慶應通信を卒業するための思考:慶應通信で単位を取り続けるための思考

卒業できるレポートのノウハウをすべて無料メルマガにて授けます

総合教育科目から専門教育科目へのシフト

あなたは、「数年後、慶應卒になっている自分」をイメージできますか?

 

多くの場合、現状うまくいっている人は「はい」と答え、行き詰っている人は「いいえ」と答えます。

 

ただ、最終的に卒業できるかどうかという点において、現状は関係ありません。

 

たとえ完全に出遅れてしまった人でも、将来的に慶應通信を卒業することは可能です。

 

また、現状うまくいっている人も油断は禁物です。実際に、40単位程度までは順調に履修し、その後ピタリと単位が止まってしまう人はたくさんいます。

 

これらの理由は、勉強スタイルにあります。

 

総合教育科目から専門教育科目に移行すると、テキストやレポートの難易度は一気に上がります。それまでの勉強方法が通用しなくなるので、対応できずに諦めてしまうのです。

 

したがって、最終的に卒業できるかどうかは、専門教育科目へのシフトにかかっています。

 

このとき重要なのは、小手先のテクニックではありません。より深くにある思考です。

 

それが「学習から学問への転換」です。

学習から学問への転換

専門教育科目には多種多様な科目があります。総合教育科目と比べ、個別的な事例について考察します。

 

ただ、それらはすべて「学問」という勉強スタイルで理解できます。

 

学問とは、「学び、問う」ことです。「自ら問いを発する」ことが最大の特徴で、習うことが主体の「学習」とは異なります。

 

そのため、専門教育科目ではテキストから「習う」のではなく、レポート課題に対して独自の「問い」を設定する必要があります。

 

これは大学教育における常識です。

 

したがって、「学問とは何か」を理解し、実践によって洗練することで、慶通生として必要な知識が自然と集まってくるようになるのです。

 

ただ、多くの慶通生はこのことを知らないので、大学でも「学習」を貫こうとしています。

 

だから失敗するのです。実際に、総合教育科目から専門教育科目にうまくシフトできず、途中で単位が停滞してしまいます。

 

この点を踏まえ、あらためて、あなたは「数年後、慶應卒になっている自分」をイメージできますか?

 

このようなことは誰も教えてくれないので、学ぶ当人が大学教育について認識する必要があるのです。

関連ページ

慶應通信に入学する前に知っておくべきこと
慶應通信に入学する前に知っておくべきことを教えます。
卒業時に別人になる理由:慶應通信で成功する意識完成までの道のり
慶應通信で成功する上で重要な意識変化について説明します。
独学を捨てる重要性:慶應通信で努力を続けることの難しさ
慶應通信で努力を続けることの難しさを教えます。
1年で何を成し遂げるか?:卒業に近づくのではなく、遠ざかる理由
1年後に卒業に近づくのではなく、卒業から遠ざかるという慶應通信の常識を教えます。
勉強のリソースを拡大せよ:メディアセンターと事務局の活用方法
メディアセンターと事務局の活用方法について説明します。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 無料メルマガ講義