サスペンスドラマ

慶應通信のレポートは何よりも書き方が大切。進め方から仕上げ方までの情報を完全網羅!

このページでは、「レポートの形式」について説明していきます。

 

レポートと他の文章を分かつ大定義として、「序論・本論・結論の形式を守る」という事があります。多くの人は「序論・本論・結露」という名称こそ知っているものの、それぞれの役割を正しく理解していません。

 

ただ、これではレポートは書けません。「序論・本論・結論」の働きをフル活用することで、初めてレポートがレポートになるからです。

 

レポートは根拠のある対話です。対話に「話題」があるのと同じで、レポートでは最初に「テーマ」を決めます。

 

テーマはレポート課題そのものであることも多いですが、レポート課題に明確なテーマが載っていない場合は、自分でテーマを決めなければいけません。

 

そこで忘れてはいけないことは、レポートの中にテーマ(「〜について論じる」)を明記することです。これを書くのが序論です。

序論

レポート課題にテーマが明記されているかどうかに拘わらず、序論にはテーマを明記する必要があります。序論では、以下の点を明記してください。

 

〇何について議論するか(テーマ)

 

〇なぜそのテーマを選んだか(理由)

 

テーマ設定を行う一番の理由は、レポートで論じる範囲を限定するためです。ただ、レポートはテーマだけではまとまりません。

 

例えば、「江戸時代の農民の衣食住について」というテーマがあるとします。このテーマの下でレポートを書こうとすると、すぐに「何から書き始めればいいだろう」という壁に突き当たります。

 

これは、具体的な論点が決まっていないことが原因です。しかし、レポートでは最終的に1つの答えを出さなければなりません。つまり、「答えを出すために必要なものは何か」という話になってきます。

 

それが「問い」です。問いがあれば答えが出るので、これは当たり前の話です。

 

このようなわけで、問いを設置するだけで、一気にゴールが見えてきます。もちろん、問いはテーマに沿ったものでなければなりません。ただこのことは、テーマの範囲内であれば、問いは自由に決められるという事でもあります。

 

それでは、実際に問いを立てるところをお見せします。先ほどの「江戸時代の農民の衣食住について」というテーマのもとで、問いを立てます。

 

問いを立てると言うと難しそうですが、まったくもって難しくありません。疑問文を作れば、必然的に問いになるからです。

 

「江戸時代の農民の衣食住は、平常時と祭事ではどのような違いがみられるか。」

 

このように単純に疑問文にするだけでも、問いとして認められます。この疑問文に答えるだけで、レポートはゴールにたどり着きます。なぜなら、その答えこそレポートの結論だからです。

 

実際のところ、1つのテーマに対して問いは無数に考えられます。そのため、次のように問いを立てることもできます。

 

「江戸時代の農民の衣食住の変遷の歴史はどのようなものであったか。」

 

この場合であると、歴史を述べるとともに、歴史的意義まで考察を加えることができます。

 

いずれにしても、問いがあることで結論が見えてきます。このように序論は、レポート全体の方向性を決める働きを持つという事を理解して下さい。

本論

次に、本論について解説します。

 

本論では、問いの答えを引き出すことを目的に展開していきます。その際必ず、「節」を用意してください。節とは、小さなテーマごとにまとまった文章です。

 

たまに節を作らない人がいますが、本論に節は必須です。

 

例えば、「衣食住」がテーマの場合、「衣服」「食事」「住居」と節立てすることができます。これらは解答へのスモールステップなので、節を進めるごとに答えに迫っていくことができます。

 

目安としては、1節を200〜300文字程度として、5節くらい用意すると良いでしょう。

結論

最後に、結論について説明します。

 

なかには、結論を単なる「まとめ段落」と考える人がいますが、それだけでは不十分です。結論のメインは、序論で立てた問いに答えることです。

 

そのため序論と結論は、必ず対応関係になっていなければいけません。この点は非常に大切なので、きちんと理解して下さい。

 

また、簡単で構わないので、レポートの経過をまとめる必要もあります。まとめる項目としては、以下の様になります。

 

〇当レポートのテーマの再確認

 

〇どのような問いのもとで議論を進めたか

 

〇本論のまとめ

 

要は、ここまでの要約であり、節ごとに重要な文を1、2行でまとめてください。

関連ページ

章と節の基礎知識
レポートの章や節の立て方を説明します。
節立ての方法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
序論・本論・結論の役割
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
レポートの「どこで」「何を」書くか
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録