サスペンスドラマ

卒業所要単位について

卒業所要単位とは

慶應通信も通学課程と同じように、卒業するためには124単位履修する必要があります。この単位を卒業所要単位と呼びます。

 

卒業所要単位は大きく、「総合教育科目」、「専門教育科目」、「卒業論文」の3つに分けられます。

 

総合教育科目から48単位以上、専門科目から68単位以上、卒論8単位を履修し、合計で124単位以上になると卒業できます。ただ、様々な内訳が存在するので、なるべく分かりやすく説明していきます。

 

まずは単位の取得方法ですが、大きく「テキストによる方法」と「スクーリングによる方法」の2種類に分けられます。

 

テキスト単位とは、配本済の科目からレポートを提出し、科目試験に合格することで履修できる単位です。自由に科目を選択できますが、闇雲に書き始めてしまうと、卒業所要単位に認められない単位も出てきます。

 

例えば、「英語T」、「英語U」、「英語V」、「英語Z」をすべて履修しても、外国語科目の卒業所要単位(8単位)を満たすことはできません。必修科目である「リーディング」、「ライティング」が不足しているので、これらを履修する必要があるからです。

 

これらを履修した結果、合計10単位となりますが、外国語の卒業所要単位はあくまで8単位なので、テキスト1科目が無駄になってしまいます。

 

スクーリング単位とは、決められた期間に開講される講座へ出席し、最終日の試験に合格することで履修できます。

 

テキストと比べて履修のハードルが低いため、卒業所要単位の上限も低く設定されています。そのため、スクーリング頼みで卒業することは不可能です。

 

このようにして、テキストで80単位以上、スクーリングで30単位以上を履修し、116単位を目指します。その後、卒論で8単位を履修することで、卒業所要単位を完全に満たすことができます。

 

私の場合、最終的に139単位と未提出レポート3本でようやく124単位を満たしたので、皆さんは無駄のない履修計画を立ててください。

総合教育科目の卒業所要単位

総合教育科目は3分野科目(36単位)と外国語科目(8単位)と保健体育科目(4単位)から成り、合計48単位を履修します。

 

外国語科目と保健体育科目の履修ルールはシンプルです。

 

外国語科目(必修8単位)

 

1ヶ国後を選択し、テキスト6単位とスクーリングの必修科目を履修します。例えば英語を選択した場合、「英語T(2単位)」、「英語U(2単位)」、「英語Z(2単位)」、「リーディング(1単位)」、「ライティング(1単位)」により8単位を履修します。

 

保健体育科目(選択4単位)

 

テキストとスクーリングの合計で4単位まで履修できます。例えば、「保健衛生(2単位)」と「卓球スクーリング(2単位)」を組み合わせることができます。履修しない場合、3分野科目で充足することができます。

 

続いて3分野科目について説明します。

 

3分野科目は、人文科学分野と社会科学分野と自然科学分野から成り、合計36単位以上履修します。ただ、テキスト24単位以上、スクーリング12単位以下でないとならず、各分野2科目以上、6単位以上履修する必要があります。

 

例えば、

 

人文科学分野…「文学(4単位)」、「文学スクーリング(2単位)」

 

社会科学分野…「経済学(4単位)」、「法学(4単位)」、「政治学(4単位)」、「経済学スクーリング(2単位)」「法学スクーリング(2単位)」

 

自然科学分野…「地学(4単位)」、「地学スクーリング(2単位)」「生物実験スクーリング(6単位)」

 

テキストとスクーリングは別科目扱いなので、上記のように履修することで、3分野科目を充足できます。テキスト3624単位とはあくまで下限なので、超過する分には問題ありません。

 

ただ、全体で48単位を越えないよう注意して下さい。ここで超えた分は何にも活かせません。

専門科目の卒業所要単位

各学部には専門科目があります。文学部に所属している人は、総合教育科目と文学部専門科目の両方を履修します。

 

専門科目の卒業所要単位は、テキスト56単位以上、スクーリング12単位で計68単位です。その際、所属類から28単位以上履修していないといけません。

 

例えば、文学部T類の人が、所属類以外の科目を多く履修した結果、テキストとスクーリングの合計で68単位になったとします。

 

ただ、内訳でT類科目が28単位に満たなければ、卒業所要単位を満たすことはできません。この制約は意外と見落とされがちで、特に転類した場合に響いてくるため、覚えておいてください。

 

簡単に言えば、専門科目では所属類のテキスト科目が最重視されます。このように覚えておくと良いでしょう。

 

無料メルマガによる講義を行っていますので、こちらも利用して、レポートの書き方を学んでください。卒業できるレポートのノウハウを手に入れる

関連ページ

利用できるサービス
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
卒論登録
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
課題選びから単位取得までの流れ
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
科目試験の申込方法
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
3分野科目について
慶應通信の単位を取る方法をまとめました。
卒業に必須となる図書館活用術
正しいマインドセットを持つことから始まります。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録