サスペンスドラマ

慶應通信には受かりやすいレポートがあります。それが説明型レポート。説明型レポートとは・・・。

よくレポート課題に「考察を加えなさい」という指示がありますよね。考察という言葉は日常用語と学術用語の中間のような立ち位置で、なんとなく理解できる反面、完全にその意味を把握している人は少ないです。

 

しかし「考察」という認識がアヤフヤなままレポートを書くと、的違いな文章になってしまい、要件を満たすことができません。

 

そこで、レポートの考察についての正確な知識を与えます。

 

まずは、考察とは何かを説明していきます。

 

「考察」という字を分解してみます。「考えて察する」となります。察するとは「予想する」という意味です。そのため考察という概念には、「考える」だけではなく、「予想する」というニュアンスがあります。

 

「予想する」とは現在の事実をもとに、不確定な未来を当てることですよね。

 

例えば天気予報は現在の空模様という事実をもとに明日の天気を予想しています。このように予想にはそれに先立って「題材」が必要なのです。

 

考察を理解するとき、この話は重要です。考察には前もって題材が必要であり、それは基本的に文献です。つまり、文献を題材として、そこから何が言えるかを予想することなのです。

 

ここまでの考察の基本概念を理解したうえで、さらに正確な理解へ進んでいきましょう。

 

考察とは予想の一種であると言いましたが、単なる予想を越えた科学的な分析でなくてはなりません。これは「その事実は何を反映しているか」という思考を持つことで可能になります。ある事実が持つ特徴を要素ごとに分析することで、科学的に次に起こり得ることを予想できるからです。

 

例えば、若者の選挙離れという社会問題があります。これのどこが問題かは、選挙離れに至った経緯や選挙離れの現状という要素から眺めることで明確になります。

 

このような科学的な予想だけが考察と認められるので、考察を加える際は注意してください。

 

今「考察を加える」という言いましたが、レポート課題では、考察を「する」ではなく、「加える」という言い方をします。

 

これには理由があり、考察は特定の箇所にしか行えないものでなく、すべての文に対して「加える」ことができます。どの文に対して考察するかはあなたの自由なので、考察を(自ら)「加える」という言い方をするわけです。

 

そのため、自分なりに考察を加える意義をハッキリさせておかないと、センスなき考察になりかねません。考察は単なる未来予想ではなく、科学的分析に変えるために行います。

 

そのため、ある事実と科学的知識がきちんと、繋がる点に対して加える必要があります。このときの科学的知識とはあなたの得意分野で構いません。

 

誰にでも興味分野や、詳しい分野があります。例えば、既にマルクス理論を学んだことのある人は、社会学上のテーマに対して「マルクス理論」からのアプローチが可能になります。

 

このようにあなたの得意分野から事実を眺めることで、科学的で論理的な記述が可能になります。

 

それが考察です。

 

考察を加える際は、必ず得意分野に持ち込むことを考えましょう。

関連ページ

論述型レポートの要件
比較的易しいレポートの書き方です。
論述型レポートの形式ごとの役割
比較的易しいレポートの書き方です。
節の作り方
レポートの節立ての仕方を説明します。
問いの設置
比較的易しいレポートの書き方です。
分析的なテーマ設定
比較的易しいレポートの書き方です。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録