慶應通信のレポート:レポートにおける述べる順序の重要性

卒業できるレポートのノウハウをすべて無料メルマガにて授けます

レポートは述べる順序も大切

レポート初学者の特徴として、形式を軽視するということがあります。形式が整っていなくても、内容が良ければ合格できるので問題ないと考えています。

 

ただ、この認識は間違っています。

 

レポートは何を述べるかだけでなく、どのような順序で述べるかが重要だからです。

 

実際に、科目の知識が同じだけあった場合、レポートの形式を知っているかどうかで、次のような違いが出ます。

 

レポートの形式を守らない人は、何の前置きもなく突然文章を始めます。そのため、読み手は雑多な情報が脈絡なく混在している印象を受けます。

 

一方、きちんと形式を守る人は、どこで何をするかを明確にします。そのため、読み手は細部に至るまで書き手の意図を理解することができます。

 

当たり前ですが、合格できる可能性が高いのは後者です。

 

これは「述べる順序」の違いだと言えます。レポートの形式を守ることで「述べる順序」が矯正され、読み手に評価される文章に生まれ変わるのです。

50m走をイメージして、レポートの形式を理解する

レポートの形式を理解する際、50m走を考えると理解が進みます。

 

50m走には、スタートラインとゴールテープがあります。もしスタートラインがなければ走ることができませんし、ゴールテープを切ることもできません。

 

このように物事には、「開始」と「終了」という2つタイミングが存在します。

 

レポートでも同じです。前置きなく書き進めるのではなく、開始と終了のタイミングを明確にする必要があります。

 

レポートで開始にあたるのが「序論」です。序論がなければ本論もないので、突然本論が始まるレポートは間違いだと分かります。

 

序論でスタートを切ったら、実際に文章を進めます。

 

これが「本論」です。本論が向かう先は決まっています。

 

ゴールです。この最終的な到達点は、レポートでは「結論」となります。

 

このようなわけで、序論でレポートを始め、本論を経て、結論で終わらせるという基本的な構成を覚えてください。

論理的な文章作成に必要な思考

それでは、レポートの形式を守ることで、どのように「述べる順序」が矯正されるかを説明します。

 

先ほど、序論はスタートラインだと言いました。したがって、序論ではレポートを展開するための準備が必要になります。

 

それが、問いの設置です。レポートの文章は問いから始まるので、序論に忘れずに明記してください。

 

問いが決まったら、それを解決するために本論を展開します。答えを出すために必要な過程を考え、それらを順序良く並べます。

 

これが節です。節には2種類あり、説明節ではテキスト理解を示し、考察節では答えを出しましょう。

 

このように最初に理論の概要を説明し、その後個別的な事例を解説することで、論理的な文章となります。

 

本論で答えが出たからと言って、レポートは終わりではありません。あくまで、結論がゴールテープだからです。

 

結論では、レポートを終わらせるために、問いに答える必要があります。

 

その際、本論にない内容を述べてはいけません。最後の最後で新しい情報を出すのは論理的とは言えず、読み手にとっても不誠実だからです。

 

そのため、結論では本論で出た答えを再度記述するのが正しい形です。

 

このように、レポートでは序論で問い、本論で議論し、結論で解答します。その中でも文章の順序を意識することで、読み手に理解されやすくなり、合格できる可能性が上がります。

関連ページ

構成が分かりやすいレポートの特徴:章と節の基礎知識
レポートの章や節の基礎知識を説明します。
調べた内容がすべて重要に思える人へ:レポート構成をイメージする節立て
節立てによるレポートのイメージ付けについて教えます。
レポート構成の黄金比:「序論、本論、結論」の分量と目的
慶應通信のレポートにおける「序論、本論、結論」の分量と目的を教えます。
レポートによる議論の実例:「序論、本論、結論」が論述に果たす役割
論述を可能にする「序論、本論、結論」の形式を教えます。
レポートの難易度を決める問い:レポートの根幹にある2つの形式
慶應通信のレポートの形式で守るべき2つのルールを教えます。
テーマと問いは何が違うのか?:レポートにおける必要性と関係性
慶應通信のレポートにおけるテーマと問いの違いを教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 無料メルマガ講義