サスペンスドラマ

レポートとは対話。話題と論点が必要。

レポートと作文の違い

レポートを初めて勉強する人は、まず最初にレポートでやってはいけないことから学ぶとよいでしょう。

 

レポートの作文化

 

レポートが作文になってしまうのは、レポートに対する認識から正していく必要があります。もし自分のレポートが作文の域を抜けていないと思ったら、次の事を頭に入れてください。

 

レポートとは対話である

 

レポートが学問である以上、公共性を持った対話になっていなければなりません。
公共性というと難しく聞こえますが、要は根拠のある対話です。レポートでは根拠のない事を書いたり、本の丸写しはNGです。それらは一方通行のコミュニケーションだからです。

 

コミュニケーションに双方向性があるか、一方通行かという点がレポートと作文との根本的な違いです。

教授に求められるレポート像

レポートは公共性を持った対話であると言う話をしました。
この点について、今回はもう少し具体的に説明します。

 

対話というのは、相手の意見を聞くだけではダメで、返事として自分の意見がなければなりません。
これが対話の構造です。

 

レポートの場合、テキストの内容を的確にまとめ、その上で設問に答えていくという事になります。
ところで「設問」とは何でしょうか?
このことについて、正しく把握している人が意外と少ないので、説明していきます。

 

問いとその答えがなければレポートではない

 

問いを明確にしなければ、そもそも議論として成り立ちません。論点のないディベートなど存在しないように、レポートでも論じていく疑問が必ず存在します。そしてこのように問いと解答があるからこそ、レポートが対話になるのです。

常識外れの真実

レポートは他者によって決められたテーマについて書くものと思っている人が多いです。しかしその認識は慶應通信で学問するうえで足かせにしかなりません。
ここで常識外れな真実を言います。

 

テーマは自分で決める

 

「レポート課題があるのに?」と思った方は用語の確認をしておきましょう。課題は確かに決まっています。これを勝手に変えてはだめです。私が自由に変えるのは課題ではなく、テーマの方です。
課題とテーマの違いは次のようになります。

 

 

イメージできたでしょうか。広い課題を絞り狭いテーマを作ります。このことを知らないと次のような課題の前では間違いなく沈みます。

 

「江戸時代の農民について述べなさい。」

 

「江戸時代の農民」では意味が広すぎてすべてを論じることはできません。そこで思考停止しまうのです。

 

しかし答えは簡単で、範囲を絞れば良いのです。課題の中のこの部分に焦点を当てて論じると最初に断わります。
「勝手にそんなことしていいの?」と思うかもしれませんが、この積極性・独創性あってこそ学問と認められます。これは誰も教えてくれませんが、卒業生はみなやっていることです。
皆さんもぜひ取り入れて、ワンランク上のレポートにしてください。

 

無料メルマガによる講義を行っていますので、こちらも利用して、レポートの書き方を学んでください。卒業できるレポートのノウハウを手に入れる

関連ページ

議論になっていると受かる
レポートを理解するには、議論の仕方を勉強するのが一番です。このページでは、レポートと議論の類似点を説明します。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録