サスペンスドラマ

慶應通信の卒論登録の条件とは

慶應通信の最初の関門が卒論登録です。慶應通信の卒業率は2017年現在3%まで落ち込んでいますが、卒論登録者だけでみた卒業率は80%を越えています。したがって、慶應通信は卒論登録ができない人がほとんどであることが分かります。

 

しかし、卒論登録のハードル自体は決して高いものではありません。

 

卒論登録条件

 

@在籍3年目以上

 

A3分野科目28単位以上(テキスト18単位を含む)

 

B外国語 テキスト6単位

 

C総合教育科目36単位以上

 

D専門教育科目7単位以上(スクーリングだけでもOK)

 

 

このうち@とDは、時間が経過すれば勝手に満たしているので問題ありません。CはAとBを満たすことで自動的に満たせます。Bは英語が苦手な人にとっては壁になりますが、英語の勉強という時点で対策方法が無数になり、、そういった意味で慶應通信というブラックボックスとは一線を画します。

 

最も重要なのは、Aの3分野科目28単位以上の履修です。スクーリング単位は出席さえすれば取得できるため、テキスト単位が18単位がポイントになります。お気づきかもしれませんが、まとまったテキスト単位はこの点のみになります。そういった意味で、誰もが挫折するいうほどのハードルではないのです。

 

実際のところ、3分野のテキストは4単位科目が多いため、5科目程度で18単位に届きます。この5科目を「経済学」「社会学」「政治学」「法学」「地学(第1回〜第4回)」にすれば、基礎的な内容を理解するだけでレポート、科目試験ともに通ります。

関連ページ

利用できるサービス
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
課題選びから単位取得までの流れ
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
持ち込み可の科目
慶應通信の科目試験は、持ち込み可の科目から履修していく重要性を説明します。
科目試験の申込方法
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
履修順序の大原則
慶應通信の単位を取る方法をまとめました。
3分野科目について
慶應通信の単位を取る方法をまとめました。
卒業所要単位について
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録