サスペンスドラマ

モチベーションの話

卒業が自分との闘いと言われる本当の意味

勉強のモチベーションはとても不安定なものです。慶通生は常に、この不安定な存在と戦わなければなりません。

 

慶應通信が、「自分との闘い」と呼ばれる所以はここにあります。

 

実際に私の卒業までの6年間を概観してみても、

 

何をやったらよいか分からず、ほとんど何もやらなかった最初の2年間

 

積もり積もった不安が一気に爆発した次の2年間

 

卒業が現実的になり一心不乱に進んだ最後の2年間

 

このように分かれます。何を基準に区切ったかというと、モチベーションの変化です。

 

そこで、このページでは、慶應通信で成功する上で重要だったと感じる意識の変化について紹介していきます。

「めんどくさい!という気持ちは捨てる」と思えるまでの道のり

入学式に叩き込まれる先入観

 

実を言うと私は、入学してからしばらくの間、慶應通信の事を「不可能への挑戦」だと思っていました。このように感じてしまったことには、理由があります。

 

それは、「入学式」です。

 

次の言葉は、今でも鮮明に覚えている教員からの祝辞です。

 

「皆さんは勉強を頑張ってこの場にいるのではありません。なので私はあえて入学おめでとうは言いません。入学おめでとうの代わりに、卒業するときには、心から卒業おめでとうと言ってあげたいと思います。」

 

「慶應通信の卒業率は5%ほどしかなく、大変厳しい世界です。だから、もしもあなたが卒業できたら、今のあなたとはまったく違う人間になっているでしょう。」

 

「卒業論文を完成させるには、最低でも2年間かかります。そのため、実際に4年で卒業することはかなり難しいです。」

 

私にとってこの入学式は、卒業の厳しさを痛感するには十分過ぎるものでした。慶友会の方から、「通信は孤独だから一緒に頑張りましょう!」と勧誘されたことも、余計不安を駆り立てられたのを覚えています。

 

こうして、不安だけを胸に私の大学生は始まったのでした。

 

「もしかして、通信て穴場?楽勝?」というビギナーズラック

 

何にでも当てはまりますが、ハードルを高く設定すると、困難なことであってもそれほど感じないようにできています。入学式で、卒業への道が険しいという話をしつこいくらい聞かされた後だったからこそ、意外と簡単に単位が取れてしまうことがあるのです。

 

多くの場合、最初の単位は7月試験か、夏期スクーリングで履修できます。よくあるのは、「英語T」や「英語U」から履修を始めますが、これらは高校初級レベルの英語力があれば受かってしまいます。スクーリングに至っては落ちる方が難しいと言えます。

 

こうして最初のレポートやスクーリングが難なく受かるため、当初の不安は早くも消え去ってしまうのです。

 

ただ、このような状態は長く続きません。もし一度気が緩んでしまったら、それを取り戻すのはより困難になります。

 

私はこの罠にはまってしまったので、1年目の履修20単位にも満たず、4年卒業の難しさを少しずつ感じていきました。

 

底辺まで落ちた科目試験

 

科目試験に関する最悪の思い出があります。

 

それは、遅刻して入室し、一番最初に退室したというものです。入室時間はわずか15分、提出した答案用紙は白紙でした。

 

しかもその回は1科目しか受験科目が無かったので、私は3ヶ月に1度のチャンスをたった15分で潰してしまったのです。

 

それではテスト対策はどうだったかと言うと、行きの電車でテキストを読むだけという、かなり杜撰なものでした。

 

そのため、科目試験やスクーリングを受けるたびに、「次の科目試験こそ、受験票いっぱいに受験科目を載せよう」と決意しました。ただ、解放されるとすぐに忘れてしまい、再びレポート提出期限に迫られてなんとか1本提出するという生活を続けていました。

 

このような学習態度によって、3ヶ月に1度しかない単位取得のチャンスをつぶし続けている自分自身に呆れ、科目試験の壁を越えられないでいる事実を痛感しました。

 

完全に、セルフイノベーションの必要性を感じたのでした。

 

卒業への基本精神の設定

 

自分の内面を探ってみると、「できればあまり頑張りたくない」や「できるだけ少ない努力で卒業したい」というのが正直な気持ちでした。入学当初に抱いていた危機感は、ただの堕落に変わっていたのでした。

 

ただ、慶應通信では、このような意識でいると終わります。自発性が求められる環境で、横着することばかり考えていたら上手くいくわけなど出せるわけがないからです。

 

そこで私は、「めんどくさいという気持ちは捨てる!」というマインドセットを設定しました。これによりすべての行動が変わりました。

 

自身の経験から、この気持ちはすべての慶通生に必須のマインドセットだと言えます。

 

チャンスをチャンスと気づけ

 

こうして少しずつレポートを書き始めましたが、なかなか結果には現れません。ただ、3年目の科目試験で、転機が訪れました。

 

3科目を受験し、すべて合格したのです。その結果、2日間で6単位取ることができたことに、感激しました。

 

ちなみに、この回は計画的にレポートを出して3科目受験できたのではなく、前回の不合格科目も重なってたまたま多く受けられ、それが同時に受かっただけでした。

 

実際のところ、誰にでも1度はこれ位のラッキーは訪れます。ただ、これを単なるラッキーと思うか、未来へのチャンスと感じるかの違いは大きいです。

 

私の場合、この合格は、「自分はやれば卒業できる」という未来からのメッセージだと確信ました。このように思えたことが現状打破のきっかけになったことは間違いありません。

 

チャンスを増やせ

 

入学から3年目までを振り返った時、単位の収入源は夏期スクーリングした。ただ、スクーリングの上限は当時は12単位しかありませんでした。

 

これは理論上、たった1度の科目試験で取ることできます。そう考えたとき、科目試験で多く受験することが重要であると感じしました。

 

慶應通信では単位を取るチャンス自体が非常に貴重なので、それを増やすことが最重要事項であることに気づいたのです。

 

実際に、科目試験の度に6科目受験できる人は、年に何回も夏期スクーリングがあるのと同じだけ単位が取れます。一方で、1科目しか受験しない人は、試験問題が分からなければ終わります。

 

受験科目数が増えれば、その分だけ単位になる確率が上がります。すべて受からなくても、そのうち半分が受かるだけでも大きな収穫になるからです。

 

このことに気付いた人だけが、1年後に人と差をつけることができます。

関連ページ

慶應通信に入学する前に知っておくべきこと
慶應通信へ入学検討している方に、知っておいてほしいことです。
慶應通信を卒業するための本質となる勉強
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
多くの人が慶應通信についていけないたった1つの理由
慶應義塾大学通信教育課程の卒業生が、自身のレポートを公開しながら、卒業するノウハウを全公開したポータルサイトです。レポートの書き方は全国共通なため、慶應通信だけでなく、すべての通信教育課程の方を卒業へと導きます。
独学では成功しない理由
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録