サスペンスドラマ

レポートの序論、本論、結論では具体的に何を書くか。序論と結論の役割とは

レポートの究極的な目的とは

よくレポートの書き方に関する本が出ていますが、読んでみると意外と難しいことが分かります。書いてある事を全部守って書くのは大変そうだな・・・と思ってしまいますよね。
しかし実際には全部読む必要はなく、一部だけマスターすればレポート合格には十分すぎるほどです。そのなかでも一番必要なことは次のことです。

 

問い‐解答がある

 

序論‐本論‐結論の形になっている

 

この2点さえ守っていれば、どんなレポートも一気に合格ラインに近づきます!
まず序論-本論-結論の3段構成にします。これはレポートが学術論文であるための最低限のルールです。当然これだけで受かるというわけではありません。それどころか形式を守ろうとするばかり、それぞれの場所でどんなことを書けばよいか分からず、余計に難しく感じてしまう事もあります。

 

しかしどんなレポートにも魔法の様な力を与えるものがあります。

 

それが問い‐解答です.。

 

レポートの課題は抽象的なものが多いので、そこからレポートのテーマを絞り込むことの重要性はお話ししましたね。次に、このテーマを解決するための「問い」を考えるのです。課題からテーマを絞り込む力、その中での問題発見力が、レポートでは必須になります。レポートの中には必ず一つの大きな問いが横たわっており、レポート全体でその問いを解決していく、と思ってください。問い‐解答のポイントも含めて、レポートの形式を勉強していきましょう。

レポートの分量を学ぼう

それではまず、レポートの全体のバランスを勉強していきましょう。

 

序論

全体の10%以内

 

本論

全体の80%以上

 

結論

全体の10〜20%程度

 

 

ちなみに全体の分量は、1単位につき1000文字が目安です。

 

2単位科目の場合、2000文字程度で仕上げる事になるので、序論で100文字、本論で1700文字、結論で200文字程度にまとめましょう。
このようにして見ると、本論が圧倒的量を占めていることが分かります。これが本論が理解を説明したり、考察を加えたりと、まさにレポートの中核を担う部分だからです。

 

それでは序論と結論の役割はなんでしょうか。ここでしっかりと序論‐本論‐結論がレポートで果たす役割を勉強しておきましょう。

序論の役割

序論の役割は、これからどんな事について、どんな方法で説明していくかを宣言しておくことです。

 

そこで序論で書くべきことは次の3つです。

 

テーマ
問い
本論の予告

 

テーマを導入から説明します。
レポート課題からテーマを決めていきます。テーマは課題に書いてあるとは限りません。多くの場合、課題から自分でテーマを設定します。
この作業には、レポート内で扱う領域を限定するという意味合いがあります。

 

領域の限定と難しく聞こえるので、対話に置き換えて考えてみましょう。
対話の相手が、何の話をしているか分からないとき、「何についての話」なのかをまず確認しますよね。

 

レポートのテーマというものは、この話題に相当します。

 

レポートが対話である以上、これは最初にはっきりさせなくてはなりません。「〜について」の形で書いてください。

 

 

しかしながら、テーマだけでは序論として不十分です。
なぜならテーマを決めただけでは、論じる領域を設定したに過ぎないからです。そのまま論じていくと、必ずと言っていいほど内容が拡散します。そして何が言いたいか分からないレポートになってしまう恐れがあります。

 

このようなことを防ぐために、テーマに対する問いを立てましょう。この問いこそレポートの論点です。「〜なのだろうか」という疑問文で書きましょう。

 

序論の最後に本論の展開や問いのアプローチ方法について簡単に紹介しておきます。本の「目次」のような役割を果たします。本論がどうの展開していくかについて、「第1節では〜、・・・について述べていく。」と簡単にまとめておきます。

 

以上3点を守ることで、レポート全体の方向性を示す序論の完成です。

本論の役割

本論は議論をする場です。論点は序論で立てた問いになります。本論はレポートの中核をなす部分であり、本論の内容で合否が決まります。

 

本論の内容として絶対に欠かせないものは、次の2点です。

 

テキストの理解

 

自分なりの考察

 

本論は議論をする場所といいましたが、議論の進行はシンプルそのものに進行します。基本的に、説明→考察→まとめという流れです。

 

説明や考察では当然字数を使うため、それぞれ800文字くらいの量になります。そこで内容で区切る必要が出てきます。このようなときレポートでは「節」で区切ります。節は結論を出すためのスモールステップとして機能し、本論はいくつもの節から構成されます。

 

例えば、説明(1〜3節)→考察(4節)→まとめ(5節)というように、節を読み進める事でジワリジワリと解答に近づいていくのが読みやすい本論の特徴です。

 

節立ての際は、段落を変えて「第一節:タイトル名」のように書きます。

結論の役割

「結論では何を書けばいいのか分からない」という声をよく耳にします。
これは非常に共感できる悩みです。

 

よくある勘違いとして、

 

本論の要点の「まとめ」

 

感想を述べる「おわりに」

 

これらと「結論」がどう違うのかよくわからず、何を書くべきかしっくくりこないのです。しかしその分正しく書けていると、大変きちんと内容を理解していることが伝わります。

 

ですから、ここで結論について勉強しておきましょう。

 

結論と序論は鏡合わせの存在です。序論で立てた問いの答えを結論で書きます。具体的には次の2つのことをします。

 

本論のまとめ

 

結論を明記

 

本論のまとめとはレポートのスタート地点からゴールまでの歩みを振り返ることです。本論の要点をまとめるのに徹し、新しいことを言ってはいけません。

 

書き方としては、序論と同じく簡単で大丈夫です。

 

@当レポートのテーマを解決するために・・・という問いを立てた
Aこの問いを解決するために、本論では第1節で〜、第2節で・・・を述べてきた
B結論を明記する

 

結論とは序論で立てた問いの答えです。この部分が序論の問いと並んで、レポート内で最も大切です。

 

無料メルマガによる講義を行っていますので、こちらも利用して、レポートの書き方を学んでください。卒業できるレポートのノウハウを手に入れる

関連ページ

節や章についての考え方
レポートの章や節の立て方を説明します。
レポートの形式
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録