サスペンスドラマ

慶應義塾大学 通信教育過程 通信制大学 レポートの書き方 卒論 卒業 受かる 合格  

サイトの手引き

当サイトは、慶應通信生のためのレポート情報を網羅しています。

 

この先勉強するうえで必要になる「マインドセット」・「勉強の進め方」・「レポートの書き方」など有益な情報が、当サイトだけですべてそろいます。
ただ情報量が多すぎるのも事実なので、閲覧の順序を教えます。閲覧の順序と効率的な勉強の順序は密接に繋がっているので、まずは勉強の順序から説明していきます。

 

step1  慶應通信を知る

 

1番初めに学ぶことは、慶應通信のシステムについてです。単位に関することはもちろん、慶應通信の卒業率なども知っておきましょう。

 

step2  レポートを知る

 

次に学ぶことは、レポートの書き方です。どういうことを書けばレポートと認められるのかを完璧に把握します。

 

step3  実際の勉強を始める

 

最後に学ぶことは、科目ごとの勉強です。参考文献を読んだり、科目試験の対策をしたりということが当てはまります。

 

いきなりレポートを始めたらダメ!

実際のところ、ほとんどの人は勉強の順序を間違えています。どういうことかと言うと、レポートについて何も知らない状態からいきなりレポートに取りかかってしまうのです。

 

つまりstep1とstep2を飛ばして、step3から慶應通信を始めようとするのです。
その結果、必ずと言っていいほど失敗します。

 

具体的には、事務上のミスとレポートの不合格が待っています。

 

慶應通信の提出書類には期限があるため、取得単位や卒業時期の目標から前倒しで予定を組む必要があります。期限は直接告知されないので、自分でニュースレターをくまなくチェックする計画性が求められます。1回でも期限が過ぎるだけで、半年から1年卒業が遅れ場合もありますので、注意してください。

 

さらにレポートそのものを学ばなければ、レポートが何か知らずにレポートを書くという矛盾した事態に陥ります。こういう人はレポートの正しい努力の方法が見えていないため、どこかで学び直さなければなりません。

 

このようなわけで、これから勉強を始めると言う人はレポートそのものを学ぶ→レポートの書き方を学ぶという勉強の順序を必ず守ってください。

閲覧の順序

それでは、当サイトの閲覧の順序を教えます。

 

@慶應通信の特徴

 

慶應通信ほど卒業率が低い大学はおそらく存在しません。と言うことは、カリキュラムの方に何かしらの原因があると考えるのが普通です。

 

 

A受かるレポートの条件

 

慶應通信の平均卒業年数は8年〜10年です。どんなに急いでも長期スパンの学習になることは免れないので、「レポートそのものを知る」ということに時間をかけ、長く付き合っていくレポートの負担を減らすべきです。

 

 

B説明型レポートの書き方

 

説明型レポートは、課題に応じた文献さえ見つけることができれば、知識をレポートの形式に乗せるだけで合格できてしまいます。この説明型レポートで単位を取り、慶應通信のスタートを切りましょう。

 

 

また当サイトはメルマガとも連動した内容を扱っております。さらなる情報を手に入れたいという方は、メルマガ登録(無料)をして、学びを加速させてください。卒業できるレポートのノウハウを手に入れる

関連ページ

レポートの特異性
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
レポートに集中すべき理由
正しいマインドセットを持つことから始まります。
レポート提出が唯一の科目試験受験資格
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
レポートで学問しないで、どこでする
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。

HOME レポートの基礎 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録