サスペンスドラマ

慶應通信としてのアイデンティティの保ち方

慶應通信に存在するアンチの主張

あなたは、「通信教育課程」という言葉に対して、どのようなイメージを持っていますか。

 

最近では「通信教育」に対する認知も広まってきましたが、依然として差別的な見方も存在します。特に、「慶應生」や「慶應卒」といったブランド力を持つとなると、当然アンチも存在します。

 

こういった人たちは、「慶應通信を卒業しても、並の4大の評価すら受けられない」とか「自分が通信にいたことは、一生記憶に残る」などと、意味不明なことを言っています。

 

ただ、彼らの正体は慶應通信を卒業できなかった人です。自分が卒業できなかったことの僻みでしかないので、あなたは気にしてはいけません。

 

実際に、慶應通信の学位記や卒業証明書には、「通信」の文字はありません。完全に、通学生のものと同一です。その証拠として、私の学位記をお見せします。

 

「慶應通信を卒業したら、通学生と同じ学力がつくのかな…」

この言葉は、友人が呟いていたものです。このことは、私にとって最後まで重要なテーマでした。

 

私は入学当初、慶應通信の入学のしやすさに、とにかく驚いていました。

 

同時に、「講義も一切ないのに、大学生と名乗ってよいのか」という疑念を強く持っていました。また、仮に卒業できても、正規の慶應卒として認められるかも不安でした。

 

実際のところ、慶應通信のカリキュラムはかなり特殊です。基本的に、「レポートを書く」という勉強を繰り返しますが、このことと「慶應卒」との関連が全く見えなかったのです。

 

そのため、どうしてもレポートに対して前向きに取り組むことができませんでした。

 

ただ、レポートには慶應義塾の学問のすべてが詰まっています。きちんとレポートに取り組むだけで、慶應卒として求められる能力が身につくので、心配せず取り組んでください。

慶應通信では生涯生きる分析力が身につく

「レポート」という勉強は、大学生が学問をするための最適な勉強です。同時に、最も厳しい学びのスタイルと言えます。これに何年間も揉まれることで、慶通生は通学生に身につかない能力が育まれます。

 

それは読解力と作文力に加え、生涯活きる「分析力」だと言えます。

 

慶通生は目の前の1単位を、知識ゼロの状態からすべて自分で履修しないといけません。これは慶通生の日常なので、通学課程の大学生とは比べものにならないほど、ある事実から物事を推測する力が鍛えられます。?

 

ただこれは、慶通生であれば無条件に育まれるものでもありません。

 

例えば、スクーリングや講師派遣に出席しても、この力は育まれません。そのため、せっかく慶應通信に在籍しているのに、これらに躍起になるというのは、非常にもったいないことだと言えます。

 

一方レポートは、慶通生だけが受容できる学びです。入試問題より圧倒的に難しい側面があるので、卒業後は名実共に慶應卒になれるのです。

関連ページ

慶通生という特殊なアイデンティティ
正しいマインドセットを持つことから始まります。
慶應通信における仲間作りの重要性
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
卒業するだけで社会的地位が向上するのは慶應だけ
慶應義塾通信教育課程の卒業生が教える、大学の通信教育過程のレポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
大学を「通信教育」にするメリット
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
慶應義塾大学のレベルと慶應卒の価値
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
私と慶應通信の出会い
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
慶應通信で慶應卒の学力が身につくか
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
通信生と通学生の勉強内容の違い
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
現代に残された学歴アメリカン・ドリーム
慶應義塾大学通信教育課程の卒業生が、自身のレポートを公開しながら、卒業するノウハウを全公開したポータルサイトです。レポートの書き方は全国共通なため、慶應通信だけでなく、すべての通信教育課程の方を卒業へと導きます。
社会にそのまま活かせる唯一の勉強
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
賢くなるための勉強ができる
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録