ただ文章というものは、長くなればなるほど、完全に理解する難易度は上がります。

 

1段落よりは1節、1節よりは1章の方が、自分の分からない文章に出会う確率が増えることから、これは明らかです。そこで、文章全体をまとめて理解しようと考えるのではなく、1文1文切り離して考えてみたらどうでしょうか。

 

実際に、どんなに難解な文章でも、読点(。)から読点までの「1文」すら理解できないという事はありません。1文であれば、誰でも理解できます。

 

そして、文章とはこういった文の集合に過ぎません。そのため、「文が理解できるのに文章が理解できない」という事はあり得ないのです。

 

このようなわけで、「1文1文に対して、きちんと立ち止まって読む」という事をすれば、どんな難解な文章でも理解できるようになります。

要約力

次に、要約の重要性について説明します。上述の通り、レポートはテキスト理解がベースになります。そのため、テキスト内容を要約する力は特に重要です。

 

こと要約に関しては、「テキスト文章は完璧なので、自分で削るなんてできない」という悩みが圧倒的多数です。ただこの悩みは、論述を生業とする慶通生としては致命的にレベルが低いものなので、直ちに修正しなければなりません。

 

まず、「完璧」という概念は、時と場合によって変化します。

 

ある文献の内容を詳しく知りたい人にとっては、長く詳述された文章が「完璧」な文章です。一方、「おおまかな内容を知りたい」という人にとっては、長い文章は迷惑でしかありません。

 

それでは、レポートにおける要約には、何が求められているでしょうか。それは、要点だけを短くまとめることです。このように考えると、細部まで詳述された文献は、まったくもって完璧な文章ではないという事が分かります。

 

まずは、テキストが完璧であるという思い込みを捨ててください。そして、「完璧なところから消す」と窮屈に考えるのではなく、「短い文章こそ完璧である」の方へ思考を転換しなくてはいけません。

関連ページ

レポートを書く時の気持ち
レポートを理解するには、議論の仕方を勉強するのが一番です。このページでは、レポートと議論の類似点を説明します。
レポートにおける引用の意義
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
自分なりの「受かる型」を掴む
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
論理的でなければ主婦のおしゃべりと同じ
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポートと作文の違い
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
慶應通信のレポートの常識はずれな真実
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポートの中の仮想の話相手とは
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
説明と論述の違い
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
学問としてのレポート
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
節の機能
レポートの節立ての仕方を説明します。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録