サスペンスドラマ

卒業マップ

入学から卒業までの流れ

入学から卒業までの流れは、おおまかに次のようになります。このページでは、特に大きなイベントを中心に説明していきます。

 

入学→卒論登録→卒論指導→卒論提出→卒業

 

5月の卒論指導を希望する場合は2月初旬までに、10月の卒論指導を希望する場合は8月初旬までに、卒論登録を行う必要があります。

 

その際留意すべきことは、登録条件と科目試験のタイミングです。

 

卒論登録の条件についてはこちらに詳しく載せてあります。これらは最新の科目試験の結果は反映されないので、1つ前の科目試験までに上記条件を満たす必要があります。

 

例えば、5月指導を希望する場合、前年の10月試験の時点で、きちんと単位を満たすよう履修計画を立てなければなりません。

最初の2年間の過ごし方

通信教育課程であっても、通学課程と同じように最初の2年間は総合教育科目に集中すべきです。総合教育科目の方が受かりやすいですし、扱うテーマも基礎的なものだからです。

 

また、総合教育科目の単位を取っておかないと、次のステップ(卒論指導登録など)に進むことができないので、専門教育科目から勉強を始める理由は皆無だと言えます。

 

必ず4年間で卒業するために、最初の2年間でマスターすべき点は、次の3つです。

 

レポートの書き方

 

各種期限を把握

 

卒業所要単位

 

慶應通信では誰も期限を教えてくれません。塾生案内を見たり、不明点は事務局に電話して直接教えてもらうなどして、すべて自分で把握しておくことが不文律となっています。

 

2年目までに関係してくる期限のうち代表的なものは、

 

レポート提出期限

 

科目試験の登録期限

 

スクーリング履修科目の登録期限

 

スクーリング「仮」登録必須科目の登録期限

 

などが挙げられます。

 

これらは1日でも遅れると、次の機会まで履修することができません。レポートや科目試験なら3ヶ月後、スクーリングなら来年の夏をまで待つことになります。

 

他には、卒業所要単位に関するルールも抑えておく必要があります。

 

総合教育科目に関して代表的なものでは、

 

外国語は必修8単位

 

体育科目は選択4単位

 

3分野科目は各分野から2科目以上6単位以上で、合計36単位以上

 

スクーリングは18単位まで

 

特に3分野科目に関するルールがややこしく、上記の内容に加えて、テキスト24単位以上、スクーリング12単位以下でないといけません。これに外国語科目、体育科目、3分野を加えて、合計48単位にします。

 

ただ、すべて最低限でいくと、36単位にしかならず12単位が不足します。これを3分野科目から補う必要があるので、2科目「以上」6単位「以上」となっているのです。

 

当然スクーリングを利用して補うこともできますが、あまり多用すると、「3分野のスクーリングは12単位」までというルールに反します。一方テキストであればこういった問題は生じないため、なるべく早くレポートの書き方を身につけた方が良いと言えます。

 

ここでは、レポートの書き方についての説明は割愛しますので、詳しくはこちらのページをご覧ください。

3年目の過ごし方

4年卒業の正念場は3年目です。今までの比ではないくらい努力する必要があります。

 

少なくとも年間50単位を履修し、テキストとスクーリング合計で100単位に乗せなければ、4年卒業は不可能になってしまうからです。

 

50単位の内訳としては、テキスト38単位、スクーリング12単位がベストです。これは、毎回の科目試験で10単位ずつ取得すること、つまり4科目以上受験することによって可能になるので、2週間ごとに1本完成させるペースを死守しなければなりません。

 

ここで本格的な壁に突き当たります。

 

専門科目は総合科目のように、簡単には受かりません。レポート課題、合格ハードル、参考文献の文章などすべてが難しくなります。ただ、こういった壁に突き当たってからレポートを学んでいたのでは、どう考えても年度内に38単位を取り切ることは不可能です。

 

レポートの書き方は、どんなに遅くとも2年目までに理解しておかないといけない理由は、ここにあります。

 

また、卒論テーマについて真剣に考え始めるのも3年目です。

 

卒論テーマは一度決めたら変更できません。そのため、テーマ選びに失敗すると、卒論だけで5年以上かかってしまいます。

 

ただ、卒論構想の提出期限があるので、遅くとも7月までにテーマを決定し、8月初旬には決定している必要があります。

 

テーマ選びのコツは、実験データが取れそうなテーマを選ぶということです。どんなに関心のあるテーマでも、自分の周りに実験環境がなければ、いつまでたっても卒論は完成しません。

