サスペンスドラマ

レポートの節立ては、論理的な展開を助けます。正しい節立ての方法とは。

なぜ節が必要か

レポートには、節は必須です。たまに節を作らないで一本調子のレポートを書く人がいますが、それでは良いレポートは書けません。

 

これには理由があって、節なしで書こうとすることは、レポートの最大の目的を果たす上で不利にしか働かないからです。

 

このページでは、レポートの節立ての仕方について解説していきます。

 

レポートの目的とは、問いに答えるという目的です。レポートは、何かしらの答えを出すための文章であり、その意味ではよく議論にたとえられます。

 

そこで、議論の方法を考えてみたいのですが、よほどのワンマン企業でない限り、いきなり解決を言う人はいません。必ず小さな疑問を解決することで、本来の論点を解決していきます。これは言い方を変えると、問題を細分化して、答えに迫ることで、だれも反論できない論理的な構造を可能にします。

 

議論でいう論点は、レポートでは「問い」にあたります。その問いを細分化するという事は、最終的な答えを出すために必要な疑問点をいくつも用意することになります。

 

この小さな疑問を扱う機能をもつのが節です。

 

節は小さな疑問を解決するというテーマを持った文章なのです。例えば、「疑問Aの解決→疑問Bの解決→疑問Cの解決→レポートの本題の解決(結論)」という議論の道筋は、節を並べることでとても分かり安く示すことができます。

 

このようなわけで、節を作らず本論を展開してようとしたり、その反対に混乱を招くほど多くの節立てをしてはいけません。節が持つ本来の機能を知ることで、自然とよい節立てが見えてきます。

節の種類

論述型レポートの流れは、「テキスト理解→考察」と決まっています。

 

「テキストの内容を丁寧に述べ、力強く考察をする」というレポートが最も良い評価を受けますし、何より勉強になります。

 

その際、うまく節立てができると、大いに役立ちます。

 

上述の通り、レポートには、テキスト理解と考察という2種類の異なる文章が必要です。一番難しいのは、移行するときです。

 

例えば、2段階のギアがある自転車に乗っているとき、一番振動が来て危険なのは、ギアを変える瞬間です。

 

レポートにおいても、いかにスムーズにギアを入れ替えるかが腕の見せ所で、最も差がつくところです。これが下手な人は、テキスト理解と考察が繋がっておらず、本論が上下にスパッと分断された印象を持たれます。

 

そこで、重要なことは、節には2種類あるということです。

 

テキスト理解を担う「説明節」と、考察を担う「考察節」です。

 

良いレポートの特徴として、テキスト理解がきちんとできているということがあります。そのためには、説明節を丁寧に作ることが大切で、そこでなるべく問題を細分化しておくことがカギです。

 

そこで、説明節は数自体を多く取る必要性が出てきます。

 

少し考えてみると分かりますが、説明は漏れが出る可能性があることが、一番恐い点です。自分が理解できていることと、それを相手に示すことは別なので、説明が過不足なく述べられているか確認する必要があります。

 

その際に役立つのは、説明すべき項目をキーワードとして箇条書きにしておくことです。キーワードごとに説明すれば、結果としてテキストの要約になり、テキスト理解を完璧に示すことができるからです。

 

このキーワードごとに立てられた節が説明節です。文献の内容を自分の言葉でしっかりと述べることが求められます。

 

その後、考察節を作ります。考察節は、前節(説明節)までの内容を受けて、自分の意見を述べます。そして、レポートの問いに対する答えを出します。

 

一概には言えませんが、説明節3つに対して、考察節は1つを用意すると、字数内容ともにうまく収まります。

色々な節立ての仕方

節の作り方は多岐にわたり、絶対に正しいというものはありません。

 

なぜなら、節の作り方は議論の進め方と考え方は同じです。議論がワンパターンでないことと同じように、節立ても様々な方法があります。

 

例えば、皆で意見を出し合ってから、それをまとめていく議論もありますし、一部の人が力強く展開し、それを周りの人が理解するという議論もあります。これらは、どちらも議論としての役割(答えを出すこと)を果たしているという意味で、正しい形式を取っています。

 

節立てにおいても重要なことは、見た目や配列ではなく、レポート本来の役割とリンクした節立てになっているかどうかです。それさえクリアしていれば、問題なく合格します。

 

レポートの目的とは「テキスト理解→考察」という流れによって、答えを出すことです。それに貢献した節立てであれば、すべて正しいと言えます。

 

例えば、いくら丁寧にテキスト理解を示しても、肝心の答えに結びつかなければ、「ここまでの説明はなんだったのか」と思われても仕方ありません。これが上述した内容の分断です。

 

しかし、このことは逆に言えば、説明節と考察節の繋がりさえきちんとしていれば、「説明節1→説明節2→説明節3→考察節」の形にならなくても良いことを意味します。

 

例えば、「説明節1→考察節1→説明節2→考察節2」と順番を組み替えても問題ありませんし、説明節と考察節を1つにまとめて、「問題1についての説明と考察」→「問題2ついての説明と考察」と展開しても構いません。

 

結局のところ、これらの違いは、述べる順番の違いにすぎません。順番ではなく、必要な要素がそろっているかが重要です。それは、説明と考察でした。

 

したがって、節立てとは、レポートを論理的に展開することを助けるものだと思ってください。

 

このような卒業まで役立つレポートノウハウをメルマガ内で講義しております。卒業できるレポートのノウハウを手に入れる

関連ページ

論述型レポートの要件
比較的易しいレポートの書き方です。
論述型レポートの形式ごとの役割
比較的易しいレポートの書き方です。
問いの設置
比較的易しいレポートの書き方です。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録