サスペンスドラマ

長期の学習にはきちんとしたマインドセットが必要。レポート、科目試験に対する姿勢とは。

成功できない人は言い訳の天才です。そういう人はレポートを出さない理由を次のように言います。

深く学びたいから

慶應通信には、入学して何年も経っているのに、10単位も取れていない人がザラに居ます。そういう人は、自分が単位が取れていない理由を「完璧な状態で出したいから」や「もっと深く学びたいから」などと言います。

 

なぜこのような言い訳が飛び出すかには理由があり、それは失敗を過度に嫌うことが根底にあります。失敗することを時間の無駄と捉えているので、最初の一歩を踏み出すことができず、いつまで経っても前進できません。

 

ただ、成功した人の中で失敗したことのない人は、1人もいません。人間は失敗からしか学べないので、「失敗をゼロにしよう」といった思考がそもそも間違っているのです。

 

とりわけレポートは、普段書く事のない特殊な文章なので、初学者は必ず失敗します。

 

したがって、レポートが書けないこと自体は、あなたは何も悪くありません。正すべくはスキルではなくマインドセットなので、最後まで読んできちんと修正していってください。

期限がないと行動できないのでは計画性のない中学生と同じ

レポートをたくさん提出している人には、決定的な特徴があります。

 

それは、期限に関係なく進めているということです。

 

多くの人は、レポート締切と同時に完全燃焼してしまいます。期限がきたことで、レポートから解放されたと考え、次の締め切りが迫るまで新規のレポートに手をつけようとしません。

 

しかし、レポート提出期限を過ぎたからと言って、レポートの手を止める理由は皆無です。結局のところ、レポートがすべて終わらないと卒業できないので、締め切り前と後でペースを変えてはいけません。

慶應図書館へ行けば間違いない

それでは、普段からどのようにしてモチベーション管理をしていけばよいかを説明します。

 

その答えは簡単で、慶應図書館へ行くことです。

 

慶應図書館に行けば、通学通信関係なく、慶應生が努力している様を目の当たりにします。たった1回行くだけで、「自分もやらなきゃいけない」という気持ちになることができ、何度も通えば次第に意識が高まります。

 

その結果、慶應通信生としての自覚が芽生えます。「自分はここを卒業するんだ」と改めて考え、今までサボっていた時間を本気で後悔するようになります。

 

このように慶應図書館に行くだけで、モチベーション面で大きな収穫があります。

図書館にはすべてのレポートの答えがある

慶應図書館に行くことの恩恵は、モチベーションだけではありません。他の場所に比べ、圧倒的にレポートがはかどります。

 

ご存知の通り、慶應通信には教えてくれる人がいません。こういった状況では、「何が使えるか」というリソースの差が、勉強の質に直接作用します。

 

慶應図書館には、慶應通信に必要な文献がすべて揃っています。このことは、レポートの答えを最初に知れるということを意味するので、これ以上ない最適な学習環境であり、利用しない手はありません。

 

実際のところ、レポートの質は、文献で決まります。

 

課題に即した文献を見つけることができれば、レポートは7割成功したも同然です。そのため、横着せず探し、丁寧に読み込まなければなりません。

 

先述のモチベーションに加え、勉強のリソースまで確保できるのが、唯一慶應図書館です。毎日通えば必ず卒業できるほどの効力があるので、都内近郊の方は、余計なことは考えず、慶應図書館を利用するようにしてください。

関連ページ

利用できるサービス
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
卒論登録
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
課題選びから単位取得までの流れ
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
科目試験の申込方法
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
3分野科目について
慶應通信の単位を取る方法をまとめました。
卒業所要単位について
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録