慶應通信を卒業するための思考:メディアセンターと事務局の活用方法

卒業できるレポートのノウハウをすべて無料メルマガにて授けます

メディアセンターの活用

慶應通信のような閉鎖的な環境において、勉強のためのリソースは非常に重要です。

 

それは、メディアセンターと事務局です。

 

このページでは、上記2点の活用方法について説明します。

 

慶通生にとっての講義はレポートです。

 

良いレポートを作成するには、良い文献が必須です。それには、文献が豊富に揃っている慶應義塾大学のメディアセンターで探すのが一番です。

 

メディアセンターでは、慶通生は以下のことが可能です。

 

入館

文献検索や閲覧

コピー機や自習スペースの利用

 

慶通生は通学生と同じようにメディアセンターへ入館でき、文献を手に取って閲覧することができます。

 

ただ、1つだけ注意することがあります。

 

それは、文献の貸し出しを受けられないことです。

 

実際のところ、レポート執筆中は常に文献が必要になるので、必要なときに手元にないというのはかなり不便です。

 

ただ、慶通生でも文献を借りる方法が存在します

 

スクーリングを受講することです。

 

スクーリングを受講することで、スクーリング期間有効の図書館利用カードを入手できます。一度に最大3冊まで貸し出しを受けられるので、自宅でも問題なくレポートを進めることができます。

 

また、この恩恵を最大限伸ばす方法もあります。

 

夜間スクーリングを受講することです。

 

夜間スクーリングは9月〜12月頃にかけて実施され、当該期間も図書館利用カードを入手できます。約3ヶ月間文献を借りることができるので、1科目受講するだけでも大きなメリットがあります。

 

夏期スクーリングも含めると8月〜12月までメディアセンターを有効活用でき、レポートや科目試験の勉強を進める上で役立ちます。

事務局の活用

通信教育課程の履修方法はとても複雑なので、「塾生ガイド」をよく読み、不明点は事務局に問い合わせましょう。

 

特に、卒業所要単位に関するルールはかなりややこしいので、疑問に思ったことは事務局へ電話して確認することをお勧めします。

 

これに関して、以下の点が重要です。

 

成績証明書の発行

 

成績証明書とは、入学から現在までの履修科目一覧です。

 

慶應通信では総単位だけでなく、分野別の単位も重要なので、成績証明書で確認する必要があります。

 

今後の履修計画や学習記録のためにも、1年間に1度発行すると良いでしょう。

 

卒業後も就職の際など必要な場合があるので、余裕を持って申請してください。

 

卒論関係

 

卒論には様々な申請があり、それぞれ提出期限があります。

 

1回でも逃すと卒業時期が遅れてしまう場合があるので、卒論に関する情報は熟知しておく必要があります。

 

個別に告知されることはないので、「塾生ガイド」や「ニュースレター」で段取りや日程を管理しておきましょう。

関連ページ

慶應通信に入学する前に知っておくべきこと
慶應通信に入学する前に知っておくべきことを教えます。
卒業時に別人になる理由:慶應通信で成功する意識完成までの道のり
慶應通信で成功する上で重要な意識変化について説明します。
大学教育を認識する重要性:慶應通信で単位を取り続けるための思考
慶應通信で単位を取り続けるための思考を教えます。
独学を捨てる重要性:慶應通信で努力を続けることの難しさ
慶應通信で努力を続けることの難しさを教えます。
1年で何を成し遂げるか?:卒業に近づくのではなく、遠ざかる理由
1年後に卒業に近づくのではなく、卒業から遠ざかるという慶應通信の常識を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 無料メルマガ講義