 

私の場合、家庭教師をやっていたので、生徒さんに様々な授業を実施することができました。その際のやる気の変化をまとめたデータを用いて卒論を書いたのですが、慶應通信の卒論では、こういったオリジナルデータが必須です。

 

そのため、データを取れないテーマを選んでしまうと、卒論だけで5年も10年もかかってしまいます。

4年目の過ごし方

4年目はテキスト単位の残りを10月試験までの3回で片づけ、11月中に卒論を提出します。それによって、卒業はほぼ手中に収まります。

 

翌年の1月試験の結果は反映されないので、毎回の科目試験は背水の陣となります。

 

また、5月(2回目)と10月(3回目)の卒論指導も同様の心持ちで望む必要があります。その年の11月に卒論を提出する場合、10月の卒論指導は実質提出印をもらうだけの回となるので、5月指導の段階でほとんど完成がみえていないといけません。

 

したがって、5月指導では最大限の質問、大量のメモ、レコーダー持参の必要があります。不明点や途中経過はメール添削を頼み、10月指導の時点で何としても及第点に乗せるという気持ちで動きます。

 

ここまでしないと、他の人が5年も10年もかけている卒論を、わずか1年で完成させることはできません。私の場合、1年間で卒論を完成させることができたので、卒論の進め方について実体験をもとに説明していきます。

 

初回指導(2010年10月)

 

初回指導は今後の方向性を決めるためのものです。

 

私の場合、テーマや節立てに関する指導を受け、次回指導の際に、具体的な実験の方法を指導して頂くことになりました。

 

ほとんど人は、教授の真意に気付くことができません。そもそも何も初めていなければ、質問など浮かびません。こうして、あっさりすっきり終わってしまうのが、初回指導の特徴です。

 

ただ、そこから後が大変です。「卒論なんてこんなものなのか」と思ってしまうと、次回指導までの大切な6ヶ月間を無駄にしてしまうからです。

 

もしもそうなってしまった場合、帳尻合わせは科目試験やスクーリングで忙しくなる夏、秋に押し寄せます。

 

そうならないためにも、1回目と2回目の指導の間で、最低1度は連絡を取り、進捗確認を行ってください。最初はわずかな違いでも、やがて大きなずれになるからです。最悪の場合、私のように、すべて書き直すことになってしまいます。

 

当然、ある程度努力しなければ、有意義な質問はできません。とにかく文献を読み、知識を得て、早く教授の真意に気付けるよう努力してください。

 

2回目指導(2011年5月)

 

2回目の指導は、初回指導の内容を反映させた下書きを提出するところから始まります。

 

私としては教授に言われた通りに節立てを行ったつもりでしたが、それを見て教授は黙ってしまいました。そして、かなり間をおいて、「少し多く言うから、箇条書きの準備をして」と言われました。

 

そこで指示された内容から、「卒論」というものが、どんなに壮大なものなのかを理解しました。そして、なぜもっと真剣に取り組まなかったのだろうかと悔やみました。

 

2回目指導は、初回指導と比べて、かなり具体的な指示をもらうことができます。「これはいらない。これはいる」といったことを、理由とともに教えてもらえるので、卒論とは何かを初めて理解できます。他には、実験の仕方やデータのとり方についての指示を受けます。

 

ここに至り、自分の卒論の完成形をイメージすることができます。やることは本当に山積みでしたが、必ず終わらせると約束し、「卒業予定申告」の許可を頂きました。

 

3回目指導(2011年10月)

 

前回の指導以降必死になって取り組んでいたという事もあって、特別に指導の機会を頂きました。

 

指導のテーマは、実験データです。

 

実際に実験をしてみると、研究室内で話したようなデータは取れないことの方が多いです。また、独自に変更した点や、それと連動した問題(客観性の保証など)も心配でした。

 

実際に実験データを取ってみると分かりますが、予想外の結果が出てしまうことは本当に多いです。この状況を相談し、解決しつつ最後の指導に入っていくわけですが、そこでも指導の中心は、実験結果と考察の書き方についてでした。

 

回を増すごとに指示内容は詳細化されていき、指示量は過去最高になりました。実験結果について生徒ごとに述べるパートと要素ごととに述べるパート、それらをグラフと表に表す方法を指導して頂きました。

 

初めのうちは、なぜ結果をパート分けしけなければいけないか、その真意が分かりませんでしたが、多様な切り口からデータをみることができるので、実際に行ってみると、今まで見えなかった実験の効果が分かるようになります。

