サスペンスドラマ

長期の学習にはきちんとしたマインドセットが必要。レポート、科目試験に対する姿勢とは。

再提出のマインドセット

レポートを1つ書くだけでは、まったく疲れません。もし、たった1本のレポートでドッと疲れてしまうのなら、レポートに対する考え方を修正したほうが良いかもしれません。

 

今回はレポートの「再提出」に関するマインドセットを解説します。

最初の提出は余力を残しておく

誰でも「絶対に一発で合格したい!」と思って提出します。もちろん、私もそうでした。

 

しかし不思議なもので、「もうこのレポートを書きたくない!」と思って提出したレポートほど、なぜか長い付き合いになります。

 

これにはきちんとした理由があります。

 

勉強というものは、努力が不十分な状態では、決して面白さは見い出せないようになっています。そのため、「もうこのレポートに触れたくない!」という気持ちがある辞典では、十分に学んでいない証拠なのです。

 

反対に、リサーチをきちんとしたレポートは、自然と内容の方に興味が湧きます。不合格になってしまっても、続きを勉強できることに対して、価値を見出すことができます。

 

したがって、「もっと知りたい」「続きが気になる」と思うまで勉強しなければ、勉強量は不十分です。

 

最悪なのは、レポートが落ちたときに過剰に落ち込むことです。なかには一日凹んでいる人もいますが、私からしたら、どうしてそんなに落ち込む必要があるのか理解できません。

 

知識ゼロの人は、不合格から学ばなければ何も分からないはずです。慶應通信のレポートは落ちてナンボです。

 

このことを理解できている人は、講評欄のダメ出しを最大限活かし、必ずプラスに作用させることができます。

 

こういう人と比べた時、「不合格」という結果だけを見て、過剰に落ち込んでいるというのは、時間がもったいないと言わざるを得ません。

 

そこで、苦労して書いたレポートが不合格になってしまったとき、あなただけは次のように考えるようにしてください。

不合格となったことでさらに学べる

慶應通信の醍醐味は、レポートが不合格になることです。実際のところ、不合格こそ最大の収穫です。

 

これは気休めでもなんでもありません。慶應通信における「真実」を述べただけです。

 

そもそもレポートというものは、合格したからと言って、完璧なわけではありません。運よく合格したとしても、浅い知識を学び直す機会は絶対に必要です。

 

それにも拘わらず、ほとんどの人は、自分の書いたレポートの内容でさえ、提出した瞬間に忘れています。合格後に見返すこともないので、一発合格することがかえって学び直しのチャンスを損失させているのです。

 

反対に、不合格となってしまった場合、最初の勉強の倍以上は頑張って書きます。それによって、文章の欠陥に客観的に気付くことができ、多くの反省をすることができます。

 

このように、卒業という大きな観点からみれば、「たまたま受かった」は意味をもちません。再提出には再提出の意義があります。

 

私の場合、「生物学」のレポートは4度目、「国語学各論」は3度目の提出でようやく合格しました。ホチキスが通らなくなるほど分厚くなりましたが、そのときの経験がどれだけ良い影響を及ぼしたかは計り知れません。

 

合格したら、現在の2単位が取れる

 

不合格になったら、1年後の20単位が取れる

 

