慶應通信を卒業する思考:慶應通信で成功する意識完成までの道のり

卒業できるレポートのノウハウをすべて無料メルマガにて授けます

卒業までの3つの段階

モチベーションはとても不安定で掴みどころのない概念です。慶通生は常に、この自分の中の存在と戦わなければなりません。

 

結局のところ、慶應通信における最大の敵は自分自身です。そのため、自分に打ち勝ち卒業すれば、入学時と別人になることができます。

 

私は6年間で卒業しましたが、その過程は次の3つに分けられます。

 

・何をやったら良いか分からず、ほとんど何もやらなかった最初の2年間

 

・積もり積もった不安が一気に爆発した次の2年間

 

・卒業が現実的になり、一心不乱に進んだ最後の2年間

 

さて、モチベーションは意識から生まれます。そのため、意識が変わればモチベーションが変わり、行動が変わります。

 

私の場合、4年目以降は卒業に必要な意識が完成し、努力することが当たり前になりました。

 

このページでは、葛藤を重ねた最初の3年間に焦点を当て、慶應通信で成功する上で必須となる意識変化について解説します。

1年目の意識変化

入学式に叩き込まれる現実

 

実を言うと、私は入学した瞬間、慶應通信に入学したことを後悔しました。

 

それは、「入学式」の3つの式辞に理由があります。

 

「皆さんは勉強を頑張ってこの場にいるのではありません。だから、私はあえて入学おめでとうは言いません。入学おめでとうの代わりに、卒業するときには、心から卒業おめでとうと言ってあげたいと思います。」

 

「慶應通信の卒業率は5%ほどしかなく、大変厳しい世界です。だから、もしもあなたが卒業できたら、今のあなたとはまったく違う人間になっているでしょう。」

 

「卒業論文を完成させるには、最低でも2年間かかります。そのため、実際に4年で卒業することはかなり難しいです。」

 

この入学式は、卒業の難しさを痛感するには十分過ぎるものでした。これから行うことは「不可能への挑戦」に近く、とても険しい道を選んでしまったことに気付いたのでした。

 

帰り際、慶友会の方から「通信は孤独だから、一緒に頑張りましょう!」と勧誘されたことも、さらに不安を駆り立てられたことを覚えています。

 

こうして、不安と後悔を胸に、私の慶通ライフは始まったのでした。

 

「もしかして、慶應通信って緩い?」というビギナーズラック

 

勉強に限りませんが、ハードルを高く設定すると、困難なことでもそれほど苦に感じません。実際に、入学式で卒業の難しさを植え付けられた後だったからこそ、慶應通信の勉強が意外と簡単に感じました。

 

4月入学の場合、最初の勉強は7月試験か夏期スクーリングで行います。科目によっては高校レベルの内容で合格でき、スクーリングに至っては不合格になる方が難しいと言えます。

 

このように最初のレポートやスクーリングが難なく合格できるため、入学当初の不安は早くも消え去ります。

 

ただ、このような科目は多く存在しません。それにも関わらず気が緩んでしまったら、早くも適応障害となってしまいます。

 

私はこの状態に陥り、1年目の履修単位は20単位にも満たず、卒業の難しさを少しずつ感じました。

2年目の意識変化

どん底まで落ちた科目試験

 

敗色が色濃くなるなか、決定的な出来事がありました。

 

それは、2年目の科目試験です。

 

遅刻して入室したあげく誰よりも早く退室したので、入室時間はわずか15分、提出した答案用紙は白紙でした。

 

その回は1科目しか受験していなかったので、私は3ヶ月に1度のチャンスをたった15分で潰してしまったのです。

 

また、事前の対策については、試験に向かう電車でテキストを読むだけという、かなり杜撰なものでした。

 

それまでも科目試験を受験する度に、「次の科目試験こそ、受験票いっぱいに受験科目を載せよう!」と決意しました。ただ、試験から解放されるとすぐに忘れ、再びレポート提出期限に迫られ、なんとか1本提出するという生活を続けていました。

 

このような経緯があり、今回の科目試験の体たらくに呆れ、この壁を乗り越えなければ卒業はないことを確信しました。

 

根本的な意識変化の必要性を感じたのでした。

 

卒業に向けた基本精神の設定

 

ここに至り、自分自身の内面を探ることで、「できるだけ少ない努力で卒業したい」という正直な気持ちに気付きました。入学当初に抱いた危機感は、ただの堕落に変わっていたのです。

 

このような意識の根底には、「めんどくさい」」という感情があります。

 

そこで、私は「めんどくさいという気持ちは捨てる!」という基本精神を設定しました。

 

感情を振り切ることで行動が生まれ、余計な制限がなくなるので、詰めるべき勉強内容を見極め、それに集中することができます。

3年目の意識変化

「巡り合わせ」というチャンスに気付く

 

このようにして、勉強に対して真剣に向き合い始めましたが、半年間は単位に結び付きませんでした。

 

そんななか、3年目の科目試験で転機が訪れました。

 

3科目受験し、すべて合格したのです。3科目合格など初めてだったので、心の底から感激しました。

 

ちなみに、この回は前回の不合格科目が残っており、たまたま複数科目受験できました。試験当日もなんとか解答できる問題が出題され、それなりに手応えがありました。

 

つまり、タイミングと試験問題が重なっただけの3科目合格ですが、誰にでも1度はこれくらいの巡り合わせは訪れます。

 

ただ、これを単なる偶然と捉えるか、未来へのチャンスと感じるかの違いは大きいです。

 

私の場合、この3科目合格は「いつか必ず卒業できる」という未来からのメッセージだと確信しました。

 

このように思えたことが、モチベーションの飛躍となったことは間違いありません。

 

チャンスそのものを増やす

 

3年目までを振り返ったとき、私の履修単位のメインは夏期スクーリングした。

 

当たり前ですが、夏期スクーリングは1年に1度しかなく、どんなに頑張っても12単位しか履修できません。

 

ただ、これはたった2日間の科目試験で履修することができます。

 

このように考えたとき、毎回の科目試験で多く受験することが、いかに重要かを感じました。

 

むしろ、それこそが最重要事項であることに気付いたのです。

 

そもそも、受験科目数が増えれば、合格率が下がっても履修単位数は増えます。1科目試験の場合と比べ、たった半分合格するだけで多くの単位を履修できます。

 

このようにチャンスそのものが増えれば、すべての問題が解決します。

 

慶應通信において、事前にチャンスを確保する方法は1つです。

 

1科目でも多くのレポートを提出することです。

 

このようにして卒業に必要な意識が完成すれば、卒業に向けた行動が可能になります。

関連ページ

慶應通信に入学する前に知っておくべきこと
慶應通信に入学する前に知っておくべきことを教えます。
大学教育を認識する重要性:慶應通信で単位を取り続けるための思考
慶應通信で単位を取り続けるための思考を教えます。
独学を捨てる重要性:慶應通信で努力を続けることの難しさ
慶應通信で努力を続けることの難しさを教えます。
1年で何を成し遂げるか?:卒業に近づくのではなく、遠ざかる理由
1年後に卒業に近づくのではなく、卒業から遠ざかるという慶應通信の常識を教えます。
勉強のリソースを拡大せよ:メディアセンターと事務局の活用方法
メディアセンターと事務局の活用方法について説明します。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 無料メルマガ講義