サスペンスドラマ

学則を知らないと損をする。入学した瞬間に知るべき慶應通信のシステムとは。

慶應通信には、メリットがたくさんあります。その中でも最も大きなメリットは、学ぶ事で得られるメリットです。

 

突然ですが、あなたは「勉強」をどのように捉えていますか。

 

実際のところ、勉強ほど人によって捉え方が違うものはありません。知識を得るための手段や、テストで良い点を取るための手段など、様々な捉え方があります。

 

しかし、もし勉強をこのように捉えていたら、かなりもったいない勉強をしている可能性が高いです。学んだことを実生活に活かすという思考が、抜け落ちているからです。

 

勉強する際は必ず、「自分を高めるために勉強している」という意識を持たなければなりません。これを意識できるようになると、テストのためだけの勉強が、かなりちっぽけなものだと気づきます。

 

なかには、大人になったら勉強したことは使わないと、本気で言う人がいます。しかしそういう人は、レベルの低い勉強しかしてこなかったと、自分で言っているようなものです。

 

どんな勉強でも、学ぶ当人が役立てようと思えば 、役立たないことはありません。例えば、数学の証明です。

 

この単元では三角形の合同条件を覚え、それにあてはまる三角形は合同であるという事を学びます。確かに大人になって、この知識そのものを使うことはありません。

 

しかし、そこで用いる「思考」は別です。それはゴールから逆算し、今何が必要かを考えるといったものです。こういった目の前の課題を明確にする思考は、果たして大人になったら使わないのでしょうか。

 

ここで勉強の捉え方に話を戻します。勉強とは単に知識を覚えることを指すのではありません。

 

思考方法を学ぶのが、本当の勉強です。

 

勉強を通してモノの見方や考え方を学び、自分を高めるために勉強するのです。だから、良い勉強をたくさんすれば、むしろ大人になってからの方が役立ちます。

 

こういった勉強をするのに最適な環境が、慶應通信です。慶應通信で学べるものは、知識だけではありません。

 

思考回路です。何を知るかではなく、どう考えるかをかなり濃い密度で学ぶことができます。逆に言えば、こういった事を知らずに取り組むとピントがズレて、失敗します。

 

このようなわけで、慶應通信は成功してすべてを得るか、失敗して何も得られないかのゼロサムの世界です。

 

慶應通信で得られる思考方法は、机を離れたところでも多岐に渡って役立ちます。

 

実際のところ、世の中のほとんどのことは、気付くか気付かないかが勝負です。

 

例えば、仕事です。

 

仕事のできる人とそうでない人の決定的な違いは、ある事実を前にしたときの「気づき」があるかどうかで決まります。

 

何か問題が生じても、それが問題だと教えてくれる人はいません。そのため、普段から問題意識を持っている人だけが、社会で重用されます。

 

ところで、この「気づき」は、思考回路の問題なので、一朝一夕で身につくものではありません。問題意識に敏感になるためには、普段から物事を深く考える癖が重要です。

 

慶應通信では、この力が身につきます。机の上などでは収まらない、本当の意味の賢さを手に入れることができます。

 

だから、どうせ学ぶなら、実生活で活かすことを考えてください。

関連ページ

慶應通信に入学する前に知っておくべきこと
慶應通信へ入学検討している方に、知っておいてほしいことです。
授業の代わりとしてのレポート
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録