このように慶應通信の本質を理解することで、無駄な精神的負担をカットし、気持ちよく勉強することができます。

関連ページ

慶應通信に入学する前に知っておくべきこと
慶應通信へ入学検討している方に、知っておいてほしいことです。
入学したばかりの人が陥る失敗
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
慶應通信を卒業するための本質となる勉強
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
多くの人が慶應通信についていけないたった1つの理由
慶應義塾大学通信教育課程の卒業生が、自身のレポートを公開しながら、卒業するノウハウを全公開したポータルサイトです。レポートの書き方は全国共通なため、慶應通信だけでなく、すべての通信教育課程の方を卒業へと導きます。
独学では成功しない理由
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
最短卒業は可能か?
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
4年卒業のマインドセット
慶應通信の最短卒業を目指すページです。
普通課程の最短卒業プラン
慶應通信のとl特別課程の人が3年卒業する方法を紹介します。
特別課程の最短卒業プラン
慶應通信のとl特別課程の人が3年卒業する方法を紹介します。
卒業マップ
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
卒業までに学ぶべき3つの内容
慶應義塾大学通信教育課程の卒業生が、自身のレポートを公開しながら、卒業するノウハウを全公開したポータルサイトです。レポートの書き方は全国共通なため、慶應通信だけでなく、すべての通信教育課程の方を卒業へと導きます。
3種類の慶通ライフ
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
あなたを成功に導く指導者の3条件
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
卒業までの履修計画の立て方
慶應通信の最短卒業を目指すページです。
レポート科目選択の3つのポイント
慶應通信の履修科目の選択は、レポート課題・履修要綱・過去問を見て、総合的に決めていくといきます。
セット履修の考え方
慶應通信の単位を取る方法をまとめました。
総合教育科目の優先科目
慶應通信の単位を取る方法をまとめました。
持ち込み可の科目
慶應通信の科目試験は、持ち込み可の科目から履修していく重要性を説明します。
履修科目を選択する際の判断基準
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
得意分野を構築する履修計画のポイント
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
3ヶ月以上先まで計画を立てると失敗する理由
正しいマインドセットを持つことから始まります。
卒論を始める前に知っておくべきこと
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
慶應通信の卒論が平均5年もかかる理由
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
1年で卒論を完成させるために何を行ったか
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
慶應通信の卒論構想の立て方
卒業論文の書き方についてまとめたページです。
卒論に必須となる実験データの取り方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
記憶のメカニズム
記憶とは何かについて説明します。
長期記憶の条件
暗記とは情報を長期記憶に入れることです。その条件ととエビングハウスの忘却実験について説明します。
覚えられる勉強法
効率的な勉強法について説明します。
効率的な勉強の本当の意味
慶應義塾通信教育課程の卒業生が教える、大学の通信教育過程のレポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
勉強の最初の一歩を起こす方法
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
行動を起こさせる「外発的動機づけ」
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
行動を継続させる「内発的動機づけ」
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
そもそもやる気ってなに?
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
努力と成果の関係を紐解く「レミニセンス現象」
慶應義塾大学通信教育課程の卒業生が、自身のレポートを公開しながら、卒業するノウハウを全公開したポータルサイトです。レポートの書き方は全国共通なため、慶應通信だけでなく、すべての通信教育課程の方を卒業へと導きます。
「効率的な勉強」とは何か
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
分散学習ができない人は慶應通信に向かない
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
科目試験を1回休むと卒業は半年遅れる
正しいマインドセットを持つことから始まります。
科目試験に行かなければ本気の後悔もない
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
「受からないといけない」から「受けなければならない」への転換
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
スクーリングは勉強ではない
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
慶應通信を卒業するために、考えてはいけないこと
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
レポートの再提出をめんどくさがる人へ
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
慶通生という特殊なアイデンティティ
正しいマインドセットを持つことから始まります。
レポート提出が唯一の科目試験受験資格
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
レポートに集中すべき理由
正しいマインドセットを持つことから始まります。
レポートの重要性
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
良い仲間を作る意義
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
知識ゼロから卒業するためのたった1つの方法
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
レポートで学問しないで、どこでする
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
慶應通信の勉強の順番
慶應義塾通信教育課程の卒業生が教える、大学の通信教育過程のレポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
現代に残されたアメリカン・ドリーム
慶應義塾大学通信教育課程の卒業生が、自身のレポートを公開しながら、卒業するノウハウを全公開したポータルサイトです。レポートの書き方は全国共通なため、慶應通信だけでなく、すべての通信教育課程の方を卒業へと導きます。
卒業まで活かせるモチベーションの作り方
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
最初の一歩ですべてが決まる
正しいマインドセットを持つことから始まります。
絶対に成功する方法
正しいマインドセットを持つことから始まります。
成果が出る法則
正しいマインドセットを持つことから始まります。
正しい努力とは何か
慶應義塾大学通信教育課程の卒業生が、自身のレポートを公開しながら、卒業するノウハウを全公開したポータルサイトです。レポートの書き方は全国共通なため、慶應通信だけでなく、すべての通信教育課程の方を卒業へと導きます。
レポートの形式と内容はどちらから学ぶか
正しいマインドセットを持つことから始まります。
スクーリングで10倍理解を深める方法
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
なぜレポートに集中するか
正しいマインドセットを持つことから始まります。
慶應通信でしか身に付かない能力とは
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
インプットとアウトプットのバランスの取り方
正しいマインドセットを持つことから始まります。
アイデンティティとモチベーションの関係
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
この環境には雑音がいっぱい
正しいマインドセットを持つことから始まります。
比べる対象は去年の自分
正しいマインドセットを持つことから始まります。
慶應通信の存在
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
慶應通信を卒業したら慶應卒の学力が身につくか
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
成功するには自分の頭は使わない
正しいマインドセットを持つことから始まります。
出会った瞬間に分かる運命の出会い
正しいマインドセットを持つことから始まります。
卒業に必須となる図書館活用術
正しいマインドセットを持つことから始まります。
当サイトを最大限生かす方法
正しいマインドセットを持つことから始まります。
一度の勉強で一生分の知識を作る
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
社会にそのまま活かせる唯一の勉強
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
無駄な失敗を減らす方法
慶應義塾大学通信教育課程の卒業生が、自身のレポートを公開しながら、卒業するノウハウを全公開したポータルサイトです。レポートの書き方は全国共通なため、慶應通信だけでなく、すべての通信教育課程の方を卒業へと導きます。
賢くなるための勉強ができる
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録