慶應通信の科目試験の対策法についてまとめました

卒業できるレポートのノウハウをすべて無料メルマガにて授けます

代替レポートはスケジューリングがすべて

代替レポートは時間との戦いです。

 

課題リリースから提出期限まで10日程度しかないので、「限られた時間でどこまで仕上げられるか」という話になるからです。また、何科目受験しても課題は一斉にリリースされるので、複数科目受験する場合は各科目に割り充てる時間を管理しなくてはなりません。

 

このようなわけで、代替レポートは適切なスケジュールを組めるかがすべてなのです。

 

そこで、このページでは、代替レポート専用の勉強の進め方について解説します。

 

まずは、代替レポートのスケジュールを確認しましょう。

 

課題がリリースされるのは提出期日の2週間〜10日前なので、10日〜1週間前には課題の内容を確認できます。通常のレポートと同様に月曜日が期日となることが多いので、計2回の土日をレポート作成に充てられます。

 

この2回の土日と平日の1週間が、代替レポートに与えられた時間的リソースです。

 

このように言うのも、多くの人は最初の土日を無為に過ごし、平日の真ん中から本格的に動き始めます。その結果、最後の週末で無理やり完成させ、精度が低いまま提出しています。

 

こうした戦略性ゼロの取り組みでは、せっかくの代替レポートの機会を活かせないので、スケジューリングのコツについてお話ししていきます。

10日間を3つに区切る

限られた時間を最大限活用するには、「時間を区切る」ことが重要です。区切りの中で完了すべき内容に集中すれば、大きな誤算なく段階的に進めることができるからです。

 

そこで、課題リリースから提出期日までの10日間を「最初の土日」「平日1週間」「最後の土日」の3つに区切ります。

 

第1段階は「最初の土日」です。

 

この段階ではテキストの要約や文献の確保など、レポート課題に関するリサーチ(下調べ)を行います。必要な情報を整理し、内容をまとめておくことで、インプットが加速します。

 

たった2日間ですが、ここできちんとリサーチを進められた人は、平日スムーズに動けるようになります。

 

第2段階は「平日1週間」です。

 

この段階ではレポート構成や内容を考え、全科目の下書きを完成させます。

 

5日間あるとは言え、1日に使える時間は限られる上、文章作成は思うように進まないのが常です。

 

文章作成に時間がかかる人の特徴は、書く内容が決まっておらず、書き直しの回数が多いです。

 

そのため、最初に構成と内容を考え、毎日キリの良いところまで進めるようにしてください。

 

一方、難解な内容まで詰める必要はありません。

 

書き物というのは残しておくと安心するものなので、理解できない箇所は保留にして、5日間で一応の形に仕上げておくことが重要です。

 

第3段階は「最後の土日」です。

 

この段階では下書きの最終チェックを行い、代替レポートを完成させます。

 

レポート課題の内容、要件、文献表を確認し、時間を空けて数回通読してから提出しましょう。

勉強の手順

このようなスケジュールの下、具体的な勉強の手順について解説します。

 

代替レポートは科目試験の代わりなので、基本的にテキスト内容をベースに作成します。

 

最初はテキストのインプットから始めます。

 

初見では頭に入ってこない文章でも、5回読めば親近感が湧き、10回読めば概要を理解できます。そのため、テキストの該当箇所を最低10回通読し、内容を頭に入れることから始めましょう。

 

次の段階として、テキストの要約を行います。

 

要約は提出文章とは関係なく、勉強の一環として行います。要約する過程で出題範囲が明確になり、下書きの土壌が整うためです。

 

具体的な説明や事例、理由等は不要なので、あくまでレポート課題に関する箇所だけ端的にまとめてください。

 

続いて、提出文章の構成と内容を考えます。

 

まずは、文章の流れや内容をイメージしましょう。真っ白な紙に論理構造を描き、結論まで1本の線で繋がったら、下書きのゴーサインとなります。

 

下書き作成の際は、テキストの丸写しではなく、テキスト理解を示す文章を心掛けてください。不明箇所を文献で調べ、かみ砕いて解説を行うことで、テキスト理解を示すことができます。

 

一通り文章が完成したら、レポート課題を最終確認しましょう。書いているうちに論点がずれ、本題がすり替わっている場合があるので、課題と突き合わせる必要があります。

 

また、科目によっては文字数や引用に関する指定があるので、そういった要件をクリアしているかも確認してください。

 

その他、文献表は必須です。レポート作成に使用した文献情報をすべて記載してください。

関連ページ

「代替レポート」という新しい勉強スタイル
慶應通信の中でも比較的書きやすい「説明型レポート」についてまとめたページです。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録