サスペンスドラマ

慶應通信には受かりやすいレポートがあります。それが説明型レポート。説明型レポートとは・・・。

テーマを絞る

論述のテーマについて説明していきます。論述しやすいテーマとそうでないテーマの違いを把握することで、レポート初心者から抜け出すことができます。

 

それを考えるために一度レポートから離れ、別の文章を扱いたいと思います。

 

それは小学生の時に書いた「作文」です。

 

遠足や運動会の度に書かされた「作文」には、実はすべての文章の基礎が詰まっています。

 

早速問題なのですが、

 

A:運動会について書きなさい
B:運動会のリレーで学んだことを書きなさい

 

という2つのお題で作文を書くなら、どちらの方がが書きやすそうだと思いますか。

 

これについて解説することで、今回の講義を進めていきます。

 

作文でまず最初に考えることは「題材」です。要するに「何を扱うか」です。

 

Aの「運動会について書きなさい」では、それが読み取れません。

 

しかし、分からないからと言って、出来事を時系列に並べるだけでは、どう考えてもマズいことが分かります。

 

そこで必要な思考とは、何か1つ具体的な題材を決めることです。漠然と「運動会」を考えるのではなく、何か「具体的なイベント」を思い巡らせるのです。

 

例えば、リレーで一等賞になったことや、係活動などが当てはまります。そうすることで、「毎日リレーの練習をして一番になれたから練習の大切さを書こう」などといったテーマが決まります。

 

ここで注目したいのは、お題がそのままテーマになっていないということです。原則テーマは、自分で見つけるものだからです。

 

今回の場合、「運動会(お題)→リレー(絞る)→練習の大切さ(テーマ)」という思考のプロセスを経て、テーマが決まりました。

 

運動会漠然とした題材から、練習の大切さという具体的なテーマへ向かっていることが分かります。このプロセスが必須である課題ほど難易度は高いと言えます。

 

最初の質問は、まさにこれを問うたものです。

 

Aを選んだ人は、実際に作文を書くにあたり、上記の思考が必須になります。あるいはそれに気づかず、ただ時系列に並べ、読み手からは「だから何?」と思われてしまいます。

 

しかし、Bの課題を選んだ場合は、この心配はありません。「リレーで学んだことについて書きなさい」という指示は既に充分具体的なので、その分テーマが思い浮かびやすいのです。

 

つまり、一見「指示が多い課題」ほど、実は丁寧で書きやすい課題だと認識して下さい。

 

さて、この辺でレポートの話に切り替えます。

 

慶應通信ではレポートでも卒論でも、テーマを絞る能力が求められています。課題を見た瞬間に最初に考えることは、「このレポートは何がテーマかな」です。レポート課題は非常に漠然としていて、課題がそのままテーマになることは、少ないからです。

 

例えば、「江戸時代の農民について論じなさい」という課題があるとします。

 

この課題を文字通り受け止め、テーマを設定したら終わります。江戸時代の農民すべてを論じるという事は、どう考えても無理だからです。

 

当然このレポート課題では、そんなことは求められておらず、課題の中から適切にテーマを絞ることが求められています。例えば、江戸時代の農民の「衣食住」についてとテーマを絞れば、結果的に課題の要求に答えることができます。

 

このようになるべく「具体的な」テーマを決め、そこに焦点を当てることで初めて、 説明する項目が見えてきます。

 

よく「レポートで、どこまで書けばよいか分からない」と言う人がいます。

 

これに対しては、「テーマを絞る」が答えです。最初は勇気がいるかもしれませんが、論述では正しい方法なので問題ありません。正しい方法で行えば、講評欄に「適切だった」と書かれます。

切り口を決める

分析的な論述の方法について説明していきます。

 

テーマ設定だけでは論述としては不十分です。テーマを決めたことでレポートで論じる範囲は明確になりましたが、それをどういう方法で論じていくかが見えてこないからです。

 

「江戸時代の農民の衣食住について」というテーマだけでレポートを書こうとすると、年代ごとにまとめたり、出来事でまとめたりといくらでも方法があります。早い話、取っ掛かりがないのです。

 

このようなわけで、、テーマを絞るだけでは、レポートのクオリティ的には不十分です。そこで必要なことは、アプローチ方法を具体的にすることです。テーマに対して自分なりの切り口を決めると言ったら、イメージしやすいかも知れません。

 

これは簡単で、「〜という観点からみて・・・(テーマ名)について」という形でテーマを作ります。

 

例えば、「江戸時代の農民の祭事からみる衣食住について」というテーマです。

 

最初のテーマを比較してみると、取っ掛かりが掴みやすいことが分かります。また分析的な論述もできそうですよね。「祭事と平常時の比較」と明記されているため、アプローチ方法がハッキリしているからです。

 

このように「論述」のテーマ設定には、コツがあります。

 

・できるだけテーマを絞る

 

・テーマに対する切り口を決める

 

テーマ設定する際は、この2点について考えるようにして下さい。

関連ページ

論述型レポートの要件
比較的易しいレポートの書き方です。
論述型レポートの形式ごとの役割
比較的易しいレポートの書き方です。
節の作り方
レポートの節立ての仕方を説明します。
問いの設置
比較的易しいレポートの書き方です。
考察と感想の違い
比較的易しいレポートの書き方です。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録