サスペンスドラマ

慶應通信のレポート単位とは。課題選びから単位取得までの流れ。

単位の取り方

慶應通信の単位を取るには何をすればよいのでしょうか。

 

単位を取得する方法は、大きく分けて2つあります。

 

@テキストによる方法

 

Aスクーリングによる方法

 

テキスト単位

テキスト単位とは、レポートと試験の両方に合格して取得する単位です。

 

まず最初にレポートを書き、レポートを提出できた科目のみ科目試験に進むことができます。卒業所要単位のうち80〜100単位ほどをこのテキスト単位で満たす必要があるので、通信生は日常的にレポートを書いていきます。

 

科目試験は年に4回(4月・7月・10月・1月試験)あります。指定された日時(原則土日の2日間)に指定された会場へ足を運び、1回の試験で最大6科目まで受験可能です。この受験科目が多いほど取得単位が多くなり、早く卒業できます。ただし試験の1ヶ月以上前にレポート提出締切があるので、6科目も受験できることは稀です。

 

このようにしてレポートと科目試験の両方に合格できると、テキスト単位が認められます。1科目2単位であることが多いので、これを基に計算すると、6科目受験の場合、1回の科目試験で12単位取得することが可能です。これが1科目のみの受験であると、最大2単位しか取れません。

 

このようにテキスト単位で差がつくのは受験科目数によります。つまりレポート提出の量がとても重要なのです。

テキストで単位を取る方法

テキスト単位取得の流れは以下のようになります

 

@「レポート課題表」から、科目を自由に選択

 

A配布されたレポート用紙に文章を書く

 

B指定された閉じ方で期限内の消印をつけて事務局へ郵送

 

C科目試験受験申込を郵送

 

D科目試験受験票が郵送される

 

E科目試験会場で受験

 

Fレポート・試験の両方が受かれば単位取得

 

 

レポートを書く際必要なもの

レポート課題集、レポート履修要綱、レポート用紙

 

提出の際必要なもの

レポート提出票、講評欄、科目試験受験申込

 

科目試験受験で必要なもの

学生証、科目試験受験表

 

 

Fに関して気を付けることががあります。

 

合格と分かるタイミングについてですが、レポート返却は原則3ヶ月以内、科目試験結果は試験後5週間です。そのため、レポートの合否が分からない状況で科目試験に臨むということがほとんどです。問題なく両方受かれば一番良いのですが、レポート・試験のどちらか一方だけが受かったという場合、以下の規則があるので、覚えておいてください。

 

レポート不合格・試験合格

レポートを半年以内に再提出しなければ試験の合格は無効になります。

 

レポート合格・試験不合格

毎回の試験でレポート合格科目を受けることができます。

 

結論から言えば、レポートが受かるととても後が楽です。その合格は永続的に有効なので、科目試験の度に受験でき、合格すればテキスト単位になります。レポートの方を重視して勉強したほうがよいです。

 

反対にレポートが落ちて、科目試験に受かった場合、その合格には期限があるので注意してください。合格の日から半年過ぎてしまうと、科目試験の合格は消え、1からのスタートになってしまいます。このケースでは再提出レポートを半年以内の消印で出し、かつ合格することでテキスト単位が取得できます。

スクーリングで単位を取る方法

スクーリングとは一定期間大学に通って授業を受け、最終日の試験に合格することで単位を取得する方法です。スクーリングには3種類あり、7月〜8月に3週間かけて行う「夏期スクーリング」、9月〜12月に週1で行う「夜間スクーリング」、冬に合宿形式で行う「スキースクーリング」があります。

 

大きな特徴として、テキスト単位より容易に取得できるということがあります。出席のみで単位が取れる科目もありますし、試験が持ち込み可で誰でも受かる科目もあります。そのため、多くの取得制限があります。

 

年間12単位までしか受講できず、卒業所要単位も40単位ほどが上限です。

 

スクーリングのメインは夏期スクーリングです。

 

夏期スクーリングはT期、U期、V期に分かれ、それぞれ一週間行われます。6日間授業を受けた後、最終日にテストを受けます。毎日出席し、前日に見直せば合格できる内容がほとんどです。特別な努力が要らないかわり、たいして身にならず、実質3週間の時間と労力を12単位に変えるものです。とはいえ、多くの慶通生は1年に1度のボーナスチャンスと捉え、毎年多くの人でにぎわいます。

 

夜間スクーリングは9月から12月の18時以降に実施されるスクーリングです。1科目受講であれば週1、2科目ならば週2のペースで3ヶ月大学に通い、最終日に試験を受けます。

 

 

スクーリングでの単位取得の流れは次のようになります。

 

@受講申込郵送

 

Aスクーリングに出席

 

B科目試験を受け、スクーリング終了

 

C結果が郵送される

まとめ

レポートの制限はなく、したがってテキスト単位には年間の上限がありません。1回の科目試験では6科目しか受験できませんが、レポートの提出は何科目でも可能です。

 

また夏期スクーリングは3期ともフル出席すると、12単位になります。

 

8月を除いた11ヶ月はレポート書いて試験を受け、8月は夏はスクーリングに通う

 

慶通生は2つの方法を組み合わせて卒業所要単位を満たしていくわけです。

関連ページ

利用できるサービス
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
卒論登録
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
持ち込み可の科目
慶應通信の科目試験は、持ち込み可の科目から履修していく重要性を説明します。
科目試験の申込方法
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
履修順序の大原則
慶應通信の単位を取る方法をまとめました。
3分野科目について
慶應通信の単位を取る方法をまとめました。
卒業所要単位について
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録