慶應通信のレポートの書き方:テーマと問いの違い

卒業できるレポートのノウハウをすべて無料メルマガにて授けます

レポート課題は問題ではない

レポートには、「テーマ」「問い」という2つの要素があります。これらの共通点は、レポート課題から自分自身で設定し、レポートの方向性を決めるという点にあります。

 

なかには、「テーマ」「問い」を決めずにレポートを書き始める人がいますが、これではレポート課題に答えることはできません。

 

レポート課題は「問題」ではなく、指示だからです。

 

レポート課題とはあくまで「問題を設定せよ」という指示なので、これに気付かずレポートを書くことは、問題がない状態で問題を解こうとしているのと同じです。必然的に漠然とした内容となり、答えを出すことができません。

 

このようにして、結論がないレポートが生まれるのです。

 

これについて例を挙げて説明します。

 

「江戸時代の農民について自由に論じなさい。」というレポート課題があるとします。

 

この課題には、具体的な問題は載っていません。むしろ、「江戸時代の農民について、自分自身で適切なテーマを設定せよ」という指示が含まれています。

 

そのため、そのままでは扱うことができません。そこで必要になるのが、テーマと問いです。

レポートはテーマに加えて、問いが必須である

テーマと問いはレポートの最初の段階で設定するという点で共通しているので、どうしても混同しがちです。

 

ただ、レポートの具体的な内容を決める点で違いがあるので、両者の役割の違いを認識することが大切です。

 

先ほどの「江戸時代の農民について自由に論じなさい。」というレポート課題では、論じる範囲が広すぎて、レポートを書き始めることができません。

 

そこで、この課題のうち自分がレポートで扱う内容を限定します。

 

これがテーマ設定です。テーマは「〜について」という形で明記しましょう。

 

例えば、「江戸時代の農民の衣食住について」というテーマを設定すれば、論じる範囲はかなり限定されます。これにより、レポート内容がイメージしやすくなり、必要な勉強内容も判断できるようになりるのです。

 

さて、「江戸時代の農民の衣食住について」というテーマは決まりましたが、これだけでレポートを書くことができるでしょうか。

 

おそらく「論点が分からない。」「何を解決すれば良いか分からない。」という壁に突き当たります。

 

なぜなら、テーマは論じる範囲であり、具体的な論点までは教えてくれないからです。

 

そこで、論点を明確にして結論を出す必要があります。つまり、「答えを出すために必要なものは何か?」という話になります。

 

それが、「問い」です。

 

このようにレポートはテーマだけでは書けません。テーマに加えて、問いが必須なのです。

テーマから問いを作る方法

テーマ設定後、問いを設置し、答えを出せるようにしておきます。

 

問いはテーマから設定します。テーマの範囲内であれば、自由に決めることができます。

 

これについても、例を挙げて説明します。

 

先ほどの「江戸時代の農民の衣食住について」というテーマのもと、問いを立てます。どのような問いを設置するかによって、レポートの方向性は大きく決まります。

 

このように言うと難しそうですが、考え方は非常にシンプルです。

 

疑問文を作れば、必然的に問いになるからです。

 

例えば、「江戸時代の農民の衣食住は、平常時と祭事ではどのような違いがみられるか。」と、テーマを疑問文にするだけでも、問いとして認められます。

 

また、少し難易度を挙げて、「江戸時代の農民の衣食住の変遷の歴史は、どのようなものであったか。」という問いでも問題ありません。

 

このように、1つのテーマに対して、問いは無数に考えられます。その分答えも存在しますが、テキスト内容を踏まえて考察を加えられていれば、問題なく合格できます。

 

この答えこそ、レポートの結論です。

 

テーマと問いの必要性、違い、関係性について理解できたでしょうか?

 

両者の役割は似ていますが、問いに答えることで結論を出し、それをもってテーマについて論じるという関係があるのです。

関連ページ

構成が分かりやすいレポートの特徴:章と節の基礎知識
レポートの章や節の基礎知識を説明します。
調べた内容がすべて重要に思える人へ:レポート構成をイメージする節立て
節立てによるレポートのイメージ付けについて教えます。
レポート構成の黄金比:「序論、本論、結論」の分量と目的
慶應通信のレポートにおける「序論、本論、結論」の分量と目的を教えます。
レポートによる議論の実例:「序論、本論、結論」が論述に果たす役割
論述を可能にする「序論、本論、結論」の形式を教えます。
論理的な文章の裏側にあるもの:レポートにおける述べる順序の重要性
慶應通信のレポートにおける述べる順序の重要性を教えます。
レポートの難易度を決める問い:レポートの根幹にある2つの形式
慶應通信のレポートの形式で守るべき2つのルールを教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 無料メルマガ講義