サスペンスドラマ

卒業所要単位について

卒業所要単位とは

慶應通信は通学課程と変わりなく、卒業には124単位が必要です。

 

この単位は大きく分けて、「総合教育科目」・「専門教育科目」・「卒業論文」の3つに分けられます。これらは総合48単位、専門68単位、卒論8単位の合計で124単位を取得することで卒業できるのですが、慶應通信には様々な条件が存在しますので、なるべく分かりやすく説明します。

 

まず取得方法についてです。これには、「テキスト」・「スクーリング」・「放送」の3種類があります。

 

テキスト単位とは、配本された科目のなかからレポートを書き、その後科目試験を受けてどちらも合格することで履修できます。科目は自由に選択できますが、闇雲に取ってしまうと、卒業所要単位に認められない単位も出てきます。

 

例えば、「英語T」「英語U」「英語V」「英語Z」(すべて2単位)を取得しても、外国語科目の卒業所要単位(8単位)には認められません。スクーリングの「リーディング」「ライティング」(いずれも1単位)が必須だからです。

 

またこれらすべてを履修し、10単位取得しても、テキスト1科目分が無駄になってしまいます。外国語の卒業所要単位として認められるのはあくまで8単位だからです。

 

次に、スクーリング単位とは、「夏期スクーリング」「夜間スクーリング」で開講されている講座へ出席し、最終日の試験に合格することで履修できます。スクーリングはテキストと比べ、容易に単位が取得できる分、卒業所要単位として認められる上限が少なく設定されています。そのため例えば、毎年夏期スクーリングに通い続け、それだけで卒業しようと思っても不可能です。

 

このようにして、テキストで70単位以上、スクーリングで20単位以上(うち放送10単位まで)を取得し、116単位を目指します。これに加えて、卒論を提出すると8単位が取得できで、完全に卒業所要単位を満たすことができます。

 

私は、139単位+未提出レポート3本という大回りをしなければ卒業所要単位を満たせなかったので、皆様は無駄のない履修計画を立ててください。

総合教育科目の卒業所要単位

まず総合教育科目ですが、3分野科目(36単位)と外国語(8単位)と保健体育科目(4単位)からなっています。この内訳に加え、各種ルールを守り、合計48単位を取得するということです。

 

外国語と保健体育科目は取得ルールが簡単ですので、こちらから先に説明します。

 

・外国語・・・8単位(必修)
英語やフランス語などのレポート&科目試験で6単位を取得し、スクーリングのリーディング(1単位)とライティング(1単位)を取得する

 

(例)英語T(2単位)・英語U(2単位)・英語Z(2単位)・リーディング(1単位)・ライティング(1単位)  計8単位

 

 

・保健体育科目・・・4単位(必修)
保健衛生・体育実技スクーリングの合計で4単位を取得する

 

(例)保健衛生(2単位)・卓球スクーリング(2単位)

 

 

次に3分野科目ですが、人文科学分野・社会科学分野・自然科学分野の3つのことを言います。全体でテキスト24単位以上、スクーリング12単位以下で合計36単位以上が必要です。

 

・それぞれの分野から2科目以上、6単位以上を取得する

 

(例)
人文科学分野・・・文学(4単位)・文学スクーリング(2単位)
社会科学分野・・・経済学(2単位)・法学(4単位)・政治学(4単位)・経済学スクーリング(2単位)・法学スクーリング(2単位)
自然科学分野・・・地学(4単位)・地学スクーリング(2単位)・生物実験スクーリング(6単位)

 

このように科目数と単位数、両方の縛りがあることを覚えておいてください。原則テキストとスクーリングでは別科目としてカウントされます。

 

テキスト単位はあくまでも24単位「以上」ですので、上記のように大幅に超えても問題ありません。ただしその結果、全体で36単位を越えないよう注意して下さい。超えた分は基本的に何にも活かすことができません。

専門科目の卒業所要単位

専門科目には、文学部専門科目・経済学部専門科目・法学部専門科目があります。所属学部の専門科目しか履修することができません。

 

例えば、文学部の人が「経済原論」(経済学部専門科目)を受けたい場合は、経済学部へ転部をする必要があります。

 

さて、専門科目にも卒業所要単位があり、テキストから56単位以上、スクーリングで12単位の計68単位を取得する必要があります。また、所属類による制約もあり、所属類からテキスト・スクーリング合計で28単位以上取っていなければなりません。

 

したがって、28単位のなかに含まれるスクーリング単位が、合計で12を越えてはいけないことになります。

 

例えば文学部T類の人が、「英語学概論」(V類科目)などを多く取り、テキスト・スクーリングで68単位になったとします。しかし、その内訳でT類がまったく入っていなければ、専門科目の卒業所要単位をクリアすることはできません。

 

この所属類28単位以上という制約が意外と厄介で、特に転類した場合などに響きます。基本的に、所属類のテキスト科目を優先すると良いでしょう。

 

卒業までの学習計画について無料メルマガ内で講義を行っております。こちらも利用して、効率的に勉強を進めてください。卒業できるレポートのノウハウを手に入れる

関連ページ

利用できるサービス
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
卒論登録
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
課題選びから単位取得までの流れ
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
持ち込み可の科目
慶應通信の科目試験は、持ち込み可の科目から履修していく重要性を説明します。
科目試験の申込方法
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
履修順序の大原則
慶應通信の単位を取る方法をまとめました。
3分野科目について
慶應通信の単位を取る方法をまとめました。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録