慶應通信を卒業するための思考:慶應通信に入学する前に知っておくべきこと

卒業できるレポートのノウハウをすべて無料メルマガにて授けます

「入学しやすく、卒業しにくい」が示す意味

「難しい入試を経ず、慶應卒になれる方法がある」と言ったら、あなたは驚きますか?

 

それは、慶應義塾大学の「通信教育課程」へ入学することです。

 

慶應通信には学力検査がないため、出願すればほとんどの人が合格できます。入学後、きちんと勉強して卒業所要単位を満たすことで、慶應義塾大学の学位が与えられ、慶應卒になることができます。

 

私はこの慶應通信で慶應義塾大学を卒業し、「人間関係学」の学士を取得しました。この学位は通学や通信を超えた慶應義塾大学の学位なので、社会的にも慶應卒と認められます。

 

このように言うと、夢の制度のように聞こえますが、卒業までの道のりは簡単ではありません。

 

慶通生はレポート、科目試験、スクーリングなどで単位を積み上げ、自分自身で採ったデータを踏まえた卒業論文を提出します。これらを独学で行うので、卒業の難易度は通学課程とは比較にならず、最終的に卒業できる人は全体の約5%しかいません。

 

したがって、これから慶應通信への入学を検討する人は、まずは慶應通信に対して次のような認識を持ちましょう。

 

それは、「入学しやすく、卒業しにくい」という最も基本的な認識です。

閉鎖的な環境

「入学しやすく、卒業しにくい」ことには、明確な理由があります。

 

入学してから後悔しないよう、入学前に知っておくべきことは、次の2点に集約できます。

 

@閉鎖的な環境

 

A教育システムの破綻

 

まずは、@の閉鎖的な環境から解説します。

 

思い返してみれば、私は入学から卒業まで、慶通生同士で勉強を教え合ったことがありません。テキストの解釈やレポートの内容について、言葉を交わした記憶がないのです。

 

このことは慶通生にとってごく当たり前のことですが、外部の方は驚くと思います。

 

実際に、通学課程であれば、講義のポイントを共有するなど、頻繁に情報交換を行います。同じ科目を学ぶ者の情報は、モチベーション管理やスムーズな単位履修の上でかなり重要な役割を果たします。

 

ただ、慶應通信にはこのような機会はありません。どの科目をいつ履修するかは学生の任意なので、進捗状況がバラバラだからです。

 

それでは、在籍年数が多い人に聞けば良いかと言うと、そうでもありません。ほとんどの人は総合教育科目で挫折し、既に勉強がストップしてしまっているからです。

 

つまり、大多数の慶通生にとって慶應通信は未知の世界であり、「教えたくても教えられない」というのが、実際のところなのです。

卒業率が上がらない理由

勘が良い人なら気付くかもしれませんが、「卒業生に聞く」という方法もあります。卒業生なら一通りのことを知っているので、何でも教えてもらえると思うかもしれません。

 

ただ、卒業生と個人的に繋がり、有益な情報を得られている人はほとんど存在しないでしょう。

 

その理由は、2つ考えられます。

 

1つ目は、慶應通信の卒業生そのものが少ないことです。

 

慶應通信の卒業率は約5%なので、あなたが教えてほしいタイミングで、都合良く出会えることはほとんどありません。

 

2つ目は、慶應通信の卒業生だと名乗り出ないことです。

 

これは慶通生特有のコンプレックスが関係しているので、詳しく説明します。

 

社会的には通信教育課程に対するイメージはあまり良くなく、多くの卒業生は不当に低評価される悔しさを一度は味わっています。そのため、せっかく勝ち取った慶應卒の価値に対しては、絶対にケチを付けられたくないという心理があります。

 

したがって、わざわざ慶應通信に在籍していたことを明かす卒業生はいません。

 

また、そもそも申告の義務もありません。卒業すれば通学課程と分け隔てなく学位が与えられるので、在籍時の課程など問われる理由がないからです。

 

このようなわけで、慶應通信にはリアルタイムかつオープンな環境はなく、本来必要な情報が制限されているのです。

教育システムの破綻

次に、Aの教育システムの破綻について解説します。

 

慶應通信には、講義・先生・カリキュラムが存在しません。

 

これらの代わりとなるものが、レポートです。配本科目から自由に選択し、独学でレポートを完成させ、期日までに提出します。

 

この点が卒業を非常に困難にしています。

 

元々講義を受けて理解すべき内容を、慶通生は文献を読んで自分自身で解釈し、適切にレポートにまとめないといけません。また、自発的に取り組まないと何も始まらないので、モチベーションを管理し、継続する必要もあります。

 

このように、大学から卒業に向けたアプローチは一切なく、勉強上の問題はすべて自分自身で解決することが、慶應通信の全貌です。

 

しかしながら、私はこの教育システムこそ、うまく活用すれば最大の学びが可能になると考えています。

 

