サスペンスドラマ

慶應通信のレポートは何よりも書き方が大切。進め方から仕上げ方までの情報を完全網羅!

レポートで議論する

レポートを勉強していくことは、学問することと同じです。学問とは、知識を学び、そこから問題提起をして、解決していくという過程を重視した勉強になります。

 

ちなみにこれは、議論することと形式上は同じです。議論には議題があり、論点があり、議決があります。論点は論じる価値のあるものでなければならず、結論は皆を納得させる説得力が必要です。

 

レポートについてもこのように捉えることで、以下の要素が必須であることが分かります。

 

〇問いと答え

 

〇テキスト理解

 

〇根拠のある意見

 

まず、問いと答えの存在は必須です。これらがないと、レポートは学問ではなくなり、そもそも論述として認められません。そのためレポートの流れは、「問いを発し、議論を経て、解決に至る」が原則です。

 

こういった形式は「序論・本論・結論」の役割と関係しているため、丸暗記するのではなく、きちんと意味合いを理解したうえで覚えて下さい。

 

次に、学問には「学ぶ+問う」という2つの過程があります。そこで、レポートもこれに対応して2段階の展開があることが分かります。

 

それは「テキスト理解→考察」です。テキストの内容を自分の言葉で説明した上で、適切な問いを立てて、答えを出します。

 

最後に、自分の意見です。議論とは言い換えれば根拠のある者通しの対話なので、レポートでは双方向のコミュニケーションを意識しなければなりません。

 

例えば、テキストの丸写しのようなレポートでは、コミュニケーションは一方通行です。また、テキストを無視して自分の思ったことを述べるだけのレポートでも同じく一方通行です。

 

コミュニケーションが双方向というのは、きちんとテキスト内容を反映させて、そのうえで自分なりの答えを出すことを意味します。こうした原理原則に忠実に書く事で、今までの勉強のどこが悪かったかに気づき、目の前のやるべきことが明確になります。

説明と論述の違い

大学教育の目的は「学問」です。「学んで、問う」という要素は、レポートの中にも取り入れる必要があります。この考え方ができていると、レポートは一気に上達します。

 

ただレポート課題によっては、答えを出すのに困ってしまう場合もあります。

 

例えば、「〜について説明せよ」という課題です。このような課題では、答えを出すことではなく、テーマについて説明することが求められています。

 

そのため、無理に答えを出すのではなく、テーマについて広く説明すれば良いのです。これを「説明型レポート」と呼び、「テキスト理解」のアピールに終始するレポートです。

 

一方、「〜について自由に論じなさい」という課題では、最終的な「答え」が必須になります。テーマについて議論することで、その結果としての答えが存在するからです。これを「論述型レポート」と呼び、「テキスト理解→考察」という流れになります。

 

自分のレポートの要件が単なる説明か、それとも答えを出すことかは、レポート課題を見れば分かります。一口にレポートと言っても内容的に全く別物が存在するため、終着点だけは絶対に外してはいけません。

関連ページ

レポートを書く時の気持ち
レポートを理解するには、議論の仕方を勉強するのが一番です。このページでは、レポートと議論の類似点を説明します。
レポートにおける引用の意義
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
自分なりの「受かる型」を掴む
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポート初学者が陥りがちな罠
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
論理的でなければ主婦のおしゃべりと同じ
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポートと作文の違い
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
慶應通信のレポートの常識はずれな真実
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポートの中の仮想の話相手とは
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
説明と論述の違い
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
節の機能
レポートの節立ての仕方を説明します。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録