サスペンスドラマ

レポート提出が唯一の科目試験受験資格

慶應通信で本質となる考え方

卒業するためには慶應通信の本質を見抜かなければいけません。

 

それは、「単位を取るためには何をすれば良いか」を考えれば、理解できます。読解力を高めること、効率的に勉強すること、過去問を手に入れることが考えられますが、これらは本質なことではありません。

 

単位の本質は、科目試験を受けることです。受かるかどうかは別として、科目試験会場に行かなければ、絶対に卒業できないからです。

 

なぜこのような当たり前のことを言うかというと、慶應通信では、科目試験の受験は当たり前の権利ではないからです。そのため、1科目も受験することなく去っていく人がかなり存在します。

 

このようなわけで、卒業に最も必要な要素は、科目試験を受けることだと言えます。

とにかくレポートを書きまくれ

科目試験を受けるためには、予めその科目のレポートを提出する必要があります。レポートを提出した科目のみ、科目試験を受けることができるため、なるべく多く提出した人には多くのチャンスが与えられます。

 

レポートの合格不合格にかかわらず科目試験へ進むことができるため、レポートはまさに科目試験の受験資格だと言えます。

 

このようなわけで、慶通生である限りレポートから逃げることはできません。失敗する人が気付いていないだけで、すべての慶通生にはレポートの勉強が宿命づけられているのです。

 

このようなわけで、私は普段からレポートの重要性を強調しているのです。ここまで読んだ人なら分かりますが、それはレポートが難しいからという理由ではなく、避けて通ることができないシステムになっているからです。

 

レポートを合格させるための具体的な方法は、メルマガ内だけで解説しているので、こちらから学んでください。卒業できるレポートのノウハウを手に入れる

関連ページ

レポートの重要性
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
レポートに集中すべき理由
正しいマインドセットを持つことから始まります。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録