サスペンスドラマ

慶應通信には総合教育科目と専門教育科目があり、それぞれテキスト、スクーリングで履修していきます。効率的な科目の方法とは。

優先単位

卒業するためには、まず必修科目から取っていきます。必修科目とは、卒業するために必ず必要になる科目です。必修科目を残していると、スクーリング履修や卒論なさまざまな登録の障壁になることがあります。その結果卒業が遅れます。
そのようなことにならないように、すぐに取り掛かるべき科目を載せていきます。

 

総合教育科目全般

総合教育科目は、「体育科目」、「外国語科目」、「3分野科目」から成ります。総合教育科目の卒業所要単位は40単位ですが、様々な内訳があり、自由に取るのではありません。3分野科目から32単位、英語は8単位が必須です。さらに条件があり、テキスト単位で3分野科目は24単位、英語は6単位必須です。

 

体育・実験スクーリング

体育はスクーリング・テキストの合計で4単位まで認められます。体育スクーリングは、慶No.1のボーナス科目ですので、出席すれば必ず単位が取れます。実験スクーリングとは、「生物」「物理」「化学」のいずれかを選択して、2週間講義・実験・レポートを行います。こちらもしっかり出席していれば落ちることはないですし、仲間もできて一石二鳥です。
ただし、これらの科目の履修申し込みは事前の仮登録が必要になりますので、早めの準備が必要です。また実験スクーリング単独では、卒業所要単位として認められず、テキスト単位の取得がセットになります。

 

英語T・U

英語は8単位必要になります。そのうちスクーリング科目「リーディング」「ライティング」の履修は必須で、残り6単位をテキストで履修します。
テキストの難易度は、英語T・英語Uが高校初級程度、英語Zが高校程度、英語Vは一番難しいです。ますは「英語T」・「英語U」のレポートから始めるとよいでしょう。
テキストで最低でも1科目履修しないと、「リーディング」「ライティング」が受けられませんので、英語は入学後初めに履修すべき科目です。

 

持ち込み可の3分野科目

3分野科目というのは、「自然科学分野」「人文科学分野」「社会科学分野」に属する科目のことです。ここから合計で32単位以上、そのうちテキストで24単位以上、またそれぞれの分野から、2科目以上6単位以上取らなければなりません。
ややこしい話に聞こえますが、要は分野別に4単位科目2つか、4単位科目と2単位科目を取ることでクリアできます。またスクーリングでもOKです。3分野科目を進めないと、卒論登録ができず卒業が遅れてしまいますので、早めの履修が大切です。

関連ページ

レポート科目選択の3つのポイント
慶應通信の履修科目の選択は、レポート課題・履修要綱・過去問を見て、総合的に決めていくといきます。
セット履修の考え方
慶應通信の単位を取る方法をまとめました。
持ち込み可の科目
慶應通信の科目試験は、持ち込み可の科目から履修していく重要性を説明します。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録