サスペンスドラマ

慶應通信のレポートは何よりも書き方が大切。進め方から仕上げ方までの情報を完全網羅!

レポートの質を上げるためには、基本に忠実に書くことが大切です。これは、「レポートの形式を守る」ということと同じ意味です。

 

レポートを書くときは、序論や結論を本論からきちんと区別します。この区別の仕方は、丸暗記するのではなく、序論・本論・結論の役割を理解することで、誰でも間違えることなくできるようになります。

 

このページでは、序論・本論・結論で書くべき項目について解説していきます。

序論-本論-結論に分ける

良いレポートには「ある特徴」があります。それは、正しい構成をしていることです。

 

実際に慶應通信の教授は、「目次を見ただけでレポートの質が分かる」と言っていました。その意味において、序論と結論はとても大きな役割を果たします。

50m走をイメージする

レポートの形式を学ぶ際、50m走を例に考えると、理解が進みます。

 

50m走には、スタートラインとゴールラインがあります。その間が、あなたが走っている時間です。

 

このとき、もしもスタートラインが無ければ、走ることができませんし、ゴールテープを切ることもできません。このようにすべての物事には、「開始」と「終了」という2つタイミングが存在します。

 

レポートでは、この開始が「序論」になります。序論でスタートを切った後は、実際に文章を進めます。

 

これが本論です。このとき、どこに向かって走るかは決まっています。ゴールテープです。

 

この最終的な到達点は、レポートでは結論と呼ばれます。

 

このようなわけで、序論はレポートのスタート地点であり、結論はゴールだと考えてください。

 

さてスタート地点では、これからレポートを展開するための準備として、やらなければならないことがあります。

 

それは、問いの明記です。レポートの文章は問いから始まるので、このステップは非常に重要です。

 

問いを掲げた後は、それを解決すべく本論を展開します。こうして十分議論した結果、何かしらの答えを得ることが、結論を導くということです。

 

このようなわけで、序論には問い、本論では議論、結論には解答が明記されます。レポートの「結論を出す」というのは、序論の問いに対して、答えを出すことなのです。

 

このように「どこで何をするか」を把握した上で展開すれば、レポートの質はグッと上がります。

関連ページ

章と節の基礎知識
レポートの章や節の立て方を説明します。
節立ての方法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
序論・本論・結論の役割
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
他の文章とレポートの違い
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録