実際に、慶應通信を卒業すれば、入学時とは別人になることができます。独学を通じて、他では決して身に付かない高度な思考回路を手に入れることができるからです。

まったく新しい勉強の概念

続いて、慶應通信で学ぶ上で必須となる考え方について解説します。

 

私たちは小学校から高校まで、先生から教えられたことを正確に理解して覚えるという方法で勉強しました。そこでは、教科書に載っている知識を習得し、テストの問題に対してどれだけ再現できるかで評価が決まります。

 

これは「学び、習う」スタイルの「学習」であり、私たちは「勉強=学習」という先入観を植え付けられているのです。

 

そのため、慶應通信でも「学習」によってレポートを書こうとしますが、ある時点からうまくいかないことに気付きます。そこで初めて「なぜうまくいかないか」を考え、読解力や文章力といった見当はずれの理由に行き着きます。

 

ただ、これらは本質的な理由ではありません。勉強の概念そのものがまちがっていることが、すべての原因なのです。

 

慶應通信における勉強とは、「学習」ではなく「学問」です。

 

学問とは「学び、問う」スタイルの勉強であり、自ら問いを立てる点で学習と異なります。

 

このようなわけで、慶應通信で成功するには、すべての勉強を学問的視野から行う必要があるのです。

 

例えば、文献を読んで納得するだけでは、学問ではありません。

 

重要なことは、納得の先で疑問を持つことです。疑問を持てば、自ら考え、答えを出すという思考が働きます。

 

実際に、レポートでは自分自身で問いを立て、結論を導きます。

 

このように与えられた問題を解くのではなく、自ら問いを立てるという思考が、慶應通信で学ぶ上で必須となります。

卒業年数を早めるための考え方

ここまで、「入学しやすく、卒業しにくい」理由について解説してきました。

 

最後に、なるべく早く卒業するための考え方を教えます。

 

慶應通信の平均卒業年数は8年間です。これだけ多くの時間がかかる理由は、単に勉強内容が難しいからではありません。

 

入学後、最初に何を勉強するかにかかっています。

 

多くの人は、1年目になるべく多くの単位を履修しようとします。スクーリングや英語など、レポートの知識が必要ない科目にばかり取り組み、目先の単位を増やそうと考えます。

 

ただ、1年目にどれだけ単位を履修しても、卒業時期は早まりません。すぐに難しい科目だけが残り、2年目以降に履修できる科目が減っていくからです。

 

一方、最初にきちんとレポートについて学んだ人は、2年目以降に履修できる科目が増えていきます。年度ごとに選択肢が広がるので、最終的に早く卒業することができるのです。

 

このようなわけで、卒業に多くの時間がかかる原因とは、レポートの勉強を後回しにすることです。

 

壁にぶつかってから勉強を始めるので、それまでの時間が無駄になってしまい、余計に2、3年かかってしまうのです。

 

卒業時期を早めるために、最初にレポートを学ぶことがいかに重要かを理解できたと思います。

入学後、正しく努力する方法

ここまで読んで、「入学したいと思ったけど、そんなに卒業が難しいならやめよう」と考える人もいるかもしれません。

 

ただ、それは非常にもったいない判断です。

 

正しく努力すれば、どんなに勉強が苦手な人でも、慶應通信を卒業することは可能です。

 

その方法は簡単です。

 

当サイトから学ぶことです。

 

当サイトには、卒業生かつ豊富な指導実績を持つ私の目線から、本当に有益な情報のみを載せています。そのため、当サイトを隅々まで読めば、あなたに必要な知識はすべて手に入ります。

 

卒業生からのメッセージはこちら

 

また、無料メルマガ講義も開講し、卒業への思考やレポートのノウハウについて段階的に解説しています。

 

卒業できるレポートのノウハウを手に入れる

 

もう1つの方法は、私から直接学ぶことです。

 

分からないことは、既に答えを知っている人から教えてもらうことが一番の方法です。

 

私は定期的にセミナーや個別相談会を開催し、慶通生の悩みを解決しています。関心がある方は、こちらのページからお申し込みください。

関連ページ

卒業時に別人になる理由:慶應通信で成功する意識完成までの道のり
慶應通信で成功する上で重要な意識変化について説明します。
大学教育を認識する重要性:慶應通信で単位を取り続けるための思考
慶應通信で単位を取り続けるための思考を教えます。
独学を捨てる重要性:慶應通信で努力を続けることの難しさ
慶應通信で努力を続けることの難しさを教えます。
1年で何を成し遂げるか?:卒業に近づくのではなく、遠ざかる理由
1年後に卒業に近づくのではなく、卒業から遠ざかるという慶應通信の常識を教えます。
勉強のリソースを拡大せよ:メディアセンターと事務局の活用方法
メディアセンターと事務局の活用方法について説明します。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 無料メルマガ講義