サスペンスドラマ

最短で卒論を完成させるために

卒論の2年はあっという間

卒論は最短でも2年みなくてはなりません。これは、半年ごとに実施される卒論指導を3回受ける必要があるためです。

 

私は、2010年3月に卒論登録をして、2012年3月に卒業しました。
毎年5月と10月に指導があるので、2010年10月に初回指導を受け、指導が開始しました。
2011年5月に2回目の指導を受け、卒業予定申告許可をもらいました。

 

そして、10月の指導で卒論提出許可をもらいしました。
11月末に提出をしたので、翌年3月に卒業ができました。

 

私の場合、卒論登録から卒業までちょうど2年です。

 

私は卒論を始める前、「1つの論文にどうして2年もかかるの!?」と不思議に思っていました。
しかし実際のところ、2年で完成すれば早い方です。
なぜかというと、2年間で教授の指導を受けられる機会はたった4回です。しかも4回目は、提出許可をもらうことがメインになるので、指導は実質3回しかありません。
次の指導まで半年間、自分でしっかり進めなければどんどん卒業が伸びていきます。

 

こう考えると、2年というのは実は長くないということが分かると思います。

卒論完成までの道筋

私の場合、3回の指導の他に特別に時間を作っていただいたので、全部で5回指導を受けました。
そのおかげで、初めての指導から1年で卒論を提出することができました。
これは、かなり早いと思います。
そこで、私がどうやって卒論を完成させたかを、卒論指導の内容と一緒に紹介したいと思います。

 

初回指導

初回は、テーマの確認と今後のおおまかな流れを指導してもらいました。

 

卒論の最初の関門がテーマ設定です。
どの教授も言いますが、卒論テーマはとにかく狭くすることが大切です。
分野を絞らないと、担当教授が決まらないし、期限内に卒論を書き上げることができません。
卒論の基本精神は、テーマをかなり狭く設定して、それを深く書くことです。

 

私の場合、初回指導前にしっかりと卒論テーマを絞ったので、テーマの決め直しはなくスムーズに進みました。
おおまかな章立てや今後の予定など、卒論の方向性を示して頂きました。
それを半年後までに形にして持ってくるということでした。

 

 

第2回指導

卒論の構成を作り、本文も簡単に考えて持っていきました。
結果は・・・ダメ出しの嵐。
とてもじゃないけど、半年後に提出できるペースではなかったのです。

 

とはいえ、卒業予定申告を書く必要があったため、次のステップである実験の方法まで進みました。
このときの指導によって、卒論に対する正しい考え方を身につけることができました。
とはいえ、ショックはショックだったので、その日は三田キャンパス近くのサイゼリアでやけ食いをしたのを覚えています。
そしてこれまでの文章をすべて消し、心を入れ替えて再スタートを切りました。

 

 

第3回指導

教授にメールして特別に時間を作っていただき、本当は第2回指導までに終わらせる予定だった部分まで持っていきました。

 

私の卒論は「理論+実験」の構成になっているので、理論の部分が固まってきたのがこの頃です。
教授は努力の跡を認めてくれて、実験処理の方法を細かく指導してくれました。
こうして、ついに卒論の方向性が見えてきました。

 

 

第4回指導

卒論以外の卒業所要単位を7月試験ですべて満たしたので、全エネルギーを卒論に注ぎ込みました。
指示された通り、多層ベースラインで実験結果を取りましたが、思うような結果になりません。

 

どう結論付ければよいか途方にくれていましたが、
「仮説が支持されなければ、なぜ効果が出なかったかを考察すればよい」という指示をもらいました。
これによって一気に解決の糸口が見えたので、卒論全体を練り直しました。

 

 

第5回指導

指導前にメールで卒論を確認してもらっていたので、今までにないスムーズさでした。
細かい修正箇所をいただき、完成したら提出して良いと言われました。
こうして提出許可をもらうことができ、自分が納得いくまで推敲を続け、11月末に提出しました。

データが取れるテーマを

卒論を実際に書き上げるのにかけた期間は、9月〜11月の3ヶ月ほどでした。
しかし、卒論に本腰を入れ始めたのは、5月ごろです。
5月から勉強を始め、9月から書き始めるというのはどういうことかというと、それだけ下準備に時間がかかるという事です。

 

1番時間がかかるのは、データ収集です。

 

卒論は、必ず自分の独自のデータを取らなくてはなりません。
間違いなく、これが慶應通信の最大の難関です。

 

データはサンプル数が肝です。サンプル数がなければ説得力がありません。
卒論生の多くは、データ収集のために駆けずり回っています。
地方公共団体に協力してもらったり、外国まで行って街頭アンケートを何百枚も取ったという人もいました。

 

ですから、データ収集がしやすい分野から卒論テーマを決めるというのも全然アリです。

 

私の場合、家庭教師をやっていたので生徒からデータを取ることができました。
卒論テーマを決めたのは、データが取りやすいからと言っても過言ではありません。

 

「卒論に何年もかけられない」のであれば、卒論を始める前に、データが取れそうなテーマを考える事が大切です。
本当に興味があることにこだわるのも結構ですが、データを取れなければ卒業できません。
いまの自分の環境から、どんなデータが取れるのかを真剣に考えておきましょう。

関連ページ

卒論で知っておくべきこと
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
卒論に対する正しい考え方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
データの取り方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録