サスペンスドラマ

長期の学習にはきちんとしたマインドセットが必要。レポート、科目試験に対する姿勢とは。

テキスト単位を取るためには、最終的に科目試験に合格する必要があります。

 

科目試験は一発勝負なので、レポートより厳しい側面があります。ときには卒業時期を懸けた背水の陣となる回もあり、その場合のプレッシャーは相当です。

 

そこでこのページでは、科目試験を制すマインドセットについて解説していきます。

科目試験に出席し続けることが重要

多くの人は「科目試験」と言うと、「全部合格しないといけない」と考えます。

 

ただ、慶應通信でうまくいっている人ほど、全科目合格は目指していません。合格できるかどうかより、きちんと試験に出席することに重きを置いています。

 

出席することが目標と言うと、かなりレベルの低い話をしているように聞こえますが、決してそんなことはありません。ほとんどの人は、継続して出席することすらできていない状からです。

 

誰でも入学当初は、「最短卒業」を目標にします。ただ、どれだけ意気込んでいても、3ヶ月後にはやる気は消え失せ、科目試験に出席しない人が続出します。

 

その理由を説明します。

「受けられるのに受けない」という愚かな決断

科目試験前になると、慶通ブログを更新する人が一気に増えます。その内容は基本的に言い訳のオンパレードです。

 

「今から頑張っても間に合わないから次回に回す」といったように、自分は一切努力する前から、チャンスを捨てると宣言する人で溢れかえっています。

 

そのため、こういったブログから情報を仕入れようとするのはやめてください。個人の憶測や偏った意見に振り回されるのはまだマシな方で、こちらのやる気を削ぐような内容を見てしまったら、時間と労力の損失です。

 

ただ、私は個人的な感情で、こういったブログを批判しているのではありません。卒業に関して、大きな問題が生じるからです。

 

科目試験を1度パスするだけで、卒業期は少なくとも半年遅れます。

 

科目試験は3ヶ月に1度しかないので、たった1度のパスで半年のブランクが空きます。その間に、本来登録できたはずである事務手続きの期限があるからです。

 

このようなわけで、科目試験を欠席した分だけ、卒業は先伸ばしになります。「受けられるのに受けない」というのが、いかに間違った判断か分かってもらえたら幸いです。

関連ページ

記憶のメカニズム
記憶とは何かについて説明します。
長期記憶の条件
暗記とは情報を長期記憶に入れることです。その条件ととエビングハウスの忘却実験について説明します。
覚えられる勉強法
効率的な勉強法について説明します。
効率的な勉強の本当の意味
慶應義塾通信教育課程の卒業生が教える、大学の通信教育過程のレポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
勉強の最初の一歩を起こす方法
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
行動を起こさせる「外発的動機づけ」
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
行動を継続させる「内発的動機づけ」
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
そもそもやる気ってなに?
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
努力と成果の関係を紐解く「レミニセンス現象」
慶應義塾大学通信教育課程の卒業生が、自身のレポートを公開しながら、卒業するノウハウを全公開したポータルサイトです。レポートの書き方は全国共通なため、慶應通信だけでなく、すべての通信教育課程の方を卒業へと導きます。
「効率的な勉強」とは何か
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
分散学習ができない人は慶應通信に向かない
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
「受からないといけない」から「受けなければならない」への転換
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
科目試験に行かなければ本気の後悔もない
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録