サスペンスドラマ

慶應通信には受かりやすいレポートがあります。それが説明型レポート。説明型レポートとは・・・。

レポートには2つの要件があります。

 

1つは説明、もう1つは論述です。このうち、論述を要件とするレポートを「論述型レポート」と呼びます。

 

論述型レポートでは、具体的な問題に対して論じ、答えを出します。

 

答えを出すために必要なものは、何と言っても「問い」です。問いがなければ、答えは出ません。

 

そこで、まず問いを設定し、自分の問題意識を明確にします。この自ら「問う」という過程が、論述の最大の特徴であり、論述こそが学問と言える所以なのです。

 

ここで、何を問うかですが、基本的にレポート課題から設定することができます。

 

例えば、「小説を読んで、あなたが興味を持ったテーマについて具体的に論じなさい」という課題があります。このとき、あなたが読んだ小説が恋愛小説であれば、「登場人物がとても苦しんでいるな」という感想を持つところから、「登場人物はなぜ苦しんだのか」という疑問が湧きます。

 

これが、問いです。一度問いを立てたら、あとはそれに答えを出すべく、論じていけば良いのです。

 

問いを立てる際のコツは、「疑問文」の形にすることです。例えば、「登場人物の苦悩」より、「登場人物は恋愛のうち、どのような要素に最も苦しんだか?」とした方が、それに答えを出すべく自然と脳は回転します。

 

論述型レポートではこのような頭の使い方をするため、同じレポートでも説明型レポートとは全く異なります。初めに、レポートの要件を把握しなければならない理由には、このような事情があります。

 

基本的に、説明型レポートは総合科目、論述型レポートは総合科目に多く属しますが、課題を見た瞬間、何が要件か考える癖をつけることは、とても重要です。

関連ページ

論述型レポートの形式と役割
比較的易しいレポートの書き方です。
節の作り方
レポートの節立ての仕方を説明します。
問いの設置
比較的易しいレポートの書き方です。
分析的なテーマ設定
比較的易しいレポートの書き方です。
考察と感想の違い
比較的易しいレポートの書き方です。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録