 

この素晴らしさに気付いてからは、とにかく最後までデータ処理に時間を注ぎました。

 

卒論提出

 

3回目指導の後も何度か時間を作って頂き、指示内容と自分の卒論との間にズレがないかを、細かくチェックしてもらいまいました。こうして最後の指示に到達し、同時に提出許可をもらいました。全60ページに渡る文章の校正を何回、何十回も行い、生協内で冊子の形にして、期限内に窓口に提出することができました。

卒論提出と卒業試験

卒論を提出した人で、卒業できない人はいません。翌年2月に卒業試験を受、3月の卒業式で卒業できます。

 

ただ、このことに関して、慶應通信には恐ろしいルールが存在します。

 

それは、卒業試験に2度落ちると、永遠に卒業できないというルールです。

 

ただ、安心してください。卒業試験は非常に簡単です。卒論に注いできだエネルギーと比べたら、拍子抜けしてしまうほどのものでした。

 

卒論指導教授が主査、そのお弟子さんが副査となり、主に副査に対し、卒論の概要を述べ、5つ程の質問項に答えていくという内容です。

 

そもそも自分で書いた論文なので、概要を述べられないわけがありません。理論が完璧に頭に入っていれば、かなり精度の高い回答が出せるのは当たり前のことです。

 

そのため、先ほどの述べた学則は、代筆に対する罰則に過ぎません。きちんと自分で考えて書いた卒論であれば、提出できた時点で卒業試験は100%通ります。

 

そうとは知らず、緊張のあまり青くなりながら入室した卒業試験でしたが、3月になって結果らしき封筒が自宅い郵送されました。

 

開封してみると、そこには一文。

 

卒業が決定しました

 

この瞬間、夢は現実になりました。

 

「慶應通信から慶應卒へ」という目標は、2年間で90単位を終わらせ、半年間で卒論を完成させたことで、なんとか達成することができました。

 

もし私が、「慶應通信で1番辛かった勉強は何か」と聞かれたら、その答えは決まっています。

 

卒論のデータ処理をやっていた時間です。

 

特殊なアンケート資料を国会図書館で揃えたり、スターバックスとサンマルクに引きこもって、文章を書いていた日々です。

 

疲れと焦りで脳は浸食されていましたが、これだけのことをやったことで、「真の慶應生とは何か」についてようやく理解することができたからです。

夢の続き

卒論提出後、急に時間ができたので、「慶應卒」の新卒として就活を始めました。SPIやテストセンターを対策しましたが、最終的に教育心理学の知識を活かすことができる学習塾へ就職しました。これをもって、私の夢は一度終わりました。

 

しかし、そこから5年後、私は慶應通信に帰ってきました。

 

夢の続きを叶えるためです。

 

実際のところ、卒業後も慶應通信は私の心を捉え続けていました。慶應通信で努力したことの価値は、5年間、私の中から消えることはありませんでした。

 

私の人生最大の思い出は、間違いなく慶應通信を卒業したことです。

 

慶應通信で頑張っている人を助けたい。この気持ちを、1人でも多くの人の力に変えたい。

 

それが、私の夢の続きです。

 

人生を懸けてやるからには、たとえ離れても、心が奪われるほど魅力的でないといけません。そういう意味で、慶應通信は相手にとって不足なしです。

 

勉強で悔しい思いをしてきた方、慶應卒に憧れを持っている方、ぜひ慶應卒になってください。

 

慶應卒になって、周りを見返し、あなたの未来に風穴を開けて下さい。

 

当サイトは、そんなあなたのために書いています。メルマガ講義も行っていますので、こちらも利用してレポートの書き方を学んでください。卒業できるレポートのノウハウを手に入れる

関連ページ

最短卒業は可能か?
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
4年卒業のマインドセット
慶應通信の最短卒業を目指すページです。
普通課程の最短卒業プラン
慶應通信のとl特別課程の人が3年卒業する方法を紹介します。
特別課程の最短卒業プラン
慶應通信のとl特別課程の人が3年卒業する方法を紹介します。
卒業までに学ぶべき3つの内容
慶應義塾大学通信教育課程の卒業生が、自身のレポートを公開しながら、卒業するノウハウを全公開したポータルサイトです。レポートの書き方は全国共通なため、慶應通信だけでなく、すべての通信教育課程の方を卒業へと導きます。
3種類の慶通ライフ
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
あなたを成功に導く指導者の3条件
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録