サスペンスドラマ

レポートとは対話。話題と論点が必要。

レポートと作文の違い

レポートを初めて勉強する人は、まず最初に「レポートではやってはいけない」ことを把握すると、その後のスキルアップに役立ちます。

 

これにはまず、「レポートの作文化」が挙げられます。

 

レポートと作文の区別が付かないというのは、レポート初学者が決まって遭遇する最初の壁です。両者の間には様々な違いがありますが、根本的には対話形式であるかどうかという点が大きな違いになります。

 

レポートが学問である以上、根拠のある者通しの対話になっていなければなりません。そのためレポートで根拠のない事を述べたり、逆に自分の意見を一切述べずに文献を丸写しするといった行為はNGです。

 

それらは一方通行のコミュニケーションであり、対話ではないからです。

 

このようにコミュニケーションに双方向性があるか一方通行かという点が、レポートと作文との根本的な違いになります。

教授に求められるレポート像

レポートは根拠のある者通しの対話です。この点について、もう少し具体的に説明します。

 

対話というのは、相手の意見を聞いたうえで、必ず自分の意見を述べなければなりません。

 

このことをレポートで再現すると、テキストの内容を的確にまとめたうえで、自分なりの意見を交えて論じていくという事になります。このとき、何について論じるかという論点の存在が浮上します。

 

これはレポートにおいて「問い」と呼ばれます。

 

考えてみれば当たり前ですが、問いを明確にしなければ、そもそも対話は成り立ちません。この問いに答えることが、レポートで対話を行うという事であり、作文との違いになります。

関連ページ

レポートを書く時の気持ち
レポートを理解するには、議論の仕方を勉強するのが一番です。このページでは、レポートと議論の類似点を説明します。
レポートにおける引用の意義
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
自分なりの「受かる型」を掴む
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポート初学者が陥りがちな罠
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
論理的でなければ主婦のおしゃべりと同じ
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
慶應通信のレポートの常識はずれな真実
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポートの中の仮想の話相手とは
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
説明と論述の違い
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
学問としてのレポート
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
節の機能
レポートの節立ての仕方を説明